2008年11月21日

ウールの着物を手作り 衿は本ぐけ

縫い縫いに興味の無い方にとってはあんまし面白みがない話だろな〜
と思いつつ今日もまたまた布と針と糸の画像ばかりでちくちくの記事。
だってうち、「ちくちくきもの」なんですものっ。


裾回りが終わったので、続いて衿。
衿はバチ衿仕立てなので、まず表側から縫い付けた衿を、半分に折って裏側に留め付ける。
広衿だったら着る時に折るから、裏地をつけて広いままにしておくみたい。
今回は表側から、ミシンで縫いつけ済みなのだ。あとは裏から留め付ける行程。
オールミシン縫いなら、ここもステッチでがっつり押さえちゃうとこだ。

ステッチが見えてると、いかにも洋裁ちっくな感じ。私は別にそれもいいと思うんだけど。
(いや絹物でそれだったら違和感覚えるかなあ。正絹着物地の繊細な感じと、
ミシンのがっつり感はさすがに合わない気がするし)
洋服地で作った着物なら、着物型ワンピースみたいな感じでステッチもいいと思うんだ。
洋服地ってミシン縫いすること前提の生地だから、丈夫だし、雰囲気も合うんだと思う。
サーモンピンクのコットン地で作った時は、目立つように赤いステッチを入れたりしたっけ。
でもやっぱりステッチが見えてると違和感を覚える方は居るんだろうか…居るんだろうなあ。
洋裁・ミシンで縫ってる、ステッチ見えてるってことで手縫い・和裁のものより質が劣るとか、
言われちゃうと何だかしょんぼりだなあ。だって同じ生地、同じミシンで洋服を縫っても、
ステッチ見えてるからって縫製品質がって言われないものね。
確かに、着物と和裁の結びつきには素晴らしいものがあると思うけれども。
でも柔軟にその間を埋めていく事で、洋服から着物に移ってくれる人も多くなるのかもね〜。

着物と着付けにも素晴らしい蜜月関係があるが、この点もまた柔軟であっていただく事を
願うばかりですな。補正補正、着姿汚いと普段着物派にダメ出すおばちゃま方には、
是非ご自分の洋装時には下っ腹を良くご覧になりガードルにて補正していただきますよう。


逸れた。


縫うよっ
img83a82203zik8zj.jpg
衿は折り返して、ここも仕付け糸で押さえ済み。ちょっと手間はかかるけど、
これで安定してキレイに縫えるのだ。
衿は「本ぐけ」。スタンダード・オブ・ぐけってこと?
折り返した縫い代同士を縫い合わせるから、表地に糸目が出るとか、そういうの
気にしなくて良いのが嬉しいなあ。

折り山からすこーし内側(0.2mmくらいだそうだ)をすくって、

imgb3e25b7bzik0zj.jpg
同じくらいの幅でまたすくって。
針目0.5cmくらいとあったんだけど、うーむ、ちょっと大きいか…

imgb0f0eb16zik4zj.jpg
糸はこんな感じ。
ざくざく縫ってしまえっ

こんな風に折り返した縫い代どおしを内側にして合わせるのを、「毛抜き合わせ」
って言うんだそう。これも和裁で初めて聞いた。専門用語なのか?
しかしまた、何故毛抜きなんだろうか…形が毛抜きに似てるのかしら。


そういえば指貫が無いや!
マタニティ時代に手縫いでベビ服縫ってて指に穴開いたっけ…手縫いするなら必要ですな。
こういう皮のが実家にあったな〜
posted by 湖藤 at 07:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 洋裁ミシンで縫うきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TITLE: 暖かそう♪
SECRET: 0
PASS:
仕上がりが楽しみですね。<br />
昔、義母が購入してくれた「ウール」で子供のズボンを作ったの。そのまま何も考えずに、洗濯機でガラガラ洗ったら・・・見事に縮んでしまったことを思い出しました。普段着といえどもウールの洗濯は注意が必要なようでした(笑<br />
<br />
指貫、100均で買ったらすぐぼろぼろになってしまったので、100円ぐらいの差だったら、ブランド物?を買ったほうがいいかも♪<br />
Posted by きてぃ♪♪ at 2008年11月21日 08:11
TITLE: もうすぐ完成ですね
SECRET: 0
PASS:
っていきなりお邪魔してすみません。<br />
<br />
ミシン縫いは解きにくく、どうしても生地を傷めてしまうので、正絹の着物に関しては縫製にも品質を問われるんでしょうね。<br />
<br />
でも自分が着倒す普段着はミシンだろうと洋服地だろうと自由ですよね。<br />
皆が自分で縫っていた時代の着物は、かなり自由で個性的な和裁で仕立ててありますよ。<br />
外側だけ普通に見えりゃいいんだ。みたいなのがあります。<br />
和裁だから高級でミシンだから安物ってことはないと思います。<br />
でも頭の固いおばちゃん達も多いですからご注意を〜<br />
「最近の若い人はああいう着方するのよ・・んま〜・・」とおばちゃんたちにヒソヒソやられたこと、私もありますよ〜。<br />
今の5〜60代の人は、着物が不自由なルールで縛られていて急速に着物離れが進んだ世代です。<br />
自由に着られていいわね、とひがんでおられるんですよ、きっと。
Posted by おつう at 2008年11月21日 19:31
TITLE: Re:暖かそう♪(11/21)
SECRET: 0
PASS:
きてぃ♪♪さん<br />
早く着て暖かくなりたいです〜!<br />
昨日はだんなさんがベビさんのセーターを洗濯機でガラガラと…縮んでないと良いんですが。えーん。<br />
指貫は指輪型のスチールのもありますけど、意外とそういうのの方が丈夫でいいのかな?滑るのかなあ。
Posted by 湖藤 at 2008年11月22日 11:09
TITLE: Re:もうすぐ完成ですね(11/21)
SECRET: 0
PASS:
おつうさん<br />
私もフォーマル用の正絹はミシンで縫う気にはなれないです〜。生地の痛みや、解けないことで繰り回しが出来なくなっちゃうのは大きい。<br />
でもアンティークのウールなんかは裏見るとミシンだったり、笑っちゃうようくらいおおらかな手縫いだったり様々ですよね。普段着だったんだなーって思います。<br />
着物離れしてしまった今の50代オーバーの世代に育てられた若い世代の方が、着物を全く知らない分先入観なく自由に着る事ができるのかもですね。着物が息を吹き返す、いい(でも最後の)チャンスなのかもしれない。
Posted by 湖藤 at 2008年11月22日 11:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック