2018年12月10日

<ブログ内記事まとめ>ミシンで縫う!洋裁着物の作り方〜型紙と着物編

もうここ数か月取り組んでますブログ大工事、まだ終わりませんorz
10年分のエントリー700件近くの編集なんでそりゃあ…という気も致しますが。ゲフン。

そんなわけで最初期からブログ記事を見返しているので、お役立ちかな?と思われるシリーズ(主に縫い方・作り方系)
をブログ内リンク集としてまとめてみようかと。これで後から記事が探しやすくなるはず…(私が)

今回は洋裁・型紙・ミシンで縫っちゃう!洋裁着物シリーズのリンク集ですぞっ
imgef03e80fzikfzj.jpg
ブログ初期のころは良く作ってました。洋裁着物。
ベビーさん子育てながらの普段着物生活でほぼすべてドロドロにして着つぶしましたが。懐かしい。

ミシンで着物を縫いたいな!と思ったのはほぼ10年前。当時はほとんど情報が手に入りませんでしたわ…
本を読んだり、断片的ネット情報を手繰り寄せたりしながら自分サイズの型紙の作り方、洋服地での裁ちかた、
ミシンと洋裁を使っての着物の仕立て方をまとめていきました。その後ちょっとレベルアップ(?)して、
ミシンを使いつつ簡単に和裁も取り入れる縫い方が(自分的には)メインになっていったけど、でもやっぱり
そこら辺にある洋服地を、家にあるミシン一台で数日で縫いあげる洋裁着物は「ちくちくきもの」の原点でしたな〜

img72867abdzik8zj.jpg
【着物の型紙を作ろう!シリーズ】
自分のボディサイズからマイサイズ(っぽい)寸法を割り出し、着物の型紙を作るまでをまとめていまっす。
 
 予習と採寸 http://www.tikutikukimono.com/article/199379991.html
 寸法計算 http://www.tikutikukimono.com/article/199379990.html
 寸法微調整 http://www.tikutikukimono.com/article/199379989.html
 型紙書き 袖 http://www.tikutikukimono.com/article/199379988.html
 型紙書き 身頃 http://www.tikutikukimono.com/article/199379987.html
 型紙書き 身頃その2&おくみ http://www.tikutikukimono.com/article/199379986.html
 型紙書き 衿 http://www.tikutikukimono.com/article/199379985.html

img77b23abezikezj.jpg
【ミシンで縫う木綿着物(実況)シリーズ】
型紙を使い、そこらへんで手に入る洋服地を家にあるミシンで着物に仕立てます!
生地の裁断からミシンのみで縫製、出来上がりまでの縫い方を記録。

 型紙印付け http://www.tikutikukimono.com/article/199379888.html
 裁断 http://www.tikutikukimono.com/article/199379887.html
 ジグザグミシンで縫い代始末 http://www.tikutikukimono.com/article/199379884.html
 衿の芯張り http://www.tikutikukimono.com/article/199379883.html
 背縫い〜おくみ〜脇縫い http://www.tikutikukimono.com/article/199379880.html
 袖〜袖付け http://www.tikutikukimono.com/article/199379878.html
 裾回り〜衿付け http://www.tikutikukimono.com/article/199379877.html
 衿付け詳しく http://www.tikutikukimono.com/article/199379850.html

ブログ初期のエントリー達なので、作り方として分かりやすくまとめられてなかったり写真が見づらかったり、
今から見返すと色々とアレなところもあるんですが、ご容赦いただけましたら幸い…!

次回は洋裁で縫う羽織シリーズをまとめまっす。




図書館に合ったこの本を読んでたなー
付属の型紙は結局合わなくて、自分で型紙作っちゃいましたがっ
posted by 湖藤 at 21:20| Comment(0) | <ブログ内記事まとめ> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

デニム着物でピアノの発表会

秋は行事が多いですな(白目)
運動会(メイン競技:弁当作り)を乗り越えたと思いきや各種音楽・学芸・発表会でございます。
週末くらい粗大ゴミのように家で寝かせてくれYOと思いつつも現実はそうもいかず。
おかーさん疲れたよ…着物でも着ないとやってけないわ…

そんなわけでピアノの発表会に着物でいこっかなーどうしよっかなー呟いてましたら
姉姫さんから「別にいいんじゃない」とお許しが出ましたので着物で行ってきました。
P_20181118_111848_vHDR_On.jpg
わーい

しかし疲労困憊なのできれいな着物を着る気起きません&目立たないように真っ黒着物。

P_20181118_114745_vHDR_On.jpg
会場の近くでランチを食べ、

P_20181118_135345_vHDR_On.jpg
あとはひたすらピアノを聞く午後。

お疲れ様でございましたー
P_20181118_163255_vHDR_On.jpg
毎回半月前くらいにならないとエンジンかからない姉姫様なので半べそかきつつ驚異の追い上げを
見せるのだけどおかーさん的にはもう少し早めに取り組んでもいいんじゃないかと思ってる…

この日の着物はブラックデニム着物に黒の帯重ね。
生地の質感が違うからちょっと色差が出ていけるかなっと。
P_20181118_111928_vHDR_On.jpg
おばあちゃんにお下がりしてもらった帯だったかな?秋になると紅葉みたいだわーと
出してくるんだけど実は花柄だったり(笑)

P_20181118_123405_vHDR_On.jpg
黒×赤オンリーで辛口にまとめるのは苦手なので、小物で色差していく作戦です。
クリーム系の黄色合わせようかと思ったけど水色のほうがモダンに仕上がるような気がした…

P_20181118_123444_vHDR_On.jpg
足もとは白足袋に船形下駄でしたわん。


袖を通す元気も無いと無理だけど、着物着ると何となく元気が充電される気がするなー。
機会を見つけてまた着ようっと!




姉姫さんに着てもらったのこちら。高学年だしフワフワのドレスはちょっと…ということで。
これは大人用のミニ丈ドレスだけど、Sサイズを上半身ちょっと詰めたらもうすぐ150サイズ女児でもいけたー
時々半額セールされるので色違いで買いたい気持ちあるわ…私にはミニ過ぎて着れないけど…


こちらのデニム着物もちょっと気になっているのだけど、これはがっつりステッチが入っているデザイン。
きれいめに着るというよりはカジュアル向きぽいね。ほんとのジーンズ感覚で着られそう〜
posted by 湖藤 at 20:00| Comment(0) | きものとこども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

サイズがちょこっと緩い足袋を簡単お直し

以前は用も無いのに着物を着ていたワタクシめ、最近は逆に用事があるときに着物を着るようになっており
きちんと着物(当社比)率も高まっているような…

夏に大相撲の巡業見に行った時。
P_20180730_125636_vHDR_On.jpg
麻の単衣を浴衣モードで着ていったので、多少のきちんと感を出すべく足元は白足袋で。

白足袋を履く機会もちらほらあれど、基本足袋ジプシーなのでなかなか足に合う足袋が見つからず…!
カジュアル用途の色足袋は何年も前に足に合うものを見つけて買いためたものをちびちび使っているのだけど、
白足袋はというと微妙に足に合わないものばかりなんでしたわ(涙)

足指が長いせいか足裏のサイズに合わせて足袋買うと足首がごそごそになっちゃうことが多いみたい。ぐぬう。
ストレッチ素材を選ぶようにはしてるんだけど、それでも解決できないのは足裏と足首のサイズ差が大き過ぎるのかな。
安全ピンでこはぜが外れないように応急処置してみたりしたけど、安ピンが途中で外れて着物の裾に引っかかり、
足袋が破れる(危険)という事件が起き、いよいよ対処の必要性を感じる事態に…
夏に試していい感じだった方法を七五三で履く白足袋でもやってみることにしたので直し方をメモるなり。

こちらをお直ししてみたいなと。
P_20181118_082844_vHDR_On.jpg
指が数本入るくらい足首ごそごそのため数歩歩くとこはぜがスルスル〜と外れる残念な白足袋さん。
でもほとんど履いてないし、捨てられなくてね…お直しで復活なるか!?

足首周りを縮めたいので甲の縫い目を少し内側に詰める計画。
P_20181118_083416_vHDR_On.jpg
足首部分をぺろんとめくって、

甲の縫い目の内側に添って、4〜5cmくらいの長さを縫い留めちゃいます。(右側は縫えたとこ)
P_20181118_084009_vHDR_On.jpg
左側、足首部分を戻すとちょっと縫い目が内側に入ってる感じ。

履いてみた。
P_20181118_084112_vHDR_On.jpg
履いてしまうとそんなに目立たない…気がするっ
足首のフィット感が増して歩いてもこはぜが外れなくなったよ〜
逆に足首ジャストフィットで足裏が大きい場合はかかとの縫い目で詰めればいいんじゃないかしら。

しかしこれ、ホントはどうやって直すものなのか謎…もっと良い方法がもしかしたらどこかにあるのかしらん?
足にぴったり合う足袋をオーダーで作ってもらえば即解決なんだけど予算がね…
まあ、自分で使うものなので、不自由ない範囲で直せてるからこれはこれでいいかなっ




福助のショップで福助足袋も買ったことあるんだけどなー足首がなー
いや、普通のサイズの方だときっと普通に履けるんだろうけど…orz


足が特別細いということも無いので、たぶん足指が長いんだな、うん。
posted by 湖藤 at 21:16| Comment(0) | 手作りきものまわり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする