2012年10月25日

自宅でお手入れ 重曹と漂白剤で着物の染み抜き

洋服も着物も、順次衣替えキャンペーン中(しかしいつもやや遅れ気味)の我が家でございます。

服の入れ替えしてたら、春夏に染み付けた子供服&染み付き秋冬用の着物ハッケーン!
(見てみぬふりをしていたともいう)何度か洗ったんだけど、いつものお洗濯じゃ取れなかったんだよね…
そんな訳で着物も洋服も自宅でお手入れ!染み抜き大会を開催なり〜

洗濯しても、漂白剤使っても取れぬ!という染みに最後に使ってみるのが、これ。
DSC_0012.JPG
何年か前にテレビで見た、酸素系漂白剤に重曹を入れた染み抜き剤。
久しぶりに作るので配合を確かめるのにネットでぐぐったら、カリスマクリーナーと呼ばれているらしい…
テレビで見たときは1:1だったような気がしたんだけど、ネット情報ではその後重曹1:漂白剤2が
一番効果が高いとか書いてあったので、そんな感じで作ってみた。
作るっても、、漂白剤に重曹入れて、スプーンでぐるぐる混ぜるだけですわ〜
詳しくはこのブログに載ってたよっhttp://makotoecocoro.blog57.fc2.com/blog-entry-417.html

DSC_0010.JPG
間違って塩素系の漂白剤で作ると毒ガスが出るらしいのでお気を付けを〜〜!!
我が家の漂白剤は酸素系のワ☆ドハイターなので大丈夫なのでありました。

DSC_0009.JPG
今まではTシャツとかシャツとかにしか使ったこと無かったけど、今回は染み付き着物にも試してみることに!
洋服地のプレタ着物、いつの間にやら襟元と袖にどーんと茶色い染みができていたのよね…
多分姫様抱っこしたときに着物で口を拭かれたのだな(汗)あなおそろしやお子様。

DSC_0013.JPG
歯ブラシでぽてぽてとクリーナーを乗せ、軽くとんとん。(本当は脱脂綿を巻きつけた割り箸でやるらしい)
スチームアイロンの蒸気で暖めるとパワーアップ!らしいのだが、横着して軽くドライヤーであたため(汗)

DSC_0014.JPG
その後数分放置して、洗い流し。丈夫な生地なので、洗濯板でがっしがっし☆

洋服地の木綿着物なので洗濯ネットに入れて、他の洗濯物と一緒にお洗濯。
さて結果はどうか、どきどき…
洗濯後.jpg
染み、取れてた〜!

干して乾いたのを見たけれど、どこに染みがあったのか判らなかったくらい!やった〜
早速意味も無く工場へ着てったらお客さんが来て、反物が見たいとのことだったので
このままもりもりダンボール運んで商品出しをやりましたわん(笑)

一緒に風香のきもので買った化繊着物も、(これは下前の端っこで試してから)同じようにやってみたけど、
こちらもきれいに取れた☆どちらも目立つところに染みが付いてたのでもうお出かけに
着れないかな〜と思ってたけど、きれいになって良かった♪また着られるな〜〜
これからベビ様にまた染み付けられると思うけど、これで落とせるなら、お汚しも怖くなくなりますなっ!


ちなみにカリスマクリーナーが使えるのは綿、ポリエステル、ナイロンで、シルクやウールは不可だそう。
重曹のアルカリ性を上げて漂白力を高めるとの事なので、衣類の繊維や染めにある程度の強度が要求されると
思われまする。(今回の木綿&化繊プレタはこれまでにもガンガン洗濯してて大丈夫そうだったので
結構大胆にやっちゃいましたがっ)
絹やウールの着物はもちろん無理だろうけど、木綿や化繊でも昔のものは心配だなーという気がしまする…。
あと現代ものでも着物地は、洋服並みに洗濯することが想定されていない面もあるためか、
ものによると生地や染めが洋服ほど丈夫じゃない場合もあるっぽい。
もしお手元の着物で試してみられる際には、目立たないとこで試してみるなど、十分ご注意あれ〜〜

そして心配な着物は、プロに相談でありまするぞっ!自宅で中途半端に手を加えると、えらいことに
なる場合もあるから、気をつけてねっと実家に来てた呉服屋のおっちゃんがいつも言ってたわ…
ベンジンも使い間違えると怖いよ!と言われてたので、わたくし実はベンジンで襟を拭いたこともない(汗)
めったに着られない絹のええ着物はさっさと洗いに出す代わりに、普段着る着物はガンガン自宅で洗える
素材を選んで、家庭でお手入れしているのでありまする〜〜



ま、汚さなければ、染み抜く必要もないわけでありまするな…。
私もベビ様のお汚し警戒用に伊勢木綿の引っ張りを出してこなくては〜


実はこの本、ブログ紹介コーナーにちょっぴり「ちくちくきもの」が載っているのであった…
サイズ直しや小物などの作り方など、ちくちく系のお手入れがたくさん載っている本なのだ。
見返してみたら、割烹着の作り方も載っているのか〜

posted by 湖藤 at 11:52| Comment(7) | きものと暮らす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これ、役に立つわあ。プリントして取っておこう。
Posted by うんちく at 2012年10月25日 20:11
おはようございます。
ウールと絹は×なんですか。残念〜。
ヤフオクでの安価なもののシミを何とかしたいところなんですけどね。
いい情報をありがとうさんです。
Posted by ひばんちゃん at 2012年10月26日 06:43
>うんちくさん

お役に立ちますと幸いです〜!


>ひばんちゃんさん
私もウールは冬の普段着に大活躍なので、クリーナー使えないのは残念です…
汚れないように防御しなくっちゃ!
Posted by 湖藤 at 2012年10月30日 22:49
すごいです!!こんな技があるなんて。
普段着もそうだけど、クロスやら、夫のワイシャツやら、
いろいろ活躍できそうてす。
ありがとう~♪です。
Posted by oishippo at 2012年11月06日 14:35
>oishippoさん
重曹も酸素系漂白剤も別に特別なものではないのに、合わさるとパワーアップ!というのが
すごいですよね〜。お役に立ちますように!
Posted by 湖藤 at 2012年11月10日 23:29
重曹のPHは7とほぼ中性に近いアルカリなので酸素系漂白剤と混ぜてもアルカリ性は上がりませんよ。騙されないようになさって下さいね。
Posted by 三島正義 at 2018年02月17日 09:38

>三島正義さん
そうなのですか!参考にさせていただきます。
Posted by 湖藤 at 2018年03月12日 13:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。