2013年03月08日

ウサギと、カメ

3月になって暖かいのはありがたいけれど、最後の難関花粉症と闘い中なのです…

ベビ様が生まれてはや8か月、持ち時間の24時間をまさに、フルに!お仕事と家事育児に
つぎ込んでいるものの、進まない仕事(もともと、処理能力低めだし…汗)
どんどん色んな動きが起こりつつあるようなのに、全然周りに付いていけてない〜な、
自分の動けなさっぷりに焦りつつ、しかしお子様は一番かわいいので仕様がない…!

DSC_0164.JPG
でも焦って動こうとして、結果ぐったり?

社会と私もウサギとカメ、だけど(?)最近着物もウサギとカメみたいだな、と思ったり。
仕立て上がりの洋服がとっても安い価格で手に入るようになり、ファストなファッションが生まれて
すごい速さで流行が移り変わるようになり…洋服がウサギのように疾走していく一方で、
着物はカメみたいに甲羅の中に隠れて、守りに入ったここウン十年、だったのではないかなあ。
そのうちにウサギはぐるっと回ってきて今、周回遅れだったはずのものが逆に最先端になっている、というような。

守りに入っている間に年を取りすぎたカメには、これ最後のチャンスかもしれない。
でも今までと全く同じじゃ、ああ周回遅れだったんだねで終わってしまうんじゃないかなあ。
着物ver.1.0じゃなく、もちろん1.3くらいでもなく。がらっとバージョンアップした、着物ver.2.0に、
ならなくちゃいけない、んじゃないかしら、と。
木綿やウールの着物も再び注目されているけれど…今多くの人に必要とされているのは家着や作業着としての
それではなくて、お出かけ着にも使えるような、キレイ目な素材感や色柄のような気がするよ。

そのキレイ目な木綿ウールをしても、木綿ウールは家着だから電車にも乗れない、なんて決めつけちゃうのは
周回遅れのナンセンスだなあという気がするよねん。そいえば浴衣も最近はかなり夏きもの化してるよね…

供給側も、もちろんユーザー側でも、どーんと意識が変わってしまうような大きな流れが起きつつあるのかなあ、
あまり根拠のない予感だけど…うちにも近江上布という布、があって。技とか伝統とかいうと格好いいけれど
実際のモノづくりの現場は疲弊し老朽化し待ったなしの状況で、ここで何か起こってくれないと
いろいろとフェードアウトして終わってしまいそうだし、他も同じじゃないかと思うんだ(汗)

DSC_0166.JPG
などと考えながら、カレー屋さんでのほほんしたり…(狙うベビ様)

今こそ、良くなれきもの〜〜!
新之助上布も、着物にーてんぜろに、なりたいなっ!



かれこれ小学校か中学校のころから、インドカレー好きですの。
昔は街に買い物にでも行かないとインドレストランなんてなかったけれど、最近はこんな超!地方都市郊外な
家の近くにもできてうれしい♪ネットでもインドカレーの通販あるけど、美味しいのかな…気になるわ…!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なないろ紬 春うらら 木綿反物【送料無料】
価格:12960円(税込、送料無料) (2018/10/18時点)


なないろ紬なんかも、ほんとキレイめ、お出かけ対応だよねん。
ずっと前に一反買ってるのだが自分で水通ししたまま、まだ眠っている…(汗)

posted by 湖藤 at 08:53| Comment(0) | 良くなれキモノッ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

呉服若手経営者の会にまた行ってきた

着物で工場行って労働や休みの日に着物で電気屋さん行ってパソコン物色したりはネタになりまへんな…
というわけで2週ぶりの「ちくちくきもの」ですこんにちはー

この週末は呉服若手経営者の会の第4回だったのでありました。
姫様とベビ様を実家に預けて拝聴してまいりましたのですよ、出産後7ヶ月にして初めての単独行動!

DSC_0160.JPG
スーツに紛れ込む、まっくろきもので…ッ

今まで3回は(そのうち、前回の3回目だけは出産直後で聞きにいけなかった)一般ユーザーの方も入場OK,
さらにあづまやきものてれびじょんさんのUST放送&録画(こちら!)もありだったんだけど、
今回からは業界関係者の人のみ、UST放送もなし、プログラムは公開されているけれど
(主催のk.d.cplanning石崎さんのブログから)基本は非公開とのこと、で。
まともにメモ取ってないから細かいところは思い出せないし(汗)ざくっと感じたことだけ、ここに書いてみようかなと…

DSC_0159.JPG
超珍しく、白半衿に、白足袋。

まずは学生さんの発表、私たちのことを理解してくださいって最後に真剣な顔で言っていたのが印象的だった。
私たちにはお金が無いのです、と。
それはもうまさに、業界関係者オンリーの会場の中、ユーザー側を代弁する叫びのような。

第2回でポンチョ十万円ていうのがあったけど…
でも私は作る現場の最前線に居るから、「じゅうまんえん」という意味も、何となく判る気がするの。
技術を尽くして、日本の国内で暮らしていくためのお給金をとコストを積んで作ったものが、
十万円(あるいはそれ以上)になってしまうような事は、とってもよくある。よくあるある。
悪質なケースだってあるだろうけれど、でもものすごーく正直に、ものすごーく頑張って作ったものが、
結果結構なお値段になってしまうような事は、だって日本に住む人が携わる、手仕事なんだもの…

「お金が無いから、買えません」
と、
「(正当な対価で)買ってもらえなければ、残っていけません」
と。

何年か前なら、業界vsユーザーな対立のように見えたかもなのだけれど、今の私にはちょっと違和感あるかなと…
それ、ほんとうに対立しているんだろうかなあ?
対立というよりも、あまりに標高の違うところからの、交わる事の無いすれ違いのような…。

人は順番にしか登れないし(登らない選択肢だってある)、中間の選択肢がもっともっと必要、というか
実際存在するんだよーということを、お知らせする事、作っていく事がきっと大事で。
だから「太物」があって(染織こだまのはすのやさんのお声がけがきっかけで、2月10日が太物の日
なったよ!)、インターネットでの情報発信があって、新之助上布や私といったものの役割は、
このすれ違いの中間を繋ぐ事なのかもしれないなあ、なんて思いながら、聞いていたのでありました。

DSC_0154.JPG
シルクウールのアンサンブル、の羽織(羽裏はちょっときゃわいい花柄♪)に、中はブラックデニム
だったけど、案の定、帰省中に食べこぼし付けられまくりでデニム着物にしておいてよかったよ…
お正月に気合で仕立てたピンクのレース柄半幅?帯、手作りのリボン帯留め、ラインストーン羽織紐。
帯周りだけは、ぢょしでした。


私は新之助上布という環境を与えてもらったから…この条件で、何が出来るか。
考えて、(あんまり機動性ないけど、汗)動かなくっちゃ!


posted by 湖藤 at 13:35| Comment(2) | 良くなれキモノッ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

着物で仕事始め

仕事始め着物で行きました〜

DSC_0123.JPG
っても良くある組み合わせ(汗)かろうじてめでたい感をかもし出す(つもり)紅白の帯締めッ…!

まあ、出産後は工場にもちょこちょこ着物で行ったりするので、”着物姿も3回見たら何も言われない法則”
に従い(あるのか)特段反応はなかったものの(笑)
今年も一年、ひたすら子供と、着物と、仕事に明け暮るんだろうなあ〜などと。わはっ


新之助上布に出会って4年かな?もうすぐウェブショップやりはじめてからももうすぐ3年か。
今年の新之助上布は…またまた新しい展開が待っていそうで楽しみでもあり、
(多分うちだけじゃないだろう)とどまるところを知らない現場の老朽化とものづくりの環境悪化には
もんのすごい危機感、というかなんかもう、諦観に近いもの?を見たりする部分もあり…
でももしかしたら、新しい大きなうねりも生まれてきつつあるのかなあ…?という匂いもあったりして。
ここに書けるほど、自分の中で言葉になっていないのだけど、そんな感じなのでありまする。

純粋に着物着るのって楽しいね♪でいれなくなっているんだなあ…と思いつつ(うむ、最初から
そんな姿勢ではなかったような…?)使う側でもありつつ、作る側のそばで一つの布を残していくために
じたばたするような、こんな向きあい方もありかな、うんうん、なんて思ったりね。

DSC_0104.JPG
まあ、日々はこんな感じで過ぎていくのですが…
横に布団敷いてベビ様を転がしつつ、生地を検品。


一人の人間がやれる事はちょっぴりだけど、今年も最大限じたばたするわっ…!



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トッププレケア えりそで用(250mL)【トップ】
価格:318円(税込、送料別) (2018/10/18時点)


全然関係ないけど、ワイシャツ洗濯するときの衿汚れ落とす洗剤が半衿や襦袢の衿袖汚れにも
効果覿面なのご存知でしたかー!洗濯機にポイの前にぬりぬりしとくと、めちゃきれいになるよっ
洗濯機でジャブジャブいける素材の着物や襦袢・半衿限定ですがっ


上履き洗うとか、黒い靴下とかはこれ。ウタマロ!足袋の裏にもどうぞ。
posted by 湖藤 at 13:47| Comment(0) | 良くなれキモノッ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

普段のキモノは季節の体感で衣替え

あれこないだまで夏かと思っていたら気づけばもう10月、袷の季節になっちゃった!
彦根も朝夕は寒いくらい…まだ頭が冬物になりまへんが(汗)着物も洋服も、衣替えの季節ですな〜

さあ衣替え、毎年初夏と初秋には、いつ何着る論争がネットのあちこちで起きているような気が。
5〜6月と9〜10月は袷(冬物)←→単(間もの)←→薄物(夏物)と、着るものが変わるのだが…
着物界(?)のメイン素材である絹の着物には、結構厳密な衣替えルールが存在しており、
これは着物ルール本とかには必ず載ってるし、ネットでぐぐればいっぱい出てくるので
皆様ご存知の通りかと思いまするが、この”ルール”が、実際の着用シーンにそぐわない場合が
多くて、論争になっちゃったりするんだよねん。9月1日から単、て言ったって9月も暑いよ!みたいなね。

私めはそんなシルクの着物さんを密かに「きぬもの」さんと呼ばわっておりますが…
きぬもの=きもの、ではないと思うので、絹ばっかりじゃない普段着のシーンの衣替えに、無理やり
きぬものルールを当てはめる必要はないよね、と思っておりますですよん。



真冬の防寒モード!

しかし既存のルールに従わない!としたら、今度は自分で決めなくちゃいけなくなるんでして…。
何月何日からはこの素材&この仕立ての着物!って決めちゃわなくてもいいと思う、
でも、あまりに季節感の違うものを着ているというのも野暮である。
ならいつ、何を着るのか?洋服は物心付いたときから着ているから判っても、着物はある程度着て
経験値がたまるまですいすいとは判らない。だから、悩んじゃうんだな〜

私も普段着物の着はじめから、きぬものルールに従う気は無かったけれど(普段に着られるきぬもの、
持ってないということも大いにあり(笑)毎年この季節の変わり目には、いつから夏物を出そう、
いつから秋冬物にしよう…と考えていた気がするなあ。
その判断って気温によるところが大きいんだけど、でもそれだけじゃないみたい。だって同じ最高気温
28度でも、7月の28度と、9月の28度はちょっと違う…
それに、純粋な気温以外に「ああ、季節が変わった!」と身体全体で感じる季節の体感みたいなものが
あって、それを感じてしまうとスイッチが入るというか、もう天気予報のお姉さんが何を言おうが(笑)
次の季節のものを着たくなっちゃう…なんてこともあるような気がするよ。

0409お花見コンボ6
お花見♪

毎年着るものを変えているときに、どんなことを感じているのかな?と思い出してみたら…
春は桜が咲いたら羽織もの脱いで、GWあけて空気がきらきらしてきたら単。
夏は日差しが痛くなったら麻出して、ミンミンとうるさく鳴き出したら浴衣出動で襦袢はお休み(笑)
秋は空が高くなったなあ…と思ったらまた単、キンモクセイのいい匂いがしたら袷だなー、で、
いよいよ冬、朝、顔を洗う水が冷たくなったら、上着引っ張り出す。
みたいな感じかな…?

きっと住んでいるところの気候や、その人の感覚によっても違うんだろうな。
身体の中の季節スイッチ、探してみてはいかがでしょう〜♪


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

舞妓さん練り香水 うさぎ饅頭
価格:750円(税込、送料別) (2018/10/17時点)


キンモクセイの香り大好き!なのでこの匂いをかぐと、秋だ〜〜♪という気分になるのよねん。
子供が生まれてから香水全然つけなくなったけど、キンモクセイの練り香水はちょっと欲しいかもっ
posted by 湖藤 at 13:45| Comment(2) | 良くなれキモノッ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

若手経営者の会・第2回へ

ま、また風邪ひいとりましたの…(汗)
もう昨年の秋あたりから、つわり→風邪→風邪→安静指示→風邪…と
体調崩しっぱなしな感じがするぞ〜大丈夫かわたし〜〜!!
薬も出してもらって用事は最小限にして寝たり起きたり、何とか快方に
向かってきた感じ…と思ったらもう初めに熱が出てから半月経ってました、とほほ。
妊婦は免疫力下がるっていうけど…恐るべし…


そんなこんなで行けるのか!?状態だったんだけど、行ってきちゃいました。
「呉服若手経営者の会」第二回☆ ブログはここ、当日UST中継された録画はこちらっ
もう半月近く風邪菌と泥試合やってて、そっから比べると数日前から結構良くなってきた!と思えて
出かけたんだけど、意外に治って無くて時間中に咳こんでしまい、申し訳なかったです(汗)

ぼこすか中の人に蹴られつつ(もう6カ月半ばなので、胎動もしっかりしてきた!)
お腹がつっかえるのでずっと座ってるの、ちょっとしんどかったけど…
きくちいまさんの講演、学生さんの発表、ディスカッションと内容盛りだくさんの半日。
そうよね〜当たり前よね〜と思うことあり、価値観、いや立場?の違いを見せつけられた
ような気がする瞬間もあり…でも何ていうのかな、以前から薄々、もやもや〜〜と
考えていた事を、改めて自分の中でことば化する機会になったかも。


作ることと、売ることと、着ることと、楽しむことと。そういうの全部、
繋がってるんだなあって。例えばオレ作るだけ、オレ売るだけでいいってことは、
これからは無くなってくのかなーと。
もちろんユーザーだって、買って着るだけ、じゃなくていいと思うの。それはアレコレさんの
着る人委員会(これねっ)のように、ユーザー側からも供給側へ直接声を上げたり、働きかけたりして。
そんな動きが双方向で起きて行くことで、良くなっていくのかなあ…


着物の仕事の人に「着物着て欲しい」っていうのは、即ち「共感して欲しい」ってことだと思うの。
もちろんほとんど着物を着ることがなくても感覚を分かってくれる人も中にはいると思うし、
逆に着さえすれば、全てを理解しあえる訳ではないとは思うけれど…でもやっぱり、実際それを
使っているもの同士の方が、楽しさや困っている事、欲しいものを共感しあえるのじゃないかなあ。

だからやっぱり、着物に関わる人間が、同時に使い手でもあるっていうことは…
前提条件、になっていくんだろうな〜〜

DSC_0141.JPG
そんなこの日の着物。トイレの鏡で自分撮りです。アームウォーマーまる見え失礼(笑)

前回の会の後あるといーな!と思った(記事)スーツな着物、作ってみたのだ☆
旦那殿に仕立てようかと取っていた(てへ)グレーのぱりっとしたシルクウールで、アンサンブル。

結局病みあがりで体調悪かったのもあって、出来るだけやーらかいものが着たく、
今回着たのは羽織りだけだったけどね〜。ちょっとジャケットっぽい感じになったかな?
中はしっかりしたものを締めるファイトが湧かず、ふにゃっと綿麻兵児帯で。


DSC_0143.JPG
羽織りには、キラキラ〜☆の「モダン着物☆小物 梅屋」さんのラインストーン羽織り紐を♪
絶対この羽織につける〜!!と思ってたのさっ。

DSC_0144.JPG
足元は別珍足袋でしてん。首元ふかふか襟巻き&ウール羽織りでそれなりに暖かかったけど、
足首ウォーマーしてかなかったからか、足首だけ寒かったよ…


次はせっかくだし業界の人向けに、ビジネスシーンの着物の提案とかあったらいいな♪
でもさすがに次回のころには、そろそろ生まれてるかも!?当分出席できないか…(汗)




きくちさんから直接分けて頂いた♪着物妊婦には、超タイムリー!


去年から使ってる、ロング丈のアームウォーマー。袖の振りからの寒さをガード!
着るたび使ってるから、ちょっと毛玉出てきちゃった…

posted by 湖藤 at 18:16| Comment(3) | 良くなれキモノッ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする