2009年03月23日

長羽織を手作り 袖縫い

ミシンで羽織、地味な記事ながらまだまだ続くのであった。

ちくちく記事、中盤くらいになってくるといつ終わるんかいな〜と自分でも思うわ…
でも「ちくちくきもの」だもんな、うちっ。
自分思うが2、30代アンダーの世代はなんでもまずは「ぐぐってみる」世代ではと。
着物に興味が出たら、絶対ネットで情報収集するはずなんだ。
私も高校生のころからインターネット使ってるけど、知りたいことがあったら、まずは検索。
んで初めのころは検索ってもソースはHPが主流だから、検索結果もそれほど量が多く
なかったんだけど、近頃検索に引っかかってくる結果って圧倒的にブログ。んで数多い!
個人が気軽に情報を発信できるようになって、ネットで拾える情報量は増加の一途だ。
おかげで良い情報が拾いにくくなってる、とも言えるかもだけど、若い世代はその
取捨選択も上手くなってると思うし、検索で情報収集する人はこれからも増えるはずで。

多分これからも着物に興味を持つ人は増える。んで着物のニーズは多様化するはず。
多様化…っていうか若い世代からは、今までの着物の概念にとらわれない使い方が始まると
思うんだ。洋服と同等に選択するファッションとして、あるいはフォーマル服ではないけど、
カジュアル服でもないごほうび服として、それに「着物を着る」っていうライフスタイルとして。
既存の着物が合わないけど、着物諦めたくない!って人が、着物を手作りしてみたい〜
って思ったときに、後に続けるようにしておきたいのよねん。
「ちくちくきもの」読んだら、着物が手に入って着られて、楽しめるようになった♪
これ理想。うんうん。


ともあれ。
何だか形が見えてきた!な感じもしつつ、袖!


まず袖口布なんだけど、書き忘れてたんだが↓で袖と縫い合わせる一辺を除いて
あらかじめジグザグミシンをかけておいて下されい〜

端の処理が終わったら、袖口布と袖口を中表に合わせる。これ、袖口布の中心と袖の山が
合うようにねっ実際着た時に外側に来る袖のほうに若干ゆるみを持たせとくと、
仕上がり綺麗らしい…けどあんまり気にせず。ほんとは袖山から左右5cmずつの範囲で
0,2cmくらいゆるみを持たせるそうだ。
ともあれ、袖口の長さ分だけ縫い縫い。
imgaa13e66fzik0zj.jpg
袖口布がちょっとあまるけど、大丈夫。

次に袖口〜振りまで、袖本体を縫うのだ。
imgcf161deezik8zj.jpg
最後袖口布が付いてるとこはちょこっと縫いづらい…けど袖口布よけて、袖口布が付いてる
縫い目ぎりぎりまで縫っておきませう。

img277de8e9zikfzj.jpg
あと袖口布のちょっと飛び出してるとこも縫ってつないでおいてね。

で、びらびらしたままでは困るんで、最後は袖口布の長い辺を1cm内側に折り曲げて、
くけつけるのだ。くけかたは「折りぐけ」でよろしうに。
やり方判んない場合はこちらで確認を→(記事
imga58ba94czik0zj.jpg
作業中に写真とり忘れたんで完成しちゃったの図。
一番下は、家にあったウールの羽織を見る限りでは折り込まずそのまんまだったから
ここでもまねっこ。


袖の形が完成したら、本体へ取り付け。
これはできあがり線の通りに合わせて、がーっとミシンで!縫い代は袖・本体の脇縫い共
あらかじめジグザグミシンがかかっているはずなので、あとは割るだけ〜


ここでひとまずミシンはお休みして、手縫いで裾のくけくけ。
img1df43791zik5zj.jpg
ここも折りぐけで始末。
ついでに身八つ口〜袖の振りも、耳ぐけで始末しておきませう。耳ぐけのやり方は(こちら


だんだん先が見えてきた〜♪



posted by 湖藤 at 07:25| Comment(6) | TrackBack(0) | 洋裁ミシンで縫うきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TITLE: Re:長羽織を手作り 袖縫い(03/23)
SECRET: 0
PASS:
脇をどうするか?が最大の疑問でした。<br />
古着を見ると、脇は袋状になったものがついていて、縫い代が見えないので『?』だったのですが、裏になるから付いてりゃ良いのですね。<br />
上物は今月までと言われてますが、花冷えもあるし、昔は羽織は、オールシーズン着ていた様なので、寒暖の差が激しくなった現代は4月でも持ち歩くと便利ですね。
Posted by x.Nao at 2009年03月23日 13:14
TITLE: Re:長羽織を手作り 袖縫い(03/23)
SECRET: 0
PASS:
次の世代へ引き継ぐちくちくきもの、、、さすがっ!<br />
私も、ドイツで着物をひろめていきたいなあ〜。
Posted by Kchen at 2009年03月23日 16:42
TITLE: Re:長羽織を手作り 袖縫い(03/23)
SECRET: 0
PASS:
次の世代へ引き継ぎましょう!<br />
<br />
先日、なんと子供の部活の試合に、着物で応援に行きました<br />
午後から子供のピアノの発表会があったので、そのために着物を着ていたのですが、さすがに入卒式でもない中学の体育館の試合会場では、場違いな感じでした。<br />
でも、子供の部活のお友達数人から、「かっこいー」「すごーい」という声もあり、未来の着物女子の育成のために、貢献できたかもです。<br />
<br />
不器用なので、チクチク着物はできませんが、私も微力ながら次世代のためにがんばりまーす!
Posted by にゃにゃこ at 2009年03月23日 17:04
TITLE: Re[1]:長羽織を手作り 袖縫い(03/23)
SECRET: 0
PASS:
x.Naoさん<br />
今回は和裁本のやり方を読んだものの全部理解できなかったので適当にやっつけた部分多々ありです。洋裁羽織は縫い代裁ち落としだけど、和裁の方法だと、縫う→縫い代余る→折り込むって処理するから、袋みたいに見えるのかも?
Posted by 湖藤 at 2009年03月24日 15:21
TITLE: Re[1]:長羽織を手作り 袖縫い(03/23)
SECRET: 0
PASS:
Kchenさん<br />
ブログは日記みたいにして使われることの方が多いと思うんですが、私は実用的な記事を書きたいなーと思っていたりします…みんなが着物を着て出かけるほど、着物は生き返るのかも〜♪
Posted by 湖藤 at 2009年03月24日 15:23
TITLE: Re[1]:長羽織を手作り 袖縫い(03/23)
SECRET: 0
PASS:
にゃにゃこさん<br />
おぉ、すばらしい!やっぱり身近なところで着物を目にしてると、「ちょっと着てみたいな」って人増えると思うのです。あれやこれやと理由を付けて、まずは「すきあらば、着るっ!!」で♪
Posted by 湖藤 at 2009年03月24日 15:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック