2019年07月07日

娘ちゃんの着物はじめ4 「最初は巻き付いてればそれで良いのよ」

P_20190310_183515_vHDR_On.jpg

さて部屋の隅にプラプラ釣り下がっている簡易着物練習セット(前述)を気が向くと手に取っては
着付けの練習をしてくれる娘ちゃん11歳。何度か着てみて手順を一通り覚えた娘ちゃんが言うには

「何だかモゴモゴして、きれいに着られない…」

そう、そうなんですよ!「きれいに」着られないんですよねー!!
私も着付け教室で習った時、先生に言われたとおりにやって確かに着られているのに、
何で先生の着姿みたいにならないんだろうな…???って思ってましたわ(笑)


で、わたくし思うに着物の着付けって複数の目的を持つ作業の合わせ技じゃないかなと

1.着物を体に巻き付けて固定する=着るための基本技(これしないと脱げる)
2.着姿を綺麗にしたり、着崩れしないように仕上げる技
 2−A.仕上がりを良くするために大体みんなやってる基本技
 2−B.着物のサイズの違い調整や素材のさばき方など着る着物によって加える技
 2−C.自分の体形の特徴などに合わせて加える技(補正なんかもこのあたり?)

↑こんな感じでせうか…


で、基本的に最初に習う着付けの工程って、1と2ーAあたりまでがしれっと混在してる訳なのです。
例えば着物を羽織った後に結ぶ腰紐、紐を結ばないともちろん着物が脱げちゃうのでこれは必須(1)
なんだけど、衣紋を抜いたり裾をつぼまりに決める、みたいなのは2−A。
実はやらなくても着物は着られちゃうんですな。そう、忘れてても着られちゃう。ふふふ…

着つけにおいてやっとかないと脱げる!!っていう1の工程は案外多くないので、みんな「着る」だけなら
すぐ出来るようになる…んだけど1が出来ていても2が上手くできなかったりうっかり忘れちゃったりするので、
習ったとおりに着てる(ハズ)なのに思ったとおりの着姿にならないんですなっ

でも最低限、1さえ出来れば着物は着られるんでありまするよ。
2に関しては2−Bや2−Cあたりは「着付けのコツ」的な感じで民間に伝承(?)されていたりしなかったり。
人から聞いた、自分で着てるうちに見つけた、本に書いてあった…そんな感じで様々な技が流布されてるし
着る着物や着る人の体形、手の癖、仕上げたい完成型の違いなどによってその人に合う合わないがあるから、
突き詰めていっても結局正解が見つからない級に奥が深い…ので、もう着ながら探していくしかないかと。

カフェで着方教室をしていた時、一生懸命「最初は巻き付いてればいいんです、何度も着て、
着こんでいくとそのうちうまくなるんで」ってお伝えするようにしてましたわん。
超絶すごい着付けの技を知っていて、その人を見るだけでバッチリ合う着付け法を伝授できる、
みたいなすごい先生に習うことが出来たら一発で理想の着付けを手に入れられるのかもしれないけれど、
私は基本のキは教えられるけど、その向こうは各々着ながら体得しておくんなせえ(何)方式だったものね(しろめ)

「着つけに正解って無いんで私が教える方法以外に良いやり方が見つかったらガンガン変えてくださいよ」
ってのもいつもお伝えしてましたな。それでも1〜2か月着ててもらうとあらキレイになってきましたね〜って
感じになってたよ…やってることは同じなんだけどね。


で、きれいに着られない…としょんぼりしてる娘ちゃんには
「それは娘ちゃんのの頭の中にきれいな着姿のイメージが入ってるってことで、それがイメージできてること自体が
すごいんやで、何度も着てるうちにイメージに近づけると思うでっ!」っと励ましてみました。

P_20190407_170511_vHDR_On.jpg
それにしてもきれいな着姿のイメージって誰の着姿なのかな〜おかあさん…なのか??
(見本になるのかならないのか謎)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モスリンこしひも(腰紐)1本【税込み価格】
価格:130円(税込、送料別) (2019/7/7時点)



究極いくと着付け小物に腰ひも一本あったら着物は着られる…!!とも言えなくはないんだけれど、
やっぱりきれい&快適に着るには3本くらい欲しいところ。



いつも使う腰紐はモスリン(夏だけ麻)なので絹の腰紐使ったことがないのだけど気になってる。。
使い心地はどんななのかなー
posted by 湖藤 at 08:18| Comment(0) | きものとこども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

娘ちゃんの着物はじめ3 基本プレイは無料スタイルで

さて「着物を着られるようになりたい」と言い出した娘ちゃん11歳、何度か一緒に着る練習をいたしまして。
これはあなたの練習用着物だから、いつでも自由に着てみていいよ、って
着物と帯と着付け小物類をハンガーに掛けて何時でもどうぞ、と部屋の隅に吊って置くようにしたよ。

P_20190616_160713_vHDR_On.jpg
こんな感じでプーラプラ。最初はウールの単衣、最近暑くなってきたので浴衣にチェンジ済。

わざわざタンスから出さなきゃならない&着たら畳んで仕舞わなきゃならない、ってすると億劫になるな…と思い
ちょっと練習しようかなーと思った時にパッと手に取れるよう、吊るしっぱなしにしちゃいました。
ちなみに絹ものの袷仕立てなどは吊るしっぱなしにすると裏地との釣り合いが崩れたりする恐れがあるので
ハンガーにかけるのは汗を飛ばしたり着ジワを取ったりする程度(〜数日)にとどめたほうが良いようだよっ
袷でもポリエステルだったり、木綿やウールの単衣なんかはプラプラしてても大丈夫かな(と思ってる)

スマホなんかのゲームなんかって良く、「基本プレイ無料」になっていると思うのだけど、
あれは気軽に試してみてね、それで楽しかったら課金(ゲーム内でお買い物)してねってことなんだよね。
ファミコン(古い)なんかのゲーム機本体+ソフト形式のゲームはタイトルをプレイするために
最初にお金を払ってしまう。買い切りだからいくら遊んでもそれ以上のコストはかからないけれど、
そのゲームがほんとに面白いか、自分の好みにあうかどうか?お金を払ってやってみないとわからないよね。
基本プレイが無料なら、とりあえずやってみて、合わなければ止めたっていいし、面白ければお買い物してもいい。
(その代わり、払う額に天井が無いのでハマっちゃったときに終わりが無い恐ろしさはありますが…)

超有名なタイトルならユーザーも多く、これ面白いよ!って話も聞けて…なら最初にお金を出しても安心かも。
でも無数のタイトルが林立する現代は、どんなゲームなのか、どんな面白さがあるのかを伝えるために、まずは実際
やってもらうほうがたくさんのユーザーを獲得しやすいのかなーと思ったり…
着物も、現代じゃ仮に誰かが興味を持っても身の回りには着物を着ている人がほとんど居ない…ようなことが
ほとんどではないかしら。誰かが着物が着たいな、って思ったときに基本プレイ無料な感じで、着てみられる着物と
着方が普通に身の回りに落ちている…もしも教えてくれる人や実際着られる着物がすぐそばに無くても、せめて
着物の手に入れ方その着方みたいな情報くらいは、ググったら出てくるよ!って世界であって欲しいなーと思うんでした。

P_20190421_144319_vHDR_On.jpg
ふと見ると浴衣でゲームしたりしてたりしてお母さんびっくりしますが(笑)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン
価格:8618円(税込、送料無料) (2019/6/22時点)



ファミコンミニに続いてこちらも買っちゃったんですよ…!マリオカート入ってて大興奮。
FFとか聖剣伝説もあって嬉しいけど、個人的にはクロノトリガーとマザー2したかった…!



着物なんかはまっちゃったら課金要素なんて無限に有るもんね(汗)
私はゲームも現実も基本無課金&自力で生産派ですけども…
posted by 湖藤 at 20:10| Comment(0) | きものとこども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

娘ちゃんの着物はじめ2 練習用の着物と帯のチョイス

前回までのあらすじ:
ひとりで着物が着たい…って言いだした娘ちゃん11歳、お母さんは着物と帯を出してきました

P_20190302_180949_vHDR_On.jpg
出してきたのは軽いウールの単衣とペラい単の四寸帯(献上柄だけど博多織かどうかは不明)。
一応これまでの自分の経験より、これが最適ではと思われる理由がございましてな…

P_20190407_102421_vHDR_On.jpg
こちらはお出かけに私が着せた時の。

まずウールの着物、ウール素材は程よくすべりが良い&でも程よく硬さもあるので着付けやすい(個人的感想)
小紋などの絹の柔らかもの(&その風合いを再現するポリ着物)はすべりは良いけれど柔らかいので手が慣れない
初心者のうちは生地がするする滑って落ちがちかなあっと。ウール以外なら紬なんかも練習には向きそうかなっ
それも無ければ浴衣や、木綿の着物もありかと。ただウールや紬よりより生地が固くすべりが悪くなるから、
決めたところにピンポイントで生地を持ってこれない初心者のうちはもたもたしちゃう…かも。

帯は半幅帯。最初から名古屋帯でのお太鼓をやると娘ちゃんの心が折れる可能性があるなと(笑)
カフェで着方教室をやっていた時は、基本お太鼓+オプションで半幅を練習してたんだけど、これはせっかく
レッスン代を(カフェでのランチ代程度でしたけど!)かけてもらうなら難しいお太鼓を練習した方が
いいかなーと思って…でもお太鼓出来なくても半幅で着られるようになったらバンバン着てくださいねって
お願いしてたかな。着物は場数ですからね場数…

というわけで、娘ちゃんにはまずは自分の手で着物が着られる達成感を手っ取り早く(?)得て欲しいなーと思ったので、
帯結びのバリエーションが選べる半幅帯をチョイスしましたよ。素材は適度に張りがあって形を作りやすく、
ジュニアの身体でもゴワゴワしない(と思われる)ペラい単の献上柄を。んで長さは3m半ほどの短め!

img5167e302zik7zj.jpg

こちらはかるた結び。(遠い昔の記事から引用)

半幅帯にもいろいろ素材や仕立て方があるけれど、現代ものの半幅の主流である4mくらいの帯は羽をたくさん
作ったりする華やかなアレンジ結びには向くけど結ぶのはちょっと難しめ。(お太鼓ほどじゃないと思うけど)
対して難易度の低い「かるた」や「矢の字」は短くて張りのある素材のほうが形が保ちやすく、結びやすいのでねっ。
表と裏を違う生地で仕立てている小袋帯はリバーシブルでオシャレ度は高いけれど、総じて帯自体がごつくなるので
単(裏表が別の生地じゃなく一枚ものってことですわ)のペラッとした帯を選びましたぞ。


…もちろんこの素材、この仕立ての着物or帯を選ばなければ着付けを練習することは叶わない!!
なんてことは全然なくて、装備に選択肢が無ければ手元にあるもので始めればオッケー。。と思うんですが、
選ぶ素材や仕立てによっては着付け練習の難易度が変わってくるっていうのはあるかなっと。

そうそう、もちろん自分の身体の寸法にぴったり合う誂え物など、マイサイズの着物があれば理想なんだけど、
今回は手持ちの中でそこそこサイズの近そうな小さめ着物をチョイス。軍資金が潤沢であれば最初の着物に誂えを選ぶ、
なんてことも出来るかもだけど先立つものは無い&成長期のお子様にはサイズアウトのリスクが高すぎるなっと…!


これから着物を練習する方にも、最初の着物は何を選んだらいいのかな?と迷う方も居られるかも。
最初の一枚は何でもいい、と言っちゃえばそうだし、最初の一枚こそこだわるべき、という見方もある。
娘ちゃんの最初の一枚はこんな風に選んでみたけど、タンスやお財布や着る人によってベストな一枚は違うかも。
何かの参考になりましたらっ!





実家のタンスに入ってたお下がり着物一式とか、えいっと買った着物セットとか、これが着たいんじゃー!と
一目ぼれしてしまったアンティーク着物とか、なんか色々あってそれでいいかな、とも思うわけなのです。ええ。



単の半幅帯って、お下がり着物にはちょこちょこあるんだけど市販品はあまり見ないような…
比較的流通しているのが博多の献上柄かなあ。こちらはポリエステル製だそう、締め心地はどんな感じなんだろう。
posted by 湖藤 at 19:16| Comment(0) | きものとこども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

娘ちゃんの着物はじめ1 Xdayは突然に

突然ですが「ちくちくきもの」を書きはじめて早10年(驚)

img35ce15eczikdzj.jpg
上の子の出産間もなく、赤ちゃんを小脇に抱えて始めた普段着物の記録がこんなに長く続くとは思わなかったけれど、
10年も続けるとふいに新しいステージが始まってしまうこともあるんですね、という話。
姉姫ちゃん11歳(あの姫様がもう11歳ですよ奥さん!!)、ある日ふと

「おかーさん、私一人で着物着られるようになりたいねん」

!!??
すさまじい不意打ち感にたじろぎつつおかあさんは考えた「ついにXdayが来たようだ」

普段着として着物が着たい、特に用事が無くたって着物着てもいいと思うし、(用事があって着るのもいい)
洋服と着物とフラットに選べるのが理想…と思ってきたワタクシめ、もちろん親子で着物なんてのもステキだなーと
思ったりはするけれど、別に着たがってない人に着物着せる必要はないよね?ということで
自分が着物を着る日でも、(イベントごとを除いて)子供に着物を着るよう勧めたことは無かったよ。。
今日私着物着るわー、あなたは?ワンピース?ふーんってなもんで…

しかし身近に(意味も無く)着物を着る人間が居る以上、着物への親近感が高まれば自然と思ってしまうもの。
「私も着物が着てみたい(ただし特に用事は無い)」
ですよね…!!それがエックスデー、そして今日その日が来たのね!!…と、謎の感慨を感じつつ、
「えっ、着方くらい教えるで、全然教えるで」と冷静を装いながら着物出しに行きました。ええ。

P_20190302_180949_vHDR_On.jpg
そういえば最近図書館でジュニア向けの着物の本とか借りてましたな。

ハッキリ言って子供の着物はじめに対する準備はほぼしてなかったわ(しろめ)
出してきた装備はこちら。

・柄が気に入って「いつか娘が着るかもしれない」と手放さなかった小さいウール単衣
(今回一番偉いのはこれ持ってた私)
・ペラい単の四寸(半幅)帯
・その他紐類

まずはやってみたらいいじゃない!と着てみました。
P_20190310_190244_vHDR_On.jpg

何だこの感じ懐かしい…カフェで着方教室をしていたこともあったよ…
まずは着物って自分の手で着られるんだ!!という体験からね!ということで、初回は何となく巻き付けて終了(笑)

さてさて娘ちゃんはこのまま着物女子になってくれるのか?先のことはわかりませんが
娘ちゃんの着物はじめにあたって感じたことなどもう少しメモしていこうと思いまっす〜。




最近娘ちゃんがファンである漫画がこちら。以前もブログに書いたけど着物女子育成にぴったり(?)
きものお母さんは娘の本棚にそっと忍ばせておくのがよろしいかと思いますぞ…



思うに子供の着物って、7歳までの七五三着物のあと大人になるまでのいわゆるジュニアサイズの商品群がズボッと
抜け落ちているような気がするのだよね…着せるならともかく、着付けの練習に大人着物の肩上げはごろごろするかなーとか、
滑るポリのSサイズは少し扱い辛そうでもあるし。誂えるには成長期のサイズ変化が気になる…
小さいサイズのウールが手元にあって助かったけど、あとは浴衣で始めるのが良いのかしらん。
縫うしかないのか。。。
posted by 湖藤 at 15:11| Comment(2) | きものとこども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

小紋をきれいめにして卒園式に行ってみた

妹姫様、卒園!

上の姉姫様の入園の時には着物を着てったものの、卒園〜下の子入園はスーツだったので
最後だし、もう一回着物を着ようかな…と思い立ちまして…

とはいうものの、
・バチっとフォーマルを着るだけの気力体力に欠ける
・自分で車運転してかなきゃなので汚れると困るな
・スーツ&コサージュ程度で来る方も多めな印象で雰囲気的にそう盛らなくても良さそうな気が
…というわけで


P_20190323_105447_vHDR_On.jpg
考えた結果、ポリの小紋で行ってみました…!

手持ちの風香のポリエステル着物、ローズバニラ。遠目無地っぽいけど少し大きめの柄付けの小紋でございますー
これまではちょいときちんとめ、な時には黒の洒落袋とか、モダンに合わせることが多かった気がするけど、
今回は帯回り〜小物類に薄色&きらめき感のあるものを集めて全力できれいめ華やかに寄せていく試み。。

運転して帰ってきた後だからちょっとくしゃってる(涙
P_20190323_110917_vHDR_On.jpg
帯は嫁入り時に持たせてもらった、名古屋帯をお初に締めました。
飛び柄小紋に合わせる用だったんじゃないかな。ちょっと金糸が入っててキラキラしてますぞ。
当日朝バタバタしてたら着付け時間15分くらいしか無くて、初めての帯一発で決められるか緊張したけど
締めやすい張りのある帯でそこそこ大丈夫な仕上がりになって…良かった…

P_20190323_110904_vHDR_On.jpg
ちょっとラメ感のある糸が入ってる?帯締めと、帯揚げは薄紫で。
もちろん白半衿・白足袋、お草履でございまする。
カバンはフォーマルじゃなくて小さめの、洋服用バッグ。

P_20190323_110448_vHDR_On.jpg
ポリエステルなんでぶんぶん車を運転できましたわ〜

これまでの入卒園式の時は着物の人をほぼ見かけなかったのでこれくらいのほうが逆に目立たなくて良いかな…!!
と思ってたら今年はちゃーんと訪問着を着つけてこられたお母さまが居られてあわわ(汗)
ステキですね〜と感心されちゃったのでそちらが正当なフォーマルでございます!!と小さくなっちゃった。たはは。

フォーマルは自分のためじゃなくて「ハレの場」のための装いだから難しいね。
うーん、紋付の黒羽織あれば便利なんだろうな〜〜




風香のきものを出していたのはポリ着物?のメーカーさんで、小売りと卸もするよ的な業態だったような。
前は楽天にもお店があってモダンで可愛い着物がたくさんあったんだけど、今は同じブランドでも業務用作務衣が
いっぱい出てきて着物見かけない…。着物は辞められたのかしら(悲


洗えるシルックで、慶弔使える色目の色無地、一つ紋入りがあれば…!!!
ってずっと思っているんですが先立つものがが。







posted by 湖藤 at 19:00| Comment(0) | きものとこども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする