2018年11月27日

サイズがちょこっと緩い足袋を簡単お直し

以前は用も無いのに着物を着ていたワタクシめ、最近は逆に用事があるときに着物を着るようになっており
きちんと着物(当社比)率も高まっているような…

夏に大相撲の巡業見に行った時。
P_20180730_125636_vHDR_On.jpg
麻の単衣を浴衣モードで着ていったので、多少のきちんと感を出すべく足元は白足袋で。

白足袋を履く機会もちらほらあれど、基本足袋ジプシーなのでなかなか足に合う足袋が見つからず…!
カジュアル用途の色足袋は何年も前に足に合うものを見つけて買いためたものをちびちび使っているのだけど、
白足袋はというと微妙に足に合わないものばかりなんでしたわ(涙)

足指が長いせいか足裏のサイズに合わせて足袋買うと足首がごそごそになっちゃうことが多いみたい。ぐぬう。
ストレッチ素材を選ぶようにはしてるんだけど、それでも解決できないのは足裏と足首のサイズ差が大き過ぎるのかな。
安全ピンでこはぜが外れないように応急処置してみたりしたけど、安ピンが途中で外れて着物の裾に引っかかり、
足袋が破れる(危険)という事件が起き、いよいよ対処の必要性を感じる事態に…
夏に試していい感じだった方法を七五三で履く白足袋でもやってみることにしたので直し方をメモるなり。

こちらをお直ししてみたいなと。
P_20181118_082844_vHDR_On.jpg
指が数本入るくらい足首ごそごそのため数歩歩くとこはぜがスルスル〜と外れる残念な白足袋さん。
でもほとんど履いてないし、捨てられなくてね…お直しで復活なるか!?

足首周りを縮めたいので甲の縫い目を少し内側に詰める計画。
P_20181118_083416_vHDR_On.jpg
足首部分をぺろんとめくって、

甲の縫い目の内側に添って、4〜5cmくらいの長さを縫い留めちゃいます。(右側は縫えたとこ)
P_20181118_084009_vHDR_On.jpg
左側、足首部分を戻すとちょっと縫い目が内側に入ってる感じ。

履いてみた。
P_20181118_084112_vHDR_On.jpg
履いてしまうとそんなに目立たない…気がするっ
足首のフィット感が増して歩いてもこはぜが外れなくなったよ〜
逆に足首ジャストフィットで足裏が大きい場合はかかとの縫い目で詰めればいいんじゃないかしら。

しかしこれ、ホントはどうやって直すものなのか謎…もっと良い方法がもしかしたらどこかにあるのかしらん?
足にぴったり合う足袋をオーダーで作ってもらえば即解決なんだけど予算がね…
まあ、自分で使うものなので、不自由ない範囲で直せてるからこれはこれでいいかなっ




福助のショップで福助足袋も買ったことあるんだけどなー足首がなー
いや、普通のサイズの方だときっと普通に履けるんだろうけど…orz


足が特別細いということも無いので、たぶん足指が長いんだな、うん。
posted by 湖藤 at 21:16| Comment(0) | 手作りきものまわり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

ひと手間加えて 新之助上布の反物でへこ帯を手作り

サローネのために(?)へこ帯作ったのでちくちく記事にしておきますぞ…

芯を入れずに生地幅のままをくしゅくしゅっと結ぶ、兵児帯。半幅帯よりももう少し、カジュアルな雰囲気かな。最近は大人用でも浴衣向けを中心にたくさん出回っているけれど、素材を選べば麻に綿麻、木綿やウールの普段着物と相性良し。洗える素材ならお手入れも簡単だし、普段着に気楽で使いやすいのよね♪

RIMG0449.jpg
新之助上布の綿麻生地も、薄くて程よくハリがあるところが兵児帯に向いているので、反物幅そのままに、兵児帯に使える長さにカット布にして販売しているのであります。手を加えずそのまま使っちゃうのもアリではあるのだけれど、せっかくなので今回はガッツリ!ひと手間ふた手間?加えて兵児帯に仕立ててしまいませう〜

それでは作り方?というほどでもないかんたんソーイングだけどご紹介。
生地耳縫ったりするのも入れて所要時間1〜2時間くらいかな。フリンジ作るだけならミシンで縫ったりもしないし、たぶん1時間以内でできると思う…そんなに難度は高くない…はずっ

今回の生地は新之助上布の綿麻へこ帯キット。反物幅40cm×長さ4,2mの生地でございます。
大体幅30cmちょい〜40cmくらい、長さ3,5m〜4,5mくらいの大きさがあればよいかと。
20151005_175234.jpg
まずはフリンジづくり。これをやるだけでもずいぶん表情が変わるよっ

生地端の糸をほどいて、タテ糸のみを残します。後で結んでタッセルみたいなフリンジにするのならお好みで6〜10cmくらいがおすすめかな。
ガーゼのような目の粗い生地だと分からないけど、この綿麻生地に関しては結構密に織ってあるので洗濯でもりもり解けてくるような心配は低め。なので1cmくらい短く抜くだけにして、ふさふさのまま使うという手もあるかも。
今回は長めのフリンジを作るので6〜8cmくらい抜きました。仕上げで結んだりすると少し短くなっちゃうので、その分を見越してやや長めにヨコ糸をほどいておくのがミソ!

目打ちやピンセットのような先のとがったものでひっかけると結構スルスル解けてくれるので楽ちん♪ヨコ糸が切れたり残ったりしちゃうことがあっても、周りの糸が抜ければ切れた糸も自然と取れるので気にせずガンガン解いてよいと思う…

お次、生地耳を三つ折り始末します。
20151005_175316.jpg
この生地は耳にほつれ止めの糸が入っているのでそのままでも使えなくは無い…んだけど、黒い生地なので耳の糸が目立っちゃう&始末するほうが見た目良くより丈夫になると思うので今回は縫いまっす。
広幅の洋服地で作る人はこの工程は必須だろうと思うけど、小幅の反物によっては要らないかも。始末は必要ない、という方はささっとフリンジを結びに行っちゃってくだされ(汗)

では縫い縫い。
20151005_175346.jpg
5mm幅くらいの三つ折りにして、ミシンでダーッと押さえていくだけ。
生地の長さ4mちょいある×両側のため、ひたすら長い距離をミシンがけするのがちょい疲れるけど…

20151005_180757.jpg
片方終わった♪やっぱり縫って始末すると良い感じ(自己満足)

20151005_175517.jpg
ついでに二つ折りしたタグを挟んで一緒に縫っちゃう。

そしてフリンジに戻ります。
20151005_193049.jpg
タテ糸の束をひと結びするだけなので簡単。8mm〜1cmくらいの幅で結んでます。コツは結ぶ糸の量(幅?)を一定にすること!フリンジがそろってきれいな仕上がりになるのですわん。
長めに横糸をほどいて三つ編みにして仕上げたり工夫すればちょっと凝った感じのフリンジもつくれそう♪

20151005_204232.jpg
今回はさらに家にあったメタルビーズをちくちく縫ってワンポイントに。

20151005_204926.jpg
出来上がり〜


結ぶとこんな感じ。
FB_IMG_1445145170355.jpg
三重仮紐使って結ぶお花みたいな結び方、結んでみたい方はこちらの記事でどうぞっ
普通に半幅帯でよくある文庫結びにしても柔らかい雰囲気でいいと思うし、ちょうちょ結びにして尻尾を上から引き抜いてかけるリボン返しも簡単で良いよね。

20151008_122337.jpg
反物幅40cmくらいあるので、前帯のところは二つ折りのまま結ぶとかなり幅が広くなるのだけど、↑の写真のようにフラットに折りこんで結べば半幅帯のような表情にもなるし、くしゅくしゅっとギャザーを寄せるように縮めると、いかにもへこ帯!なカジュアルな雰囲気に。その日の気分やお好みでどうぞっ。

新之助上布の生地以外でも、小幅の反物や広幅の洋服地を使って縫っても良いかもね。生地にある程度ハリがある方が結んだときにふわんとボリュームが出て形よく仕上がるように思うので、くたくたや柔らかすぎる生地を避ければ上手くいくのではないかしら?
※広幅の洋服地から縫うのならこの記事も参考になるかも(適当半幅帯の作り方)
簡単に作れて結べるへこ帯で、着物がもっと気軽に楽しくなれば嬉しいなっ!




こんな感じのくしゅふわの化繊系兵児帯は、浴衣向けな雰囲気かなあ。


大人向けの普段着に合わせる兵児帯ってこんな感じか、ちょっとカッコいい雰囲気…
シルックのへこ帯なら小紋とかちょっと良い雰囲気の着物にも合う素材感なのかな?
posted by 湖藤 at 21:47| Comment(0) | 手作りきものまわり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

衿芯入れて浴衣の衣紋をまあるく♪ 簡単掛け衿改造 

浴衣を着る機会が増えるこの頃ですっ
イベントや夏祭りの会場には色んな浴衣姿の人がいて、なかにはうおぅ!?とびっくりする出来の
方もおられるけれど…個人的にはみんな頑張って着た(着せてもらった)んだなあ〜と嬉しく見てます。
(しかし昨日見かけた浴衣の人、後ろの帯結びなかったんだけどどっかに落としてないといいな…)

イベント着としての浴衣は少々適当でもいいと思ってるんだけど、きれいに着られる小技の選択肢が
多いに越したことは無いよねん、特に一通り着られるようになってきたらねっ…というわけで
浴衣の衿元がちょっときれいになる小技、どうも過去ログにない?ようなので記録しときまする。

キレイにするのはここ!
20150801_115732.jpg
衣紋といわれる首の後ろのぬき部分です。
浴衣の場合は着物ほど後ろに抜かなくても良いのだけど、衿が首にぺったりくっついちゃっているのは
ちょっと暑いし、前へ布が余って衿元の崩れにもつながりがち。個人的には指3〜4本分くらい抜きたい…

で、着物の場合だと下に長じゅばんを着ていて、襦袢の半衿に衿心を入れていたりするので抜いた衣紋は
まあるく形が決まるのだけど、浴衣は一枚なので普通に着て衣紋を抜いても衿はふにゃりとなりがち(涙)

なら、浴衣の衿に芯が入れられる場所を作ってしまおう〜
20150731_200838.jpg
というわけでここ縫います、掛け衿。衿の首回りの生地が2重になっているのね。
本来は衿元の汚れやスレなどのダメージを防ぐ予備の衿?みたいなもので、衿の上に付けておいて
適宜取り外して洗ったり付け替えたりするものなんだけど…

20150731_200854.jpg
プレタものだと大体ミシンでガッツリ縫い付けられていることが多いかな〜。(これもそう)
で、この掛け衿の縫い目をちょっとだけ、解きます。中には飾りとしてつまんで縫ってあるだけの
なんちゃって掛け衿も存在するようなので、縫い目を解く前に確認してね〜!

20150731_200952.jpg
解く場所は下前(着た時に体側に入っちゃう身頃、着た時の体で言うと右手側ね!)の掛け衿の内側。
完璧にほどけてしまわないように、内側の縫い目を全部解くんじゃなくて両端0,5mmずつほど残して。

20150731_201427.jpg
残した両側をちゃちゃっと縫ってとめておきます。表に見えないように縫えたらそれでいいので、
私は適当に内側の生地を数回すくって縫って玉どめしてる…(汗)手縫いで付いている掛け衿なら、
縫い糸が両側に長く残るように解いて、その糸を使って縫ったりすることも。

20150731_201731.jpg
衿芯が入れられるようになったよ〜
衿芯は洗濯したり畳んでしまう時には抜いてね!着る時に都度出し入れする感じでっ

20150801_144642.jpg
ポリの浴衣は特に生地がふにゃふにゃだから、衿芯入れられると衿がしっかりして良い感じ。


着つけ習ったときに「浴衣に衿心入れるとキレイよ♪」と先生に聞いて、それからほぼ自己流で
自分の浴衣を改造している程度なので、何か間違ってたらゴメンナサイ(汗)
ちょいとした小技ですがユカタライフのお役に立てばこれ幸い!



衿芯はメッシュがお気に入り。柔らかく体に沿う感じがやめられませぬ…!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

掛衿 取り付け 【修理】2000
価格:2160円(税込、送料別) (2018/10/19時点)


掛け衿ってここのことだよっ(この間もこの画像を拝借したような)
posted by 湖藤 at 09:00| Comment(0) | 手作りきものまわり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

ネルの紐付き裾よけを手作り

久しぶりのちくちく生地ですの〜

ネルの裾よけはマイ防寒装備における必需品!なんだけど、可愛さという点では今ひとつ。
もうすぐ本格的に寒くなるし、ずいぶん前に生地だけ買ってあったかわいいネル生地で縫っちゃおう!

てなわけで、れっつちくちく♪
DSC_0019.JPG
今回ネル生地は148cm×80cm(縫い代込)にアバウト適当裁断。
110cm幅×1,5mの生地を、縦に使いました〜
私大柄なので普通サイズよりは大きめなのだが、加えて縫いながら調整しようと思って裁断した
(つもりが勢い余ってそのまま仕立て上げちゃったのだが、汗)ので結構たっぷりサイズ。

作って見られる際はお手持ちの裾除けサイズをご確認あれ、で…
ネルのときは裾さばきを考えると長さも丈も、普通の裾除けよりも短めで良いかもっ

DSC_0020.JPG
着るときに力がかかるウエスト部分には、ごろごろしない薄くて丈夫な力布を☆
今回は並幅36cmのさらしを使うよ。ネル本体の長さ(+α)でざっくりカット。
(写真に納まりきらないので、生地は二つ折りになっていますぞっ)

DSC_0021.JPG
このままでは幅がありすぎるので、さらに幅を半分の16cmにちょきちょき。
余りから紐に使う生地も取っちゃいます。紐は長さ85cm×幅8cmを2本。

ミシンでがーっと縫っちゃうのじゃ〜
DSC_0058.JPG
まずはネル本体と、さらし力布(”耳”じゃない方ね!)を合わせて、折り伏せ縫い(縫い方こちら)。
力布の一番上の辺にはさらし生地の耳が来るから、端処理要らずで楽ちん♪

あとは両端と裾の処理。
DSC_0061.JPG
今回両端は三つ折りにしてミシン。端はこれまたネル生地の耳を利用して、折って縫うだけ処理に。

DSC_0059.JPG
4つ折にして2cm幅の紐を作ったら、裾除けの上端に縫い付け。
適当に布端が出ないように三角に折った生地を上から縫い付けて補強してみた〜

DSC_0060.JPG
かんせーい♪
大体長さ145cm、丈90cmくらいの出来上がりになりましたん。

着てみた。
DSC_0066.JPG
ネルなのにがっつり裾が合わさっちゃったけど、裾裁き大丈夫か…!?大きすぎたらまた
縫い直せば良いけど…ま、きゃわいくなったのでとりあえず満足。
そいえば以前は紐なし裾除け派だったのだが、最近は紐あり派なのでありますっ


あったかネルの裾除けで、今年の冬もモコモコ防寒きものライフを送るぞ〜♪


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

寒い冬にあったか【ネル裾除け(裾よけ)】Mサイズ
価格:1296円(税込、送料別) (2018/10/18時点)


ネルの裾除け欲しくて、店長さんに入荷してください!とお願いした直後に近所で頂いてしまい
結局買わずじまいになってしまったGOKIGENさんの裾よけがこちらになります…
レビューも付いてるし、私以外にもニーズがあったようで一安心(汗)
サイズを見るとやっぱりMサイズは一回り小さいようだなあ。


市販品で柄のネル裾除けを見た覚えは無いけれど、縫う手間を惜しまなければ、
色んな柄で作れるよねん。ネルシャツみたいなチェック柄もいいなあ…

posted by 湖藤 at 14:55| Comment(0) | 手作りきものまわり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

扇子袋を手づくり

最近ちまっと手づくりが多いちくちく記事なのです。
実は洋裁長襦袢の記事を書きたいんだけど、型紙の製図書くとこで止まってる…
忘れないうちに書きたいと思いまっす!とここで書いたらやるかなっていう(汗)


毎日暑くて暑くて、少しでも涼を!とかばんの中には扇子が必携っ
ま、子連れだと優雅に扇子で涼をとるような余裕、あんまり無かったりするんだけど(笑)
今使ってる扇子は、去年京都で探し回って見つけたお気に入り。
蒸れ蒸れの帯に挟むと傷みそうで、大事に扇子入れに入れて仕舞ってあるのでした。
しかし問題がその扇子入れ!「とりあえず、値ごろなやつを買っとこ」の悪い癖で
店先ワゴンのセール品を買ってしまい(汗)形自体は気に入っているんだけど、
サイズと柄が、どうもマイ扇子に合ってないっ!買い直すか(涙)と思いつつ、
モノをしげしげ観察して見れば…うーむ何だか、自分で作れちゃいそうな気も…!?


で、れっつトライ!で作ってみたら、案外簡単に出来ちゃいました♪
以下さくっと簡単!扇子袋の作り方〜

img11a03640zik5zj.jpg
まずもとの扇子袋を観察しながら、型紙づくり。
って、型紙ってほどムツカシイものじゃないんだけど!
基本は縦が扇子の長さ+2〜3cmくらい?、横が扇子の幅+2cmくらいの四角形。
あとは上のとり出し口になる部分に、フリーハンドでええ感じの(笑)カーブを付ければOK!
手持ちの扇子の大きさに合わせて、サイズ加減してみてね〜
今回は左のマイ扇子と、長めの男扇子(点線から先含む)と両方入るサイズの型紙になってます。


型紙が出来たら、それをもとに裁断しまっす。
あ、縫いしろは型紙の周りにぐるっと5mmね!
img6edab212zikczj.jpg
小さい型紙で型をとる時は、布が動かないようにこんなお手製台紙?を愛用ちう。
これパッチワークやってた母が使ってたのを真似して作ったんだけど、厚紙の表には
目の細かい紙やすりを、裏には布を貼ってあるだけなのっ。でもめっちゃお役立ち♪

img5fc2fdefzikfzj.jpg
切れました。表地用と、裏地用。
今回はハギレで作ったから、布の大きさの関係でパーツが4つに別れちゃったけど、
布幅があれば右側の形みたいにして真ん中を「わ」にしちゃう方が楽&仕上がりキレイかと。

imgadd4901azik6zj.jpg
で、今回は「わ」にできなかったので真ん中を縫いつなぎました。
これは普通にまっすぐ縫って、縫い目を割っただけ!私はミシン使ったけど、
縫う距離もそんなに長くないし、返し縫いとかで縫えば手縫いでも出来そうかな…?
あと今回の生地は薄手の麻なので、しっかりするよう裏地になる方にアイロンで
くっつく接着芯を貼っつけました。これは生地によったら要らないかも〜

img71e8ce23zikdzj.jpg
裏地と表地を中表になるように2枚合わせて、上のカーブ部分を縫い縫いしまっす。
ちょっとカーブが曲がりきれなくて縫い目歪んじゃったのはご愛嬌っ
ここが扇子の取り出し口になるんだけど、開けたい分より少しだけ長めに縫う方が良いかな。

img46f155efzik8zj.jpg
ひっくり返したら、こんな感じ〜
カーブ部分の縫いしろにちいさく切れ目を入れておいたほうが良かった気がするな…

img4ad80c72zikfzj.jpg
さらに表地が中に入るように縦に二つ折りにして、取り出し口以外をぐるっと縫い縫いっ

縫い目こんな感じで。
imgeee8bedbzik7zj.jpg
がしがし洗濯するようなものでもないので、縫いしろの端処理は無くても使えるかなーと。
でもこんな風にジグザグミシンしたり、かがっておくと糸屑でなくてきれいかな。
あと縫いしろの角は切り落としとくと、あとでひっくり返した時にごろごろしませんぞっ

img355832c0zikdzj.jpg
ひっくり返したら、おぉ、扇子入れになっている!


img3a8b6178zik7zj.jpg
最後に口の付け根にはワンポイントと補強をかねてかんぬき止めを。ま、無くても使えそう。
かんぬき止めの縫い方はこちらからっ(記事
結局二つで一時間くらいかな?ちゃちゃっと縫えました♪


ちょっと形はいびつだけど(笑)好きな布で作れて何だか満足、お気に入りになりそうなり!
確かに買うと安いし早いんだけど…こうやってちょっとづつちょっとづつ、
大事にしたいお気に入りを増やしていきたいな〜

もし、おうちに寝床が無い扇子ちゃんがいたら、ハギレで縫い縫いしてあげて下さいませませ♪


まあ、近頃はこんな感じで、近所の100均なんかでも買えたりするんだけども…(汗)
でも100円節約するって言うよりも、自分で作ることに意義があるのさっ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パッチワーククロバー パッチワークボード
価格:2268円(税込、送料別) (2018/10/14時点)

アイロン台とルレット台、印付け台の3役だそう。
うちのはほんと厚紙に紙やすり張っただけだからこんな多機能ではないがお役立ち。


posted by 湖藤 at 09:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 手作りきものまわり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする