2013年04月15日

ゆっくりていねい、と効率のバランス

「ちくちくきもの」もいちお着物ブログでありますので、
着物の似合うところにお出かけして、おされにこーでねーとされた着物姿で写真を撮ったり…
したいな〜と思ってはいるものの。

DSC_0202.JPG
どうも、こういう感じ多めのような?

着物でハンバーガーとか、普通に食べます。
マクドナルドが特別美味しいとも思えないのだけど(味だったらサブウェイが好きだー)
姉姫様がすっかりハッピーセットの魔の手にかかっているので、最近マクド率そこそこ高め…(汗)
そうそう、ユニクロのチラシもしげしげ見るし、お休みの日に郊外のショッピングセンターに
行くのもそこそこ好き。あ、スターバックスでコーヒー飲むのも好きだなあ。
大手のチェーン店って、安いし、お店は色んな人に使いやすいように工夫されていて、
商品や接客はずば抜けてなくても好感が持てるくらいに品質が安定してて。効率的なんだなあ、と思うなあ。
ものすごーく満たされることは少なくても、行けば確実に投資に見合った満足が得られる、
みたいな…安心感なのかしらん?

うちみたいな地方都市の郊外には、大手のショッピングモールがあちこちに出店していて、
国道沿いには決まって同じチェーン店が並んでて。年々「大きくて効率的なもの」が、
幅を広げていくみたい。結構そういったチェーン的なアレやコレ、好きではあるんだけど、あるんだけど。
でも毎日1990円の服を着て、ハンバーガー食べて、週末はショッピングモールで遊ぶ…
それだけ、じゃあ何だかつまらないなあとも、思うんだ。


だから着物を着たり、時間をかけてあか抜けないお菓子を作ったり、多分買ってきた方が安いかも?な
ものをちくちく縫ったりすることに、喜びを感じるのかも、ね。
DSC_0218.JPG
先日オーガニックのレモンを頂いたので、レモンピールとはちみつレモンを仕込んでみた。
あまずっぱい♪

衣・食・住すべてをスローにできたら…素晴らしいことだけど、みんながみんなは、難しいかもしれない。
だから一点集中、じゃないけれど、限られた時間と労力とお金とを、自分のここ!というところで投資する。
そうして、効率を追い求めた商品だけじゃ得られない満足感を、得ていくのかもしれないなあっと。

DSC_0133.JPG
地元のカフェで、ゆっくりするのも、大!好きっ。

着物それ自体も、今かかわっている新之助上布という仕事も、それはもう小さくて非効率なもの。
でもそういったものも、それゆえの魅力があって…出来れば無くなってほしくないな、と思うんだ。
非効率なものを残そうとしながら、効率的なものの恩恵を役立てているというのも、
何だか皮肉だなあとも思うんだけど…大きなもの、効率的なものへいろんなものが集約されていく中で、
効率の隙間で、一つの選択肢として。何とか一つでも多く、残ってほしいなあと思っているのでありまする。




ネットだと何でも売っているのだなあ〜
近所で買えるオレンジやレモンはほとんど輸入物で、やっぱり皮を食べるのはちょっと…なので、
頂いたオーガニックレモンは皮が楽しみで♪レモンピールでケーキ焼こうかな〜


最近NHKでベニシアさんの番組やってるので、見てはうわあ、素敵…と思いつつ。
実際はファストとスローの狭間をフラフラしながらの生活なのですです。
posted by 湖藤 at 13:45| Comment(2) | あれこれつれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しておりますm(_ _)m

私もユニクロ好きです。てか、洋服着るととたんに「ユニクロな人」だったりして(汗)
でも効率化されたものって「均一」だったりして、その安心感はありつつも、そこにちょっと「手作り」(私の場合「ていねい」とは言えないf^_^;)の味付けを加えてみたくなったりするんですかね?
昔、なんでもすべて「ていねいな手作り」だった頃は、庶民にはそんなにいろいろなものを楽しんだりできなかったと思うんです。効率化されて均一な品物になったからこそ、それらは庶民にも手が届くものになった。
残念だけど、「手間暇かけてていねいに作られたもの」は伝統工芸品となり、必需品ではなくて嗜好品になりました。消えていくのは惜しまれるけど、淘汰されるのも仕方ない気がします。
Posted by 露草 at 2013年04月15日 21:27
>露草さん

手仕事はこれからどんどん、無くなっていくと思います…現場でひしひしと感じています。
でも本当に、毎日洗いたてのまっさらな服を着られるのも、どれだけヘビーに洗って服が
くたびれてもすぐに買い替えがきく程度の価格の服がたくさん流通している、効率化のたまもので。
衣服だけじゃなく、衣食住全てで効率化の大きな恩恵を受けているのだなあと日々思いますです。

でも全てが効率化されて均一化するのはつまらないから、手仕事への憧れみたいな感覚を、
持つのではないかなあなどと。この先非効率なもののサバイバルゲームになるのでしょうが
その中で時代に合わせて発信力のあるものが、残っていくのではないかなあ…な、予感です。
Posted by 湖藤 at 2013年04月15日 22:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。