2011年08月31日

ちょこっと避暑 ガーデンミュージアム比叡へ

ああっ!

っと言う間に気づけば8月が過ぎ去ろうとしておりますな…
ブログもほったらかしでご無沙汰しておりまする(汗)おかしいな、
週イチペース更新を目指していたはすなんだけど…な、何とか生きてますっ

浴衣で花火大会にも行ったし、あれこれ撮った写真もあるんだけど、
すっかりブログに書くタイミング逃しちゃった感じだな〜
まだまだ昼間は残暑厳しい彦根でありまするが、朝夕にはほのかに秋の気配…
そろそろ、夏物っ!っていう気分でも無くなってくるか?と思いつつ、
これだけはっ!っていう、夏真っ盛りのころに出かけた比叡山の記録をば〜


京都と滋賀の境にある比叡山。山の上には延暦寺やホテルなんかもあるんだけど、
この日の目的地はガーデンミュージアム比叡(HP)!

園内に足を踏み入れたらそこは…
imgda7018dbzik1zj.jpg
山上のお花畑なのだ♪
しかも比叡山の山上、すずしーい!京都市内からしたら5度程度気温が低いとか。
この日も真夏の猛暑日だったけど、山の上に居る間は秋のような涼しさだったわ…


imgded89991zikezj.jpg
園内にはお花と一緒に陶板の絵画も飾られていて、散策しながら絵も楽しめます。
絵と、周りの花や風景がリンクするように飾られているので面白いのだ!
姫様も「おはなばたけ〜!」と大興奮でした☆

img4c59fa61zik3zj.jpg
琵琶湖方面の展望。たっかーい!


img0053a4d2zik0zj.jpg
この日の着物は、新之助上布本麻に、麻に化繊入りかな?っていう古着屋さんで買った八寸帯。
何か近くで見ると、織りがうねうねしているんだけど、どうやって織ってあるんだろう〜
着物は昨シーズンから着てて、洗濯を重ねてるからちょっとしんなり肌に沿ってきた感じ♪
イイ感じに育ってきたかな〜〜

普通なら帯枕で暑いの耐えられないので、夏にお太鼓って考えられないんだけども。
(基本へこ帯か半幅で、名古屋結ぶとしても枕の要らない角だし…)
この日は避暑だしね!とお太鼓にしてみました、ウフフ。
しかしやはり、ドライブにお太鼓はあまり向かんな…座りにくいし、崩れるう


ガーデンミュージアム比叡に行くにはドライブウェイを通らなくちゃなので(これが結構高い)、
なかなか気軽には行けないんだけど、たま〜に行きたくなるんだよね〜
叡山電車からロープウェイでも行けるみたいなので、このルートも一度使ってみたいな!



比叡山って、ゆばが有名なのか…へぇー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

比叡山 延暦寺の声明 胎蔵界曼茶羅供 [ (趣味/教養) ]
価格:3120円(税込、送料無料) (2018/10/16時点)

子供のころからスペシャルなドライブコースは比叡山の山の上!だったのよねん。
しかし未だ延暦寺には行ったことがなかったり…意外と比叡山のことを知らない気がする!


posted by 湖藤 at 11:23| Comment(2) | TrackBack(0) | きものとお出かけ・滋賀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TITLE: Re:ちょこっと避暑 ガーデンミュージアム比叡へ(08/31)
SECRET: 0
PASS:
こんにちは。私もガーデンミュージアム比叡はちょくちょく行きます。確かにドライブウェイは高いですね^^;でも延暦寺の阿闍梨さまが「昔の人は麓から何時間もかけて険しい道を歩いて上って来られたのだから、いい道ができて便利になりましたね」みたいな事をお話しされていました。それを聞いてから、有難いなぁと思うようになりましたよ(笑)<br />
確かに徒歩で登れと言われたら高くてもドライブウェイの方を選びます。この道を作って下さった方々に感謝です。確かにロープウェイも高いんですが、これを作ってくださった方がいるから便利さを甘受できるのですものね。ロープウェイからの眺めも素敵ですよ。ぜひ姫様とご一緒に♪
Posted by あじゃ at 2011年09月03日 19:33
TITLE: Re[1]:ちょこっと避暑 ガーデンミュージアム比叡へ(08/31)
SECRET: 0
PASS:
あじゃさん<br />
あーわわ、お返事まで遅れてしまってすみません(汗)<br />
本当に上まで登ると、真下に市街が見えるのにすごく遠くて、ドライブウェイが無かったら本当の別世界だっただろうなあと思っていたんですー。本当にありがたいですね、高い!と文句のつもりではなかったのですが。反省です。
Posted by 湖藤 at 2011年09月22日 10:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック