2009年03月25日

長羽織を手作り 肩すべりで仕上げ

ミシンで手作り洋裁羽織、いよいよ完成間近っ
あとは肩すべりを残すのみ〜


肩滑り、衿付けのところは衿と一緒に縫っちゃってるはずなのでここは完了。
あとは肩のところね。これは袖を付けるときはよけて縫うんで、びらびらのまま…のはず。
袖と一緒に縫っちゃった!!な方はご愁傷様でございます…
img94c4f511zik0zj.jpg
袖側の辺は縫い代1cm分内側に折りこんで、羽織本体の縫い代にくけつけるのだ。
画像は待ち針でとめとめ。生地がてらてらなんで、待ち針だけではとまりにくい〜。
くける前に仕付け糸で仮縫いするのが吉。

imgee5b1a6ezik1zj.jpg
全景はこんな感じで。一番下はあらかじめ三つ折りしてくけておいたから処理不要なり。

imgacab5612zikdzj.jpg
仕付け糸で仮縫い完了。
後は本ぐけでくけつけ。衿をくけるときのやり方、「本ぐけ」でねん。


ちまっとくけ終わったら、完成♪

img7d8cbdc8zik6zj.jpg
できた〜

imgc42bc181zik9zj.jpg
さっそく旅行にも着ていったなっ
もう一月以上前なのね…記事アップするの、遅いな自分…
大体もう羽織要らないくらい暖かくなってきてるし(汗)

後から思い出し思い出しで記事書いてるんで、どこか抜けがあったら申し訳なし。
縫ってみたいけど読んでもここ意味わからん!!なとこがあったら、遠慮なく
日記へのコメントに書き込みくださりませ。出来る限り考えます。。
記事の新旧に関わらずちくちく記事は後続の方に役立つように書きたいと思っておりますっ


ともあれ、次は羽織の必需品、羽織紐を手作りの巻で〜。



あら、阿波しじらの羽織なんてものもあるのね。。
posted by 湖藤 at 08:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋裁ミシンで縫うきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TITLE: Re:長羽織を手作り 肩すべりで仕上げ(03/25)
SECRET: 0
PASS:
こんにちは♪<br />
こちらではkanonになっておりますが、かのんです。<br />
いまっぺーじの掲示板へのアドバイスありがとうございました☆<br />
<br />
すご〜い!羽織を縫われたんですね!<br />
そして落ち着いた色合い、ステキです(^-^)<br />
私は何とか半襟をつけ、替え袖を作るのが精一杯です(笑)<br />
<br />
同じ楽天ブログですので、また拝見に伺いますね.<br />
よろしければ、音楽ブログとなっておりますが、カテゴリ「着物」と「お出かけ」に着物がアップされておりますので、拙ブログへも遊びにお出でくださいませ。<br />
では、「いまっぺーじ」も「ちくちくきもの」も楽しみにしております☆<br />
Posted by kanon212 at 2009年03月25日 19:52
TITLE: Re[1]:長羽織を手作り 肩すべりで仕上げ(03/25)
SECRET: 0
PASS:
kanon212さん<br />
はじめまして〜こんな調子で普段着物生活を送っております♪羽織の生地はおばあちゃんがくれたウールなのです。渋いっす。私も1年ちょい前までは、針と糸なんてほとんど持ったことが無かった女子でしたよん。ベビさんによだれかけを作り始めて、気づいたらこんなことに…!<br />
ブログも拝見させていただきました、お人形さんみたいにかわいいお着物!!古典柄もええですね〜♪<br />
またお越しくださいませ〜
Posted by 湖藤 at 2009年03月26日 09:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック