2019年03月21日

伊勢木綿ファンミーティングに行ったよその2 臼井織布さんの見学

伊勢木綿着て伊勢木綿のメーカーさんを見学に行ったの巻です。

ワンマン一両編成の伊勢鉄道を降りて駅からてくてく歩くこと10分ちょっと?
ついに伊勢木綿を生産する臼井織布さんへ到着!
ファンミーティングは現地集合ということで、既にほかの参加者さんたちの姿も。

P_20190316_124134_vHDR_On.jpg
おお、とても風情のある…!!

P_20190316_124122_vHDR_On.jpg
昔ながらの商家?みたいな感じの建物なのかしら。
工場はこの建物の奥に広ーく広がってました。

織機がずらーと並ぶ織り場。
P_20190316_130644_vHDR_On.jpg
織機は止めた状態(シャトル織機は杼が飛び出すと危ないもんね)だったけど、
社長さんや息子さん?たちが詳しく・じっくり解説してくださってなるほどー!な見学でした。

かせ繰り、整経、製織に仕上げ加工まで織りのかなりの部分を自社内で手掛けておられるようですごかったなー
私も機屋で働いているから似ているな、と思う部分もあったけど、やっぱり違うところもたくさんあって、
本当にそれぞれの機場から生まれてくる生地がみな違うのは、それが現場の最適解だからなんだなーと。

もう作られていない織機のメンテナンスや部品や原糸の調達が難しかったり、やはりどこのメーカーも
同じような難しい問題を抱えているんだ…と思いつつ、現場の職人さんたちはみなさん努力を積み重ねているし、
着物を着たい人が色々な商品を手に取れるように、着物の商品の多様性が少しでもたくさん保たれますように…!と
願わざるを得なかったんでした。私も自分の立ち位置で精いっぱい頑張ろう。。

P_20190316_145241_vHDR_On.jpg
工場の見学後は街歩き。とっても大きな専修寺さんまで歩いて、お参りしてきましたっ。
途中通った商店街も昔々は伊勢参りの街道だったようで、お饅頭屋さんがたくさんあって魅力的だった…

結局工場の中では一堂に集まれる広さが無くてそれぞれ動き回りつつ&街歩きも2班に分かれたので
全員が集合!という瞬間は無かったように思うんだけど、数十人もの参加者さんたちの思い思いの伊勢木綿姿、
とっても眼福だった!しかも着てらっしゃった着物の柄がみんなバラバラだったのも面白かったな。
たくさんの柄が出ている伊勢木綿ならでは、かもっ

私もいつか新之助上布着てる人まとめて100人くらい見てみたいわ〜と思いつつ名古屋へ。
今度は近鉄使って帰りました。行きも帰りも駅について10分くらいで電車来たけど、ほんとは
どっちの路線も1時間に1本しかダイヤ無いらしい…奇跡…?

さて晩ごはん。
P_20190316_172447_vHDR_On.jpg
味噌カツ食べました。うっふふ。名物のわらじとんかつは普通のとんかつの倍くらい?のビックサイズ。
さらっとしたミソだれで思ったよりも濃くは無いんだけど、下の妹姫ちゃんと分け合ってちょうどよかったよ。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「名古屋名物」みそかつ 矢場とん みそだれ 1箱(50g×4袋)
価格:540円(税込、送料別) (2019/3/19時点)


カツだけ調達すれば、家でも矢場とんの味噌カツが…!?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナカモ つけてみそかけてみそ 400g
価格:297円(税込、送料別) (2019/3/19時点)


みそだれといえばこれか。結構どろっと濃い系かと。
何気に滋賀の北の方は中京文化圏に近いので、実は近所のスーパーでも売っている…(苦笑)
posted by 湖藤 at 19:00| Comment(0) | きものと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。