2013年06月04日

滋賀・大津で新之助上布展のお店番

あららもう6月!
呉服の日の記事が先になっちゃったので、もう一週間以上経っちゃったのだけど遅まきながら。
滋賀・大津で関西初めての新之助上布展をひらきまして、そのお店番だったんでした。

RIMG1926.JPG
お借りしたのは大津の「ながらの座・座」(HP)さん。
300年以上の歴史がある、元はお寺の庫裡だったという建物と庭園のある場所で、
いつもは音楽イベントなどを主催されてるのだけど、地元滋賀のものを紹介するということなら…
ということでお貸し頂けたのでした。ありがたや…!

障子を取り外してお庭も楽しみながらのディスプレイ。
RIMG1930.JPG
そよそよと風が吹き抜ける、とっても気持ちのいいお天気になって良かった♪

新聞さんにも載せて頂いたので、近江上布を初めて見る、という地元滋賀の方が来て下さったり、
新之助上布を関西で見られる機会を待ってました!と京都大阪あたりからお越しくださる方も(涙)
はるばる姫路から、おつうさんも来て下さったのにご一緒の写真撮り忘れちゃったのが心残り…!

新之助上布のウェブショップをはじめてからもう3年かな?になるけれど、ネットはどこからでも・
いつでも見られる、という利点はありつつ、やっぱり(反物は特に)手に取って、体に当てて見られる
というのは写真や文字をはるかに超えて伝わるものだなあと思っているので…HPにウェブショップ、
ソーシャルサービスでの情報発信、そしてイベントへの参加やお店さんでのお取扱い、
そんなオンラインとオフラインが、両方響き合っていくといいなあと思いちゅう。
ちっさいちっさい機屋なので、あまり大それたことはできませぬがっ


で、ちょっとフライングかな?と思いつつ、麻着物解禁。
RIMG1944.JPG
チェックの着物に縞柄の帯という柄on柄の組み合わせが珍しくうまくいった(気がする)

5月も末になると日によると気温的には本麻で快適なくらい暑かったりするのだけど(実際この3日間は
最高気温30度近くになり、本麻でも汗ばむくらいだった)、あんまり早くから着ちゃうと着心地
軽〜くて麻しか着たくなくなっちゃうので、いつもは6月入ってからにしておりますよ…
土曜日は以前に仕立てた本麻生地のシャツをやっと初おろしで♪これも軽かった〜〜

お姫様達は会期3日間+準備1日おばあちゃんちで。かろうじて風呂入れ&寝かしつけは
間に合ったけれど、普段ひとに預けることってほとんどないので、一番頑張ったのはお子様たちだったかも。
おかあちゃんは、お子様居ないとこんなに着物が着崩れないものかと感激しちゃったけどね
(以前に出張した時にも思ったなあ)


近江上布に出会って、新之助上布に関わるようになって。これで残っていけそう!という答えは
まだまだ見つからないけれど…(汗)一つでも多くの手仕事が、何とか残っていくといいな。
ともあれ何とか無事に務め上げられたのも皆様のおかげ、感謝なのですわ!これからも頑張らねばっ




去年の夏の終わりにこれの大きいサイズを買ってあったの、やっと使ってみたよ〜
足袋のうえから足袋カバーとして使ったのだけど、確かに薄くて一枚で履いたら涼しそうな予感。
でも靴下ぽい作りだから、手持ちの下駄ではちょっとすべる感じ。

posted by 湖藤 at 17:45| Comment(0) | 新之助上布とお仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。