2008年11月10日

おうちで楽ちん半幅帯 吉弥結び

前に紹介したかるた結び(日記)に引き続いて、今回は吉弥結び。
詳しくは忘れたけど、江戸時代のなんとか吉弥さんって歌舞伎役者が結んで流行したそうだが、
現在の吉弥結びはそのオリジナルの形とは違うそうな。オリジナル、どんなんだったんだろう?
今「吉弥結び」って名前の付いてる帯結びも、一種類じゃなくって色々あるらしい。

私が習ったのは、貝の口にタレが付いたような形の。矢の字にも似てるかなー。
帯締めで押さえるので形が崩れない&後ろぺったんことあって、これも
楽ちんおうち着物の時に活躍ちうである。


でわ以下、写真満載で吉弥結びの結び方をご紹介っ


img2ea32f5ezik3zj.jpg
帯のテ先を25cm折り返して持つ。

img843d5752zik8zj.jpg
折り返した部分を左脇に当てて、巻き始める。

imgca18b640zik1zj.jpg
2周巻き終わったとこ。
帯は下側を持って締めましょう〜。上はゆるゆるが楽ちんさっ。

imgde343d51zikczj.jpg
折り返してあったテ先を引き出す。ここで二つ折りにしとくと後で助かる。

img34d09a5czikbzj.jpg
タレ(長いほう)をこちらは広げたまま、テ先に重ねて

imgf26b39ffzik6zj.jpg
ひと結び。結び方は、普通にタレを下から上へ引き抜く感じで。

おっと姫様来襲っ

imge07bab2dzik3zj.jpg
でわ姫様もご一緒に〜
タレ先(一番端っこね)をおはしょりの線くらいに合わせて、タレの余った分を
びょーんと上に折り上げる。写真上が切れてるけど、左手で持ち上げてます〜

img90177d6bzik1zj.jpg
今度は折り上げた部分を、パタンと下に倒して。
ここからは貝の口の要領。

img1533cf12zikdzj.jpg
さらに折り込んでわっかを作り、

img01d30a18zik0zj.jpg
テ先をわっかの中に通す。バランスとして、
わっかに入る前の根元の部分:わっかから出てる手先の先っちょ=1:2
がキレイなんだそうな。変に余っちゃったら、自分は手先を適当に折り込んでごまかしてますが。
ほんとはどうするんだろう…

img2ac0a7efzik2zj.jpg
わっかの中に、テ先の上から帯締めを結んで形を固定。後ろに廻して完成〜
タレ先がある分、ヒップラインがカバーされる気が。
しかし、こりゃ今回はタレ先が長すぎた…!


img5be30013zikazj.jpg
まあいいやっ
前から見ると帯締めしてるのでちゃんとしてる風。さらにスカーフなんぞちょちょいと結んで
突っ込んでおけば、なんちゃって帯揚げ風である♪

抹茶小豆な取り合わせの帯と帯締めに、白玉気取りの娘ブローチを帯留にして甘味コーデ。
突っ込んであるのは古着屋で買ったスカーフ。
古着屋アイテムって、なかなかに着物と相性がいい気がするなー。
この女の人の帯結びが吉弥らしいんだけど? 小さくてよく見えないや〜。でも羽とかあって、今のよりもっとふんわりした感じかも?
写真のウールはオークションしたやつなんだけど、素材用だったから安い分虫食いが〜。
でもしゃきっと締まって、使いやすいのだ。ウールの半幅、普段にいいかも!
posted by 湖藤 at 11:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 着付け研究中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TITLE: なるほど!
SECRET: 0
PASS:
今の着付け教室だと貝の口と教わっているかも!<br />
帯締めするのが貝の口で、しないのが男結び。<br />
いろんな呼び方があるもんだな〜<br />
姫様の登場がかわいいっ
Posted by 梅まり at 2008年11月10日 14:22
TITLE: ^0^
SECRET: 0
PASS:
なんとなくですが 結び方がわかったように思います。早速試してみまする。^0^
Posted by のんこ at 2008年11月10日 17:51
TITLE: 上村吉彌について
SECRET: 0
PASS:
湖藤さま♪<br />
「吉弥・きちや」というのは、江戸時代の歌舞伎の名女形(♂)初代・上村吉彌・うえむらきちや(1661〜1680)のことです♪<br />
江戸時代の書物には、「唐犬の耳が垂れるがごとく、二つ結び(蝶結び)の両端をだらりと下ぐる帯むすび」が大流行し、それを「吉彌結びと呼んだそうです。<br />
浮世絵の上村吉彌の絵を見ると、「吉彌むすび」は、リボン結びのように見えますけど…<br />
<br />
参考までに、「はじめてのきものの着付けと帯結び」ナツメ社刊・石田節子著には、湖藤さまの帯結びは「矢の字」として紹介されていますね
Posted by kimonokurashi at 2008年11月10日 20:19
TITLE: Re:なるほど!(11/10)
SECRET: 0
PASS:
梅まりさん<br />
個人的には貝の口=男結び、タレがあるのが吉弥結びって認識でした〜。あと矢の字とか後見結びとか似たようなのがいっぱいあって違いがいまいち判らない…むー。<br />
勝手にオリジナルの結び方でもいいし、帯結びに正解なし!ですね〜
Posted by cohuji at 2008年11月11日 09:41
TITLE: Re:^0^(11/10)
SECRET: 0
PASS:
のんこさん<br />
お試しくださりませ♪<br />
かるたも楽ですが、これも楽ちんです!これから羽織はおったりする時には後ろがもこもこしなくて良さそう〜
Posted by cohuji at 2008年11月11日 09:45
TITLE: Re:上村吉彌について(11/10)
SECRET: 0
PASS:
kimonokurashiさん<br />
なるほどー。やはりオリジナルはリボンちっくな結びなんですね!<br />
矢の字はテ先を二つ折りにしないで、広いまま通すパターン?と思ってましたが…ほんと色んな呼び方があるんですねー。もともと着付けも帯結びも家庭で口伝されて来たものだろうから、同じ結びでも色んな呼び方があるのかも?
Posted by cohuji at 2008年11月11日 10:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック