2010年09月25日

ミシンで洋裁長襦袢 縫い縫い〜完成

ミシンで縫う洋裁長襦袢の縫い方!最終回の縫い縫い編です。
これまでの記事はこちらから〜
寸法計算
型紙作り方編
水通し、裁断編


ここからはミシン出動!今回はオールミシンでガーッと縫っちゃいます。
基本的にはミシンで縫う洋裁きものと工程は同じだから、さくっと流れだけ…
詳しくは洋裁着物の作り方と個々のリンク先をご参照で〜


まずは布端の処理から。今回洋裁なので、和裁のように縫い合わせてからの布端処理ではなく、
最初に布端を処理しちゃいます(後からやるとこもありますがっ)
img5fba8b81zikfzj.jpg
うちロックミシンないので、普通の家庭用ミシンのジグザグ縫いでばりばり〜っと。
処理するのは身頃の脇部分と、お袖をぐるっと一周。


今回は後ろ身頃を一枚で裁っているので、背縫いを縫うのは無しで。
img0dbcaf91zik1zj.jpg
前身頃に下衿を付けていきまっす。写真見ずらいけど、下衿が付いたの見えるかな…!?
ちょうど着物で言うおくみの位置かな?身頃と下衿を中表に合わせて、縫い合わせます。

img1f514961zik7zj.jpg
前身頃の前部分の端処理をしなかったのは、この下衿を付けてから縫いしろ処理するからっ
縫いしろは二枚一緒にジグザジミシンで端処理して、外側(衿下側)に倒しておきませう〜

img9ad6856fzikbzj.jpg
次に身八つ口から下、脇線を縫い合わせます。するとこんな感じで身頃が筒状に♪
うーん、着る物っぽくなってきた!ここは最初に布端の処理をしてあるので、縫い合わせたら
アイロンで縫いしろを開いておきませう。


袖と衿とどちらからやっても良いんだけれど、今回は袖付けを先に〜
難しい衿付けやると燃え尽きちゃうので、どうも後に後に回してしまうわ…(笑)
img161a0b9fzik6zj.jpg
袖を袋状に縫って、本体に取り付けるんだけど、ここまで縫えてたら簡単にできるはずっ
長襦袢なので、たもとの丸みは作らなくても良いと思いまするっ
私は袖口を振りと同じようにずどーんと開けて、筒状にしちゃった!
ちなみに今回は単衣袖ですが、袖の振りの部分を長めに折り返せるようにとって、
無双袖っぽくしてはどうかしらというアイデアも頂きました〜♪秋冬には良さそう!


そして衿!
img968f8559zik7zj.jpg
ここだけはテキトーに縫い線合わせて直線ミシンでばりばり〜っ!というわけにはいかないので、
肩周りがつれないように、ゆるみを入れながら待ち針打ってつけます。
衿だけじゃなくて他の直線縫いのところもそうだけど、待ち針打った後に
しつけ糸で仮縫いしてからミシンかけるといいよ〜。着物っていちいち縫う距離が長いので、
待ち針だけで縫うとどうしても途中で生地がずれちゃうのだ。

imgf7557207zik4zj.jpg
ちょっと思いたって、衿の肩開きのとこに力布を付けてみた。
自作の着物で、衿のとこがほころびちゃったことってこれまで無いんだけど…
やっぱし洗濯や着つける時に、衿のところに力布が付いてると安心かな?と思って♪

衿の縫い方は、洋裁着物の衿付けや、和裁式単衣の衿付けもご参照くだされ!


img5e9d8635zik1zj.jpg
そして完成。
数日にわたっての作業にはなったけど、それでもオールミシンなので早かった!


洋裁襦袢を手づくり13
こんな感じでばりばりミシンづかいです。
でも襦袢は見えないからいいのだ。うひひ。縫いしろが無い分着心地も軽め♪


いやしかし、ほんと色々縫ってきたから過去記事がええ資料代わりに…わは。
リンクばっかりになっちゃって相申し訳ないですが、書く方は楽ちんです(笑)
ミシンでちゃちゃっと出来ちゃう洋裁襦袢、興味のある方は挑戦してみてね〜♪


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

盛夏用 女物綿レース長襦袢 -M・Lサイズ- [ 0607-167 ]
価格:14904円(税込、送料無料) (2018/10/15時点)

化繊の二部式襦袢なんかで身頃がさらしだったり、綿レースの長襦袢とかもあるけど、
まっ白なのよね〜。色柄もので綿やリネンの長襦袢ってあんまり売ってないのだな。

自作なら自由に生地が選べるもんな〜。
いつかさらさらしなやか♪なリバティのタナローンで着物か襦袢作ってみたいっ!
きっとかわゆい柄で、絹並みに着やすくなるだろなあ…むふふっ。

posted by 湖藤 at 11:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 洋裁ミシンで縫うきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TITLE: Re:ミシンで洋裁長襦袢 縫い縫い編(09/25)
SECRET: 0
PASS:
昔々、むかーーしのお話ですが、和裁を習っていました。<br />
一重の着物、羽織とか縫いました。<br />
<br />
貧しかったので練習の反物を買うことが難しかったのですが、母がお水のお姉さま方から注文を取ってきてくれました。<br />
我が家は岐阜の柳ヶ瀬近くの、洋裁店でした。<br />
<br />
母がお客さん中から、和服を着るようなお仕事のお姉さま方に、格安の呉服仕立てを条件に私の教材を作ってくれたのです。<br />
<br />
今は母になった私ですが、亡き母の愛情がいまさら身にしみるのです。<br />
Posted by naomin0203 at 2010年09月25日 13:23
TITLE: あ〜なるほど!
SECRET: 0
PASS:
>いつかさらさらしなやか♪なリバティのタナローンで作ってみたいっ!<br />
これならかわゆい柄で、絹並みに着やすくなるだろなあ<br />
<br />
リバティじゃないけどビーラホビーレに光沢のあるキレイな花柄のローン生地がありました<br />
あれで作ったらいいのね!!<br />
シルクのような光沢でしたもん(でも綿100%だった)<br />
贅沢やけど薄いなあと思ってたんですけど<br />
なるほど!私も長襦袢にしてみます!・・そのうちに
Posted by クロテンkoume at 2010年09月25日 23:49
TITLE: Re[1]:ミシンで洋裁長襦袢 縫い縫い編(09/25)
SECRET: 0
PASS:
naomin0203さん<br />
そうなのですか!私は洋裁も和裁も、自習なのでお教室とか通った事がないのですが…うちの母は洋裁学校に、祖母は和裁の学校に通って若いころは縫い子の仕事もしていたそうです。自分がこうやってお裁縫するようになってから知ったのですけど、ちくちく好きの血が流れているのかなあと思ってます。<br />
で、祖母が和裁学校時代のくけ台とヘラ台を譲ってくれたので、大事に使ってます!
Posted by 湖藤 at 2010年09月28日 08:03
TITLE: Re:あ〜なるほど!(09/25)
SECRET: 0
PASS:
クロテンkoumeさん<br />
リバティ可愛いですよね、手触りもちょうど絹ちっくなのでいつかいつかと思いつつ…なかなか手が出ません〜(涙)<br />
私も試しに、リバティもどきのローン生地で作ってみよかしら…!?
Posted by 湖藤 at 2010年09月28日 08:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック