2016年02月02日

ミシンと簡単和裁で縫うリネン着物 しるし付け準備編2 きせとは何ぞや&きせのかけ方

ミシンと基本的な和裁でリネンの単衣着物を縫っていきます。目次はこちら

ちくちく縫う準備編としての2回目、「きせ」について書いておくよっ
「きせ」は和裁には欠かせない縫い目の処理(?)。和裁本を見るとやたらきせしろをとる、
きせをかける、○○mmのきせ…と出てくる。
わたくし初めて着物を縫ってみたいな!と思ったときはほんとに家庭科(和裁要素無し)程度の
お裁縫知識だったので「きせ」って何か知らず、和裁本を見ても外国語の本のように思えたものだったよ…(遠い目)

一体きせって何者なのか、何のためにあるのか、そしてどうやってきせをかけるのか!
私が自分で縫ったり着たりいるうちにこういうことかなー?と思った素人感たっぷりな説明ではありますが(汗)
次回以降きせきせと連発することになりそうなので、きせに親しみを持ってもらえるとこれ幸いっ


まずはきせとは!何なのか!
のイメージ図をどうぞっ。
imagekise.png
上がミシンで縫い合わせた時の生地の断面イメージ。
二枚の生地を強い力で縫い合わせて、縫い目は開いてしまうのでフラットになるよ。

そして下が「きせ」をかけた縫い目のイメージ。薄いピンク色で塗った部分、縫い合わせた2枚の布の
片側が反対側の布にかぶせるように少し折ってある…これが「きせ」…で良いはず(汗)
洋裁でいうところの、折り伏せ縫い(ジーンズやパンツ類の内股によくある縫い目)なんかに近い形かな?
織り伏せ縫いは2本の縫い目で縫い代もしっかり固定してしまう一方で、きせにはゆるみがあるのが違うかと。

何度も解いて縫い直すことが前提の和裁の縫い目は、直線縫いも手縫いが基本。(今回の洋服地きものには
ミシンを使いますが…)なので縫い目も解きやすく生地にダメージが残りにくなっているのだけど、
ゆるい縫い目を図の上のようににフラットに開いてしまうとたちまち滑脱(縫い目ぱっくり)してしまう(涙)
そこで伸び縮みする折り目によって生地にかかる力を吸収し、縫い目を保護するクッションになる…のが
「きせ」の役割なのだと思うよっ

imagekuke.png
さらに縫い代を織り込んで、くけて処理してあるのが和裁の縫い目。
こうして複数の縫い目と生地のゆるみによって生地にかかる力を吸収しつつ、生地に負担をかけないことで
着物は解いて縫い直して繰り返し使えるようになっててるんじゃないかしら…


そんな賢い働きをしていた「きせ」のかけ方はこちら!

2枚の生地を縫い合わせたところからスタート。
rh-18kise1.jpg
ピンク色で縫った線が縫い目。縫い目の上がいわゆる縫い代(?)部分。あとでくけて処理します。

rh-18kise2.jpg
縫い代を手前に倒すのだけど、この時縫い目とその上に数ミリ生地が見えるように余分に倒すのがポイント!
大体2ミリくらいにするのが普通だと思う…けど、縫い目が歪んでいたりするときはその歪みを吸収するように
折る幅を調整してあげると、仕上がりが美しくなって嬉しい(笑)

rh-18kise3.jpg
折ったところをコテやアイロンでくせ付け。素材によってはなかなか折れないものもある(ポリとか)
らしい…今回は麻なのでキレイに折り目が付いてくれます。

rh-18kise4.jpg
生地を開けば…きせの出来上がり〜♪

こんな風にきせは折ってあるだけなので、素材の特性や着用によって取れてきてしまうことも。
特にお尻の縫い目は開きやすいので、気をつけてみてみてね。生地自体に折り目を維持する力も
なくなってきちゃうと癖も付いてくれなくなると思うけど…私は手縫いの着物は縫い目長持ちして欲しいので、
お洗濯の時やアイロン掛ける時にきせが伸びていたら出来るだけ折り癖付け直してあげるようにしておりまする。
今回の方法のように洋服地を直線ミシン縫いしたような着物の場合は、ミシンに耐えうる生地を使って
がっつり縫い合わせているので縫い目が開く心配はなかろうと、あまり気にしてなかったり(笑)

さて、次回からはいよいよちくちく本編へ!しるし付けをしていきますぞっ!




縫い目にかかる力に生地が負けて縫い目が開いてきてしまう…こんな現象を「滑脱(かつだつ)」っていうよ。
ひどくなると縫い糸が通っている穴から生地が裂けてしまうようなこともあって、こうなるとリカバー困難!
極薄な生地や織り目がざっくりしている生地は滑脱が起こりやすいので、ガーゼのお洋服なんかは縫い目が
折り伏せ縫いになっていたり。こんなテープを使ったりもするのね…


和裁のコテならアイロンよりも小回りが利いてきせかけるの楽そうだな…!!
と思いつつ、指あっつ!と火傷しかけながらアイロン使ってますが(汗)
パッチワーク用のコテも先が小さくて細かく作業できそうだなー
posted by 湖藤 at 17:00| Comment(0) | オカン和裁で縫うきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。