2011年12月13日

呉服若手経営者の会と、着る人委員会

ちょっと出来事としては先月の事なんでござんすが。
昨日新之助上布のメルマガで書いてみて、何か自分の中である程度引出しに入れた
あれこれがまとまってきたみたい?と感じたので、ここにも書いてみんとす。


先月、これからの着物、どうすっぺ!な話し合いを続けて拝聴する機会がありまして…。

ひとつは、着物ビジネスコンサルタントをされている、石崎さん主催の
「呉服業界若手経営者の会」石崎さんのブログはこちら。facebookもあるらしいよ!
その名の通り、呉服の業界に従事している若手の人たちが集まる会。
私、経営者でもがっつり従事してる訳でもないのだが(どちらかというと雑用係的な…?)
一般人でもOK&平日の京都での開催(!)ということで奇跡的に行けるわ!と、
こっそり拝聴してきましたん。

その後は月間アレコレ(HP)さんの「着る人委員会」(ブログはここ)のイベント。
「着る人委員会」は立ちあがったのが10月くらいかな?アレコレ購読してるのもあり、
ツイッターでも知って参加してみたの。イベントは東京での開催だったので行けなかったんだけど、
USTで中継があったので半分くらいはリアルタイムで見られた☆

実は若手経営者の会の方もUST中継されていて、どちらも録画を見ることが出来るよ〜
どちらも同じあづまやさんってきもの屋さん主催の番組内の、過去のライブ一覧から。↓
「あずまや きものひろば てれびじょん」http://www.ustream.tv/channel/test2213
いやほんと、最近のネットすごいよね…顔が見えない事も無く、ログが流れる事も無く、
そしてリアルの日時が限られたとしても、参加できない事も無い!

img0feae2a9zikczj.jpg
本文と写真は、特に関係は無いのです(笑)


ギョウカイ側、とユーザー側、できっぱり分けられがちな着物の世界。
いわばギョウカイ側と、ユーザー側と、それぞれが集まった二つの会だったかなと。
続けて拝聴してみて、作り手、売り手の会と、買い手、使い手の会は
やっぱり違うみたい?と正直に思った!
でもそれはサッカーの試合ならフィールド上と観客席のような違いで、全体として同じ
サッカーをプレイして、一つのものに関わっているのは同じなのかなあとも思ったり。
私も新之助上布に関わるまでは、「ギョウカイ」ってやつはいわば別世界で、シロウトには
手の出しようのない怪物みたいなもので(笑)とか思っていたし、新之助上布のショップ始める、
って時には、「ああそっち側に行ってしまうのか」的なコメントを頂いた事もあったなあ。

でも同じ着物に関わるのに、どちらかが不在とか、対立している、という構図に
なっちゃうのはどこかもったいないなって思ったんだ〜


作り手・売り手側に着る人の目線が欠けているとしたら、着る人・買う人の方にも、
作り手・売り手の現状への理解が欠けている、と言えなくもないかもしれない。
若手経営者の会の着物着用率が半分以下だったのを見た時は、おぉ、やっぱり
そうなんだ、もったいなーい!と言う気持ちにはなったけど、反面この人たちにも
こういったシーンで着られるしかるべき着物が与えられて無いのかもしれないな、とも
思ったり。現状の着物市場で流通している着物のほとんどが礼装・趣味もので、
さらに消費者から要望されているのは普段着で…であるとしたら、
お店にあるのはドレスか、デザインフルなスーツか、ジーンズってことじゃない?
レンホーやジョブスのような格好で皆が皆、ビジネスシーンに出ていけるかったら、
(そういう人いるし、いていいけど)全員は微妙かも…
比較的安価でシンプルだけど清潔感のある、「スーツな着物」があったら良いのにね!


img1a7a631bzik3zj.jpg

そして観客席の末席から現場に降りてみたワタクシめが、フィールドの隅っこから
垣間見たゲームの実際は、正直、老朽化と低利益により疲弊したプレイヤーと
あちこち痛みまくってる施設であったという事実…

作り手・売り手が売りたい商品を売りたいやり方で買ってくれる買い手は居なくなりつつ
あると思うけれど、一方で買い手・使い手が欲しい商品を欲しい価格や種類で提供できる
供給元もまた、居なくなろうとしているように見えるんだよね…。
確かに「高いから買えません」は正しい。古い時代の着物の方が高い技術と商品
バリエーションを持っている、という場合も確かに多い。
けれど海外での安価な人件費や資材を使っての大量生産、そして大量消費による
商品のバリエーション、安価な価格に慣れてしまう事で、思わず同じ物差しで
着物を測ろうとしていないだろうか、とか。
絶対的な市場規模の減少、そして同じ和装や、また和装以外の安価な商品と戦うための
単価の低下が与えるダメージって、もんのすごく大きいと思うよ…


どうしたら歩み寄れるのかな。どうしたら消えつつある技術や設備や人材を、
最大限残し活かして「欲しいもの」を作り続けていくことができるのかな?
そう考えてもこれ!といった答えが出なくてうーんと頭をひねってしまうのだけど…
問題は、悪の最終ボスを倒せば解決、みたいな単純なものじゃないんだよね。


その中で「関わり合う事」というのはとても良いヒントのように思えるのよね。

まずは自分が実際着物を着て楽しみながら、”こんな着物なら欲しいな!”を
新之助上布という形で作って、提案していく事で、何か見えて来るかなあっと
思ってみたり…ちっちゃいことから、こつこつと〜〜!



そして最近買った本がこちら。「伝統を知り、今様に着る着物の辞典」
大久保信子さんのスタンス、好きだな〜

posted by 湖藤 at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 良くなれキモノッ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック