2010年04月26日

自分で帯結び!一重太鼓の結び方 お太鼓完成

自分で結べる名古屋帯!ついに最終回を迎えました…ふふふ…
ここまでの長い道のりは以下に。
準備編
結び始め〜胴に巻く
仮紐で土台作り
お太鼓を背負う
お太鼓の形づくり
お太鼓完成

いや長かった〜。名古屋帯って結構手順が多いよねっ。
半幅帯でかるたとか吉弥みたいな結び方とかだったら、一回完結なのになあ(笑)



imgd0533c11zik7zj.jpg
前回こんな感じでお太鼓の形を作って、仮紐で止めました。


今回は作ったお太鼓の形を固定して、仕上げ!
img655a2ee8zikdzj.jpg
これが結んだ仮紐。
これを右手でなぞりながら、お太鼓の中に手を差し込んでいきます。

img652edc73zik4zj.jpg
こんな感じで。するする〜

imgaaf0df72zik8zj.jpg
向こうに出たら、前で止めていたテ先を、右手に持たせてあげて…

imgb71a2fb2zik2zj.jpg
今なぞってきた仮紐の上に、テ先を通します。
手先がきちんとベストな長さで測れていたら、お太鼓の両端からテが1cmずつくらい?
ぴょこんと出る感じになるはず〜。ただ巻いてるうちにずれちゃったり、お太鼓柄なんかで
柄を優先して巻いた場合には、手先が長すぎたり、短かったりする場合も!
短い時はもうどうしようもないけれど…(汗)長すぎる時は、中でタックを取ったり、
余りを帯の後ろに挟み込んだりすると良いと思いまっす。


で、仮紐をなぞって〜と、何でこんなことするのん?という話なんですが…
imgf1c8e865zik4zj.jpg
お太鼓の構造って、こうなっているのですわん。
帯山からやってきたお太鼓面は、仮紐の位置で折りあがり、さらにタレ先へ。(黄緑の線)
で、この折り上がった部分を仮紐に代わって押さえる役目が、テ先(青い線)というわけ〜

なので仮紐の上にテ先を通せてないと、仮紐を解いた瞬間お太鼓崩壊!なんてことにも(汗)
さらにちゃんと仮紐の位置(つまり、お太鼓の下線)にテ先を通すことで、
上ふっくら、下線ビシッ!の、メリハリのあるお太鼓になるんですな〜♪
このお太鼓の構造と、お太鼓のお直し方法についてはこちらの記事もご参照っ(記事


で、お太鼓を固定する最後の仕上げは、帯締めっ!
img8ba8b431zikfzj.jpg
今通した手先の上に帯締めを当て、結びます。ここしっかり結ばないとお太鼓が崩れたり、
最悪崩壊する危険性もあるので、ばっちりしっかり結んでね!
ちなみに帯揚げは、装飾目的なのであくまでふんわりでOK。帯締め帯揚げの結び方は今回は
割愛するけど…そのうち別シリーズでやっちゃうか…!?


これで仮紐を解いて、帯が落ちなかったら(笑)出来上がり〜!
img51bedfcfzik7zj.jpg
お疲れさまでした♪


さてさてどうでしたでしょうか?初めてさんでも見て分かるように…と思いながら
懇切丁寧に解説していたらこんなに長くなってしまった!
一つ一つの手順、分解してみれば特別な技術が要るものじゃないし、簡単なんだけれど…
一連の動きとして理解するには、多少は練習が必要かなーと思うわん。
最初はみんな、訳分かんないしうまく結べなくってあたりまえ!楽しく何度も着物を
着ているうちに、いつの間にか手が覚えてうまくなっていくさ〜♪

考える前に、着てみるのだっ!れっつきもの♪



2回目の仮紐の位置に通すことで面で帯を支えてくれる便利グッズみたい。
こんなものもあるんだねー
posted by 湖藤 at 10:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 着付け研究中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TITLE: お疲れさまでした♪
SECRET: 0
PASS:
ほんと、やってみるのが一番ですよね<br />
私も初っ端は本やネットから着付けを盗んだ口なので、<br />
こういった丁寧な写真付の説明は本当に大切でした(^^;<br />
真似して何度も着ているうちに、ある日突然衿もお太鼓もばっちり<br />
終日崩れ知らずに着られる時がきて、(これか・・・!)って<br />
ニヤッとしたのが今年のはじめです^^<br />
そしてますます着物がやめられなくなってます<br />
<br />
ご報告が大変遅くなりましたが、あの帽子!<br />
とってもいいです<br />
まずは使ってからということで・・・<br />
感触がたまらないです<br />
もっとバリッとしてるかと思っていましたが違うんですね。<br />
柔らかさの中にシャリ感ありです。<br />
そして、使い心地もとても気持ちいいです<br />
これからの季節にちょうどいいと思います。<br />
はまるって意味がわかりましたよ♪<br />
今更ですが、こちらに感想を書かせていただきました<br />
いいものをありがとうございます^^
Posted by 鈴音 at 2010年04月26日 14:33
TITLE: Re:自分で帯結び!一重太鼓の結び方 お太鼓完成(04/26)
SECRET: 0
PASS:
ついに完結ですね。お疲れ様でした!<br />
帯結びって慣れるまで時間かかるんですよね〜。<br />
だから着物始める人は、好きっていう気持ちがないと、続かないし上手くもなれない。誰が着付をこんな特殊技術チックにしちゃったんですかね・・・。<br />
着付だけじゃなく、帯や着物、小物の合わせ方、TPOに合わせて格を考えながら合わせていくのも、今や特殊技術ですね・・・。着物は日本人の民族衣装っていいますけど、民族衣装っていうなら、家や学校で積極的に教えるべきですね。<br />
まずは浴衣から!!私も頑張ります☆
Posted by けろたん at 2010年04月26日 21:14
TITLE: Re:お疲れさまでした♪(04/26)
SECRET: 0
PASS:
鈴音さん<br />
ネットで着物の着付け方とか帯の結び方をググったりするのですが、あまり詳細なものって見たことが無くて…着物の着方情報くらいタダでそこらに転がってるくらいでないとねっ!ってことで。一回アップすれば資料になるので、そのうち誰かのお役に立てばいいなーと思ってますです。<br />
キャップ良かったですかー♪良かったです!麻ですけど、比較的しなやかなのが近江上布の特徴なのですです♪でもシャリっとしていて…私も大好きです。うふふ。<br />
ご愛用くださいませませ〜!
Posted by 湖藤 at 2010年04月28日 17:02
TITLE: Re[1]:自分で帯結び!一重太鼓の結び方 お太鼓完成(04/26)
SECRET: 0
PASS:
けろたんさん<br />
つ、遂に完成しました…名古屋帯はやっぱり時間がかかりますね〜!お教室でも名古屋帯をやった後に半幅を教えると、わっ、簡単!って驚かれちゃいます。どちらでも、好きな方で覚えると良いですよねん。<br />
まずは楽しく着るところから、回数を重ねることで経験値がたまっていって、帯結びの勘所も合わるようになるし、コーデの感覚も付いてくるし…でも確かに今の人って着物の経験値がほとんどないから、着物始めるのにちょっと大変な部分もあると思います。学校でもっと着物のこと、教えてくれたらなーと私も思います♪
Posted by 湖藤 at 2010年04月28日 17:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック