2015年07月04日

ミシンで縫う子供の着物 ちくちく編5 脇縫い・裾まわり・袖付け

そ、そろそろ終わりたい(記事にするの時間かかり過ぎて忘れてきた…汗)
ミシンを使った子供の着物の縫い方シリーズです。目次はこちらだよ!

衿がついて峠を越した感のある今回は、脇と裾まわり、袖。
これでひとまずは着物の形になりまする、ちゃちゃっと縫っちゃいませう…!
脇縫いと裾まわり(あと袖も)は衿付けの前にやっちゃっても大丈夫だけど、
脇を縫い合わせる前の方が生地を動かしやすいので衿付けが楽かなーと。
袖は脇縫ってからじゃないと付けられないよ〜

脇縫い線.jpg
そんなわけで脇縫いはここ(青線部分)。
絵は前身ごろだけだけど、後ろ身頃と前身頃の脇部分を合わせて縫いまする。
背縫いの時と同じく生地を合わせてまっすぐ縫うだけだけど、袖付けと身八ツ口の分は縫い残してね!
縫えたら最初にジグザグミシンで処理済(のはず)な縫い代はアイロンで割っておくとキレイ。

脇が縫えたら裾を三つ折りでぐるっと一周縫います。
20150704_094209.jpg

20150704_094227.jpg
裾まわりの角(つまさき)は今回はこんな感じで簡単にしちゃったけど、
三角に折りこんだり額縁仕上げにするともっときれいだと思う…

袖付けます!
20150401_075738.jpg
身頃のここの部分に袖を付けるよ〜
袖と身頃を中表に合わせて(身頃の中に表向きにした袖をすっぽり入れて縫う感じ)
袖付け線を縫いまする。青線がうっかり輪っかみたいになってるけど、ほんとの縫い線は直線…(汗)

20150401_153347.jpg
縫えたら袖を引き出すと、こんな感じ。身八ツ口と袖の振りがこんな感じで開いているので…
開いている部分(青線部分)の縫い代を、倒してミシンで押さえます。

20150401_153726.jpg
袖と身頃、脇縫いの角はほつれて来やすいので、返し縫いして補強しておくと良いですなっ

20150401_155148.jpg
両袖がついて…着物の形になった〜!!

以下7/12追記:
20150501_203344.jpg
そうそう、最初に縫った付け紐、お忘れなく付けておきませう〜
腰揚げしてからだと、ちょっと縫いつけにくくなるからね…
(わたくし肩上げ&腰上げしてから思い出して後から無理やり付けたのはひみつ)

20150501_203324.jpg
場所的にはこんな感じ(写真は肩上げ&腰揚げ完了後)
身八ツ口を通して結ぶので、大体そんなあたり(目分量)


大人の着物ならここで完成♪なんだけど、子供の着物はここから肩揚げ・腰揚げが…
あと!あと一息〜!



袖だけ目立つ画像と思ったら変え袖の長じゅばんに…
お袖って片方だけつけてほっておくのは縁起が悪いらしいので、縫う時は一気に両袖を〜

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

綿レース 袖口 -1- レース袖口 替え袖 両袖分 綿100%
価格:626円(税込、送料別) (2018/10/19時点)


袖で検索したら袖口用のレース布が!筒袖の半襦袢にレースついてるとカワイイ度が段違い…!
posted by 湖藤 at 12:20| Comment(0) | 洋裁ミシンで縫うきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。