2015年11月02日

ひと手間加えて 新之助上布の反物でへこ帯を手作り

サローネのために(?)へこ帯作ったのでちくちく記事にしておきますぞ…

芯を入れずに生地幅のままをくしゅくしゅっと結ぶ、兵児帯。半幅帯よりももう少し、カジュアルな雰囲気かな。最近は大人用でも浴衣向けを中心にたくさん出回っているけれど、素材を選べば麻に綿麻、木綿やウールの普段着物と相性良し。洗える素材ならお手入れも簡単だし、普段着に気楽で使いやすいのよね♪

RIMG0449.jpg
新之助上布の綿麻生地も、薄くて程よくハリがあるところが兵児帯に向いているので、反物幅そのままに、兵児帯に使える長さにカット布にして販売しているのであります。手を加えずそのまま使っちゃうのもアリではあるのだけれど、せっかくなので今回はガッツリ!ひと手間ふた手間?加えて兵児帯に仕立ててしまいませう〜

それでは作り方?というほどでもないかんたんソーイングだけどご紹介。
生地耳縫ったりするのも入れて所要時間1〜2時間くらいかな。フリンジ作るだけならミシンで縫ったりもしないし、たぶん1時間以内でできると思う…そんなに難度は高くない…はずっ

今回の生地は新之助上布の綿麻へこ帯キット。反物幅40cm×長さ4,2mの生地でございます。
大体幅30cmちょい〜40cmくらい、長さ3,5m〜4,5mくらいの大きさがあればよいかと。
20151005_175234.jpg
まずはフリンジづくり。これをやるだけでもずいぶん表情が変わるよっ

生地端の糸をほどいて、タテ糸のみを残します。後で結んでタッセルみたいなフリンジにするのならお好みで6〜10cmくらいがおすすめかな。
ガーゼのような目の粗い生地だと分からないけど、この綿麻生地に関しては結構密に織ってあるので洗濯でもりもり解けてくるような心配は低め。なので1cmくらい短く抜くだけにして、ふさふさのまま使うという手もあるかも。
今回は長めのフリンジを作るので6〜8cmくらい抜きました。仕上げで結んだりすると少し短くなっちゃうので、その分を見越してやや長めにヨコ糸をほどいておくのがミソ!

目打ちやピンセットのような先のとがったものでひっかけると結構スルスル解けてくれるので楽ちん♪ヨコ糸が切れたり残ったりしちゃうことがあっても、周りの糸が抜ければ切れた糸も自然と取れるので気にせずガンガン解いてよいと思う…

お次、生地耳を三つ折り始末します。
20151005_175316.jpg
この生地は耳にほつれ止めの糸が入っているのでそのままでも使えなくは無い…んだけど、黒い生地なので耳の糸が目立っちゃう&始末するほうが見た目良くより丈夫になると思うので今回は縫いまっす。
広幅の洋服地で作る人はこの工程は必須だろうと思うけど、小幅の反物によっては要らないかも。始末は必要ない、という方はささっとフリンジを結びに行っちゃってくだされ(汗)

では縫い縫い。
20151005_175346.jpg
5mm幅くらいの三つ折りにして、ミシンでダーッと押さえていくだけ。
生地の長さ4mちょいある×両側のため、ひたすら長い距離をミシンがけするのがちょい疲れるけど…

20151005_180757.jpg
片方終わった♪やっぱり縫って始末すると良い感じ(自己満足)

20151005_175517.jpg
ついでに二つ折りしたタグを挟んで一緒に縫っちゃう。

そしてフリンジに戻ります。
20151005_193049.jpg
タテ糸の束をひと結びするだけなので簡単。8mm〜1cmくらいの幅で結んでます。コツは結ぶ糸の量(幅?)を一定にすること!フリンジがそろってきれいな仕上がりになるのですわん。
長めに横糸をほどいて三つ編みにして仕上げたり工夫すればちょっと凝った感じのフリンジもつくれそう♪

20151005_204232.jpg
今回はさらに家にあったメタルビーズをちくちく縫ってワンポイントに。

20151005_204926.jpg
出来上がり〜


結ぶとこんな感じ。
FB_IMG_1445145170355.jpg
三重仮紐使って結ぶお花みたいな結び方、結んでみたい方はこちらの記事でどうぞっ
普通に半幅帯でよくある文庫結びにしても柔らかい雰囲気でいいと思うし、ちょうちょ結びにして尻尾を上から引き抜いてかけるリボン返しも簡単で良いよね。

20151008_122337.jpg
反物幅40cmくらいあるので、前帯のところは二つ折りのまま結ぶとかなり幅が広くなるのだけど、↑の写真のようにフラットに折りこんで結べば半幅帯のような表情にもなるし、くしゅくしゅっとギャザーを寄せるように縮めると、いかにもへこ帯!なカジュアルな雰囲気に。その日の気分やお好みでどうぞっ。

新之助上布の生地以外でも、小幅の反物や広幅の洋服地を使って縫っても良いかもね。生地にある程度ハリがある方が結んだときにふわんとボリュームが出て形よく仕上がるように思うので、くたくたや柔らかすぎる生地を避ければ上手くいくのではないかしら?
※広幅の洋服地から縫うのならこの記事も参考になるかも(適当半幅帯の作り方)
簡単に作れて結べるへこ帯で、着物がもっと気軽に楽しくなれば嬉しいなっ!




こんな感じのくしゅふわの化繊系兵児帯は、浴衣向けな雰囲気かなあ。


大人向けの普段着に合わせる兵児帯ってこんな感じか、ちょっとカッコいい雰囲気…
シルックのへこ帯なら小紋とかちょっと良い雰囲気の着物にも合う素材感なのかな?
posted by 湖藤 at 21:47| Comment(0) | 手作りきものまわり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。