2008年12月09日

着物の型紙を作ろう! 寸法計算

着物の型紙の作り方、ちと長丁場になりそうですがよろしくお付き合いくださりませ〜
今日は写真が無くって文字ばっか難しそう!!ですが大した事は書いてないのでありますっ

過去分はこちらっ 予習と採寸編
型紙で作る着物って何ぞや?という方はこちらの日記もご参照を→(洋裁着物の特徴


マイサイズ測ったところで、今回は寸法計算なのである。
これは和裁で普通に着物を仕立てるときに使う寸法をそのまま流用するので、
自分サイズの寸法がもう判っている方はそちらをご用意くだされい。
判んない方はちょこっと計算で出していくので電卓(もしくは明晰な頭脳)をお手元に〜。
今回出すのは、標準寸法って言って「これくらいのサイズの人なら、こんな感じが平均ね」
的な寸法。でも人間って一人一人体の凹凸って違うわけで、さらに着付けの仕方も
違ってきたりしちゃうわけで。そこにぴったり沿う寸法で仕立てるのが、
和裁師さんの超絶技巧なんですなっ。
手持ちの着物で「これは着易いわ〜」という着物があれば、是非出してきて寸法を
取ってみていただきたい。標準寸法と違う寸法が入っていたら、和裁士さんに感謝♪
ま、寸法がちょっと違ったところで着付け次第で着られちゃうのが、また着物のいいとこ。
一回標準寸法で縫ってみて、着てみて不都合あればちょくちょく直していくのもありかと。
自分にぴったりの寸法が見つかったら、お誂えするときにも役立つかも!?


さておき。
仕立てをする際に、必要な寸法は以下の通りなのだ。

着丈採寸合いづま幅13〜14
ゆき採寸おくみ下がり22〜23
┗肩幅衿幅**
┗袖幅┗肩周り5.5
袖つけ21〜23┗剣先6.5
身八つ口13〜15┗衿先7.5
腰周り採寸衿下
┗前幅衿肩あき8.5
┗後幅繰越2
┗おくみ15抱き合わせ

もちろん単位はセンチメートル。和裁やってないんで、尺貫わからんちん。

一見するとめっちゃ多いわ!!って感じなんだけど、今数字が入っている分は標準寸法で
まあ普通ならこれくらい、と規定値が決まっているものなのだ。体型や着方によって、
こだわりがあればいじれば良いけれど、特になければこの数値を入れておけばOK、的な。
なので、個別に計算で出すのは空欄になっている部分。
昨日の着物の部分名称、抱き合わせと繰越書き忘れてたことに今気づく。
抱き合わせは前身頃のバスト部分、繰越は衣紋の部分のくりぬき部なり(…で、判るかな?)


では計算。この計算式を調べるのに和裁本読んだりネット見たりしたんだけど、
基本の計算式はほぼ同じなものの最後数センチ単位でちょいちょい違う。
ネットなんかでも身長とか入れるだけで寸法を簡易計算してくれるページがあるが、
めちゃくちゃな数値が出るとこもあったりして…まあ標準寸法だけに、これが万人に正解!!
っていう計算式はないのかもね。やはり最後は和裁士さんの技術ってとこか。
まあ普段使い程度なら、自分で出した寸法でも問題なかろうて。と強行突破。
以下の計算式は、実際計算してみて、自分の手持ち着物の数値に近かったもの。

肩幅=ゆき×0.5−1cm
袖幅=ゆき×0.5+1cm
前幅=腰周り×0.5−7(腰周り90〜は−8〜9cm)−15cm(おくみ分)
☆前腰幅=腰周り×0.5−7(腰周り90〜は−8〜9cm)
☆後腰幅=腰周り−前腰幅
後幅=後ろ腰幅×0.5+2
衿下=身丈×0.5+3cm
抱き合わせ=胸周り×0・5

抱き合わせは今回型紙書く時は使わなかったんだけど…何か間違ったか私!?
とりあえず出してみてくだされい。
前腰幅と後ろ腰幅は、後ろ幅を出すために使うだけだから仕立ての時には忘れてOKっ

後身頃+(左右どちらかの)前身頃+おくみでぐるっと腰を一周するのがぴったり寸法。
着るとおくみの端、衿下の線が反対側の脇の線にぴったり沿うようになるのだ。
前幅の計算でおくみ分15cmの他に7〜9cm引くのはおしりって後ろに突き出している
から、多分おしり分後ろ幅を大きくするためじゃないかなーと。
最後に後ろ幅にさらに2cm足すのは、脇の厚みを考慮してのことみたい。
最終的に後ろ幅のほうが、5,6cmくらいかな?大きめになるはず。

後は残りの項目に標準寸法の規定値をぶち込んで終了♪意外と簡単と思うが、どうかなあ。
体型や着方に合わせての微調整は、ちょっち細かいので次回でっ


この着物型紙、実物大じゃないから無料型紙!だなんて売り出すにやや煩雑かもだけど、
誰か使ってくれる人が居たらいいな〜。
寸法計算とかちょっと面倒っぽいけど、一つ一つの作業を地道にこなしていくと
ちゃあんとできるしね。一回作ったら何回も使えるし、寸法だけなら和裁にも応用可♪
まあ、こういった型紙で洋裁で着物を作るのに慣れたら着物の構造も頭に入るし、
和裁へステップアップしていくもいいと思う。
もちろん和裁は着物の仕立てにはベストな方法だろうけど、ベストじゃないと駄目!
ってことはないと思うし、ベターな手段である洋裁着物も特徴を踏まえた上で利用する分には
十分な仕立て方法だと思うんだ。ベストな方法でできる人ばかりとは限らないもんね。
どちらも共存できたらいいなと思ってる。

ほんとはこうやって自分で作らなくても、欲しいなっと思える木綿やウールの着物が
手ごろな値段でいっぱい選べたら言う事無いんだけどな〜。
先日お誂えした際に、木綿やウールでもいいんだけど…と相談したものの、今問屋さんには
そういうの、皆無なんだそう。くすん。ネットショップでは売っているところもあるから、
普通の問屋さんにも木綿・ウールウエーブが着ているのかと思いきや。
伝統的な色柄の木綿やウールももちろん素敵だから、もっと増えて欲しいと思うし、
あとは洋服地っぽいモダンな色柄も増えて欲しいなあ。
洋服地の着物を着て歩いていると、「そういう生地の着物なら、着てみたい!」って
言ってくれる人もいるんだ。木綿やウールって素朴な雰囲気が良いんだけど、それだけに
「ウールなんか着て、もっさいわ〜」とか、「木綿を着るとどうも粋になっちゃって…」
って敬遠されちゃう部分もあると思うのよね…洋服地の木綿やウールなら、そんな事無いと
思うんだけど。現にデニムの着物なんかも、結構人気だし。
普段着物が色々選べるようになるまで、自分で作って布教して回るしかないのかなー。
このブログを続けるうちに、ミシン着物ウエーブが来んものだろうかのう〜



参考文献。
今月のお小遣いで、これを買うぞ〜
後図書館で借りた「図でわかる基礎きもの」こちらの方が、計算式としては体型に合わせて微調整しているようだった。
それにHPをいくつか。
着物倶楽部 着物の各部名称と寸法
http://www.kimonoclub.info/100/
着物ライフ応援館 女性長着標準寸法
http://chokoborinn.nsf.tc/hyoujyunn-sunnpou.html
posted by 湖藤 at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 洋裁ミシンで縫うきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TITLE: Re:着物の型紙を作ろう! 寸法計算(12/09)
SECRET: 0
PASS:
数字分からんちん、尺も○○尺とか種類が色々あり紛らわしい。<br />
ネットショップに仕立てを頼んだ時は全部cmで指定しました。この時の数値は誂えの着物を計った数字です。<br />
もう少し袖幅を長くする、丈を替える、などは数字をプラスして尺で良きにはからって貰うつもりです。下手に自分で体を計り、計算したりすると思いっきり誤差が出てしまいそうな私…。
Posted by x.Nao at 2008年12月09日 19:13
TITLE: Re:着物の型紙を作ろう! 寸法計算(12/09)
SECRET: 0
PASS:
はじめまして。湖藤さんのブログを見て、着物って手作りできるんだぁ・・・と目から鱗が落ちました。それ以後、色々考えた末、今正に「やさしい和裁増補改訂」を見ながら長襦袢を作ろうと格闘してます!和裁はしたことが無い&洋裁も家庭科でやった程度なので、モスリンの襦袢生地を買ってもう3週間経つのに裁ったところで止まってますが(汗<br />
<br />
ウェーブになるかはわかりませぬが、とりあえず一人(私)が波に乗りました〜。
Posted by +紙魚+ at 2008年12月09日 22:41
TITLE: Re[1]:着物の型紙を作ろう! 寸法計算(12/09)
SECRET: 0
PASS:
x.Naoさん<br />
確かに!私も型紙一作目は誂えの着物から寸法頂戴しました〜。cmで測って微妙な分は四捨五入!とかなんでやっぱり誤差が出てそうです。<br />
まあ古着を着る時なんかはもっと寸法が違うところを着付けでカバーするわけだから、着るには問題ないかな、なんて。センチを尺に換算するのは面倒だわ〜
Posted by 湖藤 at 2008年12月10日 09:32
TITLE: Re[1]:着物の型紙を作ろう! 寸法計算(12/09)
SECRET: 0
PASS:
+紙魚+さん<br />
はじめまして!襦袢を縫い縫いされているのですね〜!和裁で、でしょうか、素晴らしいっ。私も最初和裁本を見た時は異国語だ…とへこみましたが近頃ちょっと判ってきた様な気がします。ちっちゃいウエーブが来て大喜びです。無事に完成することを祈っております〜♪
Posted by 湖藤 at 2008年12月10日 09:38
TITLE: Re:着物の型紙を作ろう! 寸法計算(12/09)
SECRET: 0
PASS:
作成前に、「洋裁でちくちくするには型紙を作るのが面倒そうだし、和裁ならざくっと切って標つけ〜♪」っと思ったのと、ミシンが調子悪いので、オール手縫いで和裁!と思ってましたが、木綿・ウールはポイント以外ミシンでもOKと書いてある和裁の本があったので、面倒くさくなったらミシンで縫っちゃおうかなぁ…(どうせ下着だし…)と和洋折衷で行く予定です…わは。
Posted by +紙魚+ at 2008年12月11日 11:32
TITLE: Re[1]:着物の型紙を作ろう! 寸法計算(12/09)
SECRET: 0
PASS:
+紙魚+さん<br />
確かに!絹はミシンで縫うにはデリケートすぎるけど、木綿やウールは結構丈夫ですし、洗濯もするならミシン目は丈夫で有効かと♪私は前作のウールが中身洋裁、外から見えるとこだけ手縫いの和洋裁折衷でした〜
Posted by 湖藤 at 2008年12月11日 21:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック