2010年08月09日

阿波しじら浴衣で花火大会へ

さてさて、前回のゆり園の後は、長浜の大花火大会!

ゆり園で琵琶湖の対岸まで行ってしまっていたので、北の方からぐるっと回って。
琵琶湖は好きだが、こういう時もどかしい…向こう岸見えてるのに!真っすぐ行けない!
でもおかげさまでこんなん買えました。
img133a0ca7zikezj.jpg
湖北限定、つるやパンの「サラダパン」!いやこれ一度食べてみたかったんだ〜
コッペパンに、マヨネーズで和えたたくあん(!)をサンド。木之本近辺の地元の味なんだって。
どんな味!?と思ったけどマヨとたくあんは意外と合う!ふんわりちょっと甘いコッペパンに
フィリングがぱりぱり食感で、期せずして美味であった…
あと一緒に売ってた「サンドウィッチ」も買ってみたが、これもふわふわパンに
シンプルに魚肉ソーセージとマヨネーズが挟んであるって言う…
もう何とも言えんステキなパンでした。うっ、また食べたいっ

って思ったらHPで通販されてたわ!木之本平和堂行けば買えるんだけどっ(つるやパン


去年と同じく、打ち上げ会場からちょっと南に離れた湖岸へ。
去年広々停め放題だった臨時駐車場に今年は何か色々建物が建ち始めていて、
広さが4分の一くらいになってた!早い時間に行って良かった〜〜
移動する時には悩ましい琵琶湖だけど、こと花火に関しては湖上にさえぎるものが無いので
車さえ停められたらどこの湖岸でも大体見られるのがナイス。
あまり会場に近づくと、姫様もびっくりしちゃうし混むからね〜〜


img99a637c7zikazj.jpg
さくっと途中で着替えた阿波しじら。
ワンシーズン洗いこまれて、くたっと柔らかくなってるんだけど、これがまた素肌に着ると
気持ちい〜い♪身丈も洗濯で縮んだみたいで、浴衣で丈短めに着るとちょうど良い感じ。
帯は綿麻ちぢみの兵児帯をくしゅくしゅっと。
今年も花柄浴衣女子達の中、図らずもダントツ地味で粋だったんじゃないかと…わは。


img5f40b058zik1zj.jpg
そして後は湖岸の公園で、レジャーシート敷いてひたすら呑んでました…♪
いやあ、広ーい琵琶湖を前に呑むのは気持ちいいっ!


imgb7897f92zik7zj.jpg
でも花火が始まるころにはすっかり出来上がってしまい、半分寝てたのはヒミツ(笑)



最近はノンアルコールビールも進化してるな〜
お酒に弱い運転手(だんなさん)も、安心して呑めました。
「何か酔った気がする」って言ってたけど…顔は赤くなって無かった。プラシーボ!


何かこの本で読んだんじゃない?って思うんだけどな、サラダパン…
実家は京都なんだけど、滋賀、地味にいいとこあるのんよ。滋賀ラブ。
ちなみにこの本の表紙、新之助上布の手織り近江上布着尺!


posted by 湖藤 at 10:28| Comment(4) | TrackBack(0) | きものとお出かけ・滋賀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

箱館山のゆり園とピドヒール下駄

何だか久しぶりの家族でのお出かけ記事のような気がするな〜
最近生活に余裕がないからなかなかのんびり休んだり、お出かけしたり出来ないんだけど…
この日は思い切って琵琶湖の反対側に!


箱館山のゆり園(HP)に行きましたぞ♪
img310569d1zikdzj.jpg
冬はスキー場なんだけど、数年前から夏にゆり園としてオープンしてるみたい。
いやー、山の上のお花畑って、憧れる〜♪一度行ってみたかったんだよねん。
去年うちの母が会期末ぎりぎりに行ったらあんまり咲いて無かった〜(涙)言うてたので、
行くなら今週くらいしかないわっ!と。ちょうど中咲きの品種が見ごろ&遅咲きの品種が
咲き初めだったそうで、見ごたえあった!


見ごたえあるって言うより、ほんと予想してたよりも一面のゆり畑で…
最後の方はそのフローラルなかほりに頭が痛くなるほど(笑)
imgf584ad9fzik5zj.jpg
姫様は最初山頂に行くゴンドラに乗る時だけはびびって泣いてたけど、すぐ慣れたみたい。
目の前いっぱいのお花に大興奮でした。うむ、彼女も女子だの…

ほんとは入園料とゴンドラ往復で1800円するんだけど、割引券持ってたので1000円に。
新旭の風車村とか、マキノの追坂峠とか周辺の道の駅に割引券があるって言う話を
ネットで見てたのでそれを当てにして行ったんだけど…意外ともう割引券が無くなってて、
お店のおばちゃんがたまたま持ってた最後の一枚をもらえて、ギリギリセーフだった〜
JRの駅にチラシがあったんだけど、割引券が無くても、ICOCAで決済すれば
割引価格で買えるらしいよっ。


img7a3721f3zikezj.jpg
山だしな…と洋服で。でもそのあと着替えるつもりだったので、足元は下駄っ。

実はこれピドヒール下駄!この間共同購入でお安いのを見つけたので、買ってみたのだ♪
足の大研究家の先生と一緒に作った下駄だそうで、鼻緒ずれしない・たくさん歩いても
足が痛くならないってのが売りなんだって〜。山登りできるっていう触れ込みだけど、
底面が足裏にフィットするように立体的になっているので、ビルケンとかの
健康サンダルみたいに足指ががしっと下駄本体をホールドできる感じ。
ぐっと足指で踏ん張って身体を前に押し出すことができるので、
なるほどこれならオフロード歩いたり、走ったりできるわけだなと…
ただし逆に足の指で鼻緒をつまんで引っかけるっていう本来の下駄の履き方はムツカシイ。
大股でがんがん歩きたくなっちゃう〜〜(笑)
履いた瞬間、「これ、洋服での歩き方を研究した人が作ったな!」って思ったもん…!

着物の時ってタイトなロングスカート履いてるような感じで、足をぐっと前に踏み出すって
事が基本的に出来ないのよね(出来なくないけど、やると裾が大々的にはだける(汗)。
「着物の歩き方」で履こうとする限りはこの下駄の生み出す推進力が十分に
発揮されないような気がして、これ下駄の意味あるん?と思ったりしなくはないんだけど…
しかしあれだ、買い出し行く時とかにガンガン歩くとか、ふだん使いには良さそう!



img210df1c7zik5zj.jpg
そんなピドヒール下駄で勾配のあるスキー場の道も難なく歩いて見晴らし台に到着。
しかしま、このアップダウン程度なら着物でも行けたな〜(笑)


そしてこの日はもう一つのお出かけがあったのでした、ふふふ…



私のはキモノカフェさんの共同購入で買ったフリーサイズ&お試しバージョン。
通常のものはサイズ大きめのまであってかかとも少し高いみたい。
posted by 湖藤 at 11:07| Comment(6) | TrackBack(0) | きものとお出かけ・滋賀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

綿麻浴衣で夏祭り

以前ブログでも近江上布のふんどしなんかで話に出たことのある、稲枝青楽団が企画した
地元稲枝の夏祭り、「稲盆」に行ってきました♪


いちお、新之助上布がお店出すのでお店番ってことで…
imgd34c821azikfzj.jpg
地元のお店ブースでしたのん。他にもかばんやさんとか、もちろん麻ふんどしも♪
実のおじさんは東京出張中だったので、おばちゃんとお店番してたんだけども。
まあ、ちっこい店員さんも付いてくる訳で…

img48fd5b92zik2zj.jpg
予想通り、ほぼこの店員さんの子守番(笑)でしたがっ。
姫様が持つとスイカが超巨大に見えるな〜!春は苺が大好きな彼女でしたが、夏はスイカラブ。


imgb90632b4zikfzj.jpg
着方教室でお世話になってるカフェさんも出店されてた!
普段は保育園のHちゃんも来てたので遊んでもらった♪
Hちゃんは姫様より二つ年上(姫様がっしりしているので、身体の大きさは大体同じくらい
なんだが…)。いつも会うとおねえちゃーんって追いかけまわしてます(笑)


img49108b96zik2zj.jpg
真夏の屋外だったけど、この日は風が強かったから、ムシムシ暑くは無かったな〜。
でもいっぱい汗かいた!新之助上布の綿麻ちぢみ単衣を浴衣モードで。
普段は下着に浴衣スリップを下に着るんだけど、この日はお祭りだし、半日野外だしな!
ということで、ブラ&ステテコの上に直接着て正解。でも風ですそがはだけないよう要注意っ
帯は化繊の八寸名古屋を角だしに。写真、角だし型崩れてますが…(笑)

夏の着物は、個人的には絽や紗にチャレンジする気にはなれなくて…
今年の夏が着物着始めて3シーズン目になるんだけど、結局リネン襦袢スリップに
新之助上布の本麻着物とかで麻スペシャルにするか、またはこんな風に綿麻や
阿波しじら(←去年は夏着物としてお出かけ着に着てたんだけど、洗いこんで
くたった&身丈縮んだ)を浴衣スタイルで着るか、どっちかかなー。
浴衣はもちろんスリップ程度で着てしまうし、麻着物の時も襦袢の下はほぼ肌着なし。
なので着物帯への汗は結構付いてしまう。着物が自宅で洗えるのはデフォルトだけど、
帯も八寸なら化繊のものとか、洗えちゃう兵児帯とかが気楽でお役立ち〜。


img22bfeed4zikczj.jpg
昼下がりから始まったお祭りも、盆踊りでフィナーレに。
水合戦にシタールなどの音楽ライブ、出店に盆踊り…いやいや、初めての夏祭りとは
思えない規模の大きい稲盆でしたわっ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便送料無料】シタール・ター! / ター!!![CD]
価格:2700円(税込、送料別) (2018/10/14時点)

ヨシダダイキチさんって方がシタールライブをされてたんだけど、かっちょ良かった…♪
インドの楽器なんだけど、インドの音楽そのまま!みたいなカレーっぽさ(?)がなくて
部屋聞きに良さそな感じがしたなあ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

滋賀の盆踊り江州音頭 歌は八日市・踊りは豊郷から [ 丁野 永正 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2018/10/14時点)

滋賀で盆踊りったら、江州音頭みたい。節は同じでも、アドリブ?で歌詞違ったり。
この日は稲盆のことが歌詞になってた!


posted by 湖藤 at 12:29| Comment(4) | TrackBack(0) | きものとお出かけ・滋賀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

砂ずりの藤を見に行くの巻

わたくし湖藤と名乗っておりますのは名前に藤が付くからでして…
まあ結婚して名字が変わってからの話なので、藤とのお付き合い年数は数年なんだけど、
名前に付いてるってことで親近感を持つようになった藤の花♪

以前はいつ咲く花なのかもさっぱり知らなかったんだけど(笑)
桜が終わってGWの頃、ちょうど今が見ごろなのだ〜
せっかくなので、キレイな藤の花を見に行きたいな!と思い立ち…
草津の三大神社ってとこの「砂ずりの藤」とやらを見に行くことに。
その名の通り、地面に擦るほど長く伸びる藤なんだそうな!わくわく!


三大神社は草津駅からバス。
草津の観光HPで調べたところ「草津駅からバスで10分」としか書いて無くて、
行けば分かるのか?とぶっつけ本番で草津駅まで行ってみたものの、ターミナルは東西二つ、
バス会社も複数乗りいれてて駅降りてからバスターミナルを30分くらいうろうろしたわ…
疲れた(涙)
img15c1b9efzik0zj.jpg
そしてバスに揺られること10分…
バス停降りたらこんなんでびっくり(笑)
一緒に乗り合わせた観光のおばちゃんたちも、「神社、どこ…?」って戸惑ってましたが。
手描きの看板を発見し、2歳児ペースでとことこ歩くこと10分くらいか?


imgabc8eb78zik0zj.jpg
着いたよ!三大神社っ
集落の中にあって、地元の神社って感じのたたずまい。

imgce5ecc1czik1zj.jpg
境内を入ってすぐ、藤棚が。
しゃらら〜と藤の花がいっぱい垂れ下ってて、きれーい♪

風がふくと、ゆらゆら揺れて。
この日の花の長さは1m無いくらい?さらにこれから伸びるんだそうな。
花の長さは「砂ずり」じゃなかったけど、でもこんなに立派に伸びてる藤って初めて見たわ!

そうそう、藤の花は上から順番に咲いて行くんだって〜。
地面に擦れるほど房が伸びても、その房の全部に花が咲くってことではないらしい…
ってことはこの日見たくらいの花の付き方、いかにも藤という感じで見ごろだったのかしら?


img0febe3aczikdzj.jpg
境内は藤棚があって、休憩用のベンチがあってという感じ。歩き回っても5分10分くらい?
連休直後の平日だったこともあり、人もそんなにわんさかいなかったので、
ベンチに座ってゆーっくり藤の花を見ながら疲れをいやしました♪
子供と二人、電車とバスで来るのはちょっと大変だったけど…見られて良かった♪


imgb2494717zikazj.jpg
そして新之助上布の綿麻ちぢみプレタ
私物で一着持ってるんだが急に初夏みたいな暑さになったから、急きょ下ろした!
下にリネンの襦袢スリップ(←作ったのだ、後日ちくちく記事!)着てちょうど良かった〜。
やはし綿麻は風が吹き抜ける感があってイイなあ。するり、さらさら〜♪
しっかしこの間まで雨ばっかりで寒かったのに変な天気だ…このまま夏になっちゃうのか!?

imga78e13f8zikfzj.jpg
この生地、写真では良く写せないんだけど横糸に黒が入ってて、のっぺらい
青一色ではないの。麻のツヤ感、ちぢみの表情も豊かなのさ〜。
気に入っております、ばりばり着るつもり。むふふ。
ばりばり着たいから居敷き当てを付けねばのう…ぐっ。



着物を着るようになると、洋服みたいにデザインで季節感を出すんじゃなくて、
色や柄で季節感を強く意識するようになるからか…季節の色に敏感になるような。
きれいな花を見るのは前から好きではあったけれど、その季節しか見られない花を
たくさん見に行きたいと思うようになっているなあ。
ちっこいのがいるのでなかなか思ったようには見に行けないけれど…
次は何の花を見に行こうかしらん♪



藤のかんざし!名前にかこつけて一年中使いたいっ

てぬぐいだと気軽に取り入れられそう〜。
季節ごとの花のてぬぐい持ち歩きたい♪

posted by 湖藤 at 09:46| Comment(8) | TrackBack(0) | きものとお出かけ・滋賀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

着物でいちご狩り

お太鼓シリーズの途中ですが、お出かけ記事なんぞ。


うちの姫様の大好物、いちご!
もう「いちご」と聞いただけで「ちご〜、ちご〜!」と興奮し出します…(笑)
2月に一度誕生日祝いとしていちごの摘み取り体験に連れて行ってあげたんだけど
これがまた大興奮で!しかもいっぱい食べる!!
これなら次は食べ放題だねってことで、いちご狩りに出かけることに。


彦根から車で30分しないくらいかな?米原にある「まさみ農園」(HP)さんに。
予約制で予約したの一週間前だったんだけど、平日なので空いてた〜
土日はやっぱり人気らしくて早々から埋まっていることもあるみたい。
imgd73653b3zikfzj.jpg
田んぼの真ん中に突如現れるいちごハウス!
入ってみると可愛いイラストの看板とかあって、オーナーさんも気さくな方でいい雰囲気♪


いちご狩りの説明を受けたらいざいちごゾーンへ…
imgb4d41de4zik8zj.jpg
もうもう、ずらーっといちご!
しかもこうやって姫様目線で見るともう目の前いちごだらけで…パラダイス状態だね(笑)

imgf7e0abf8zik8zj.jpg
「ちご〜!ちご〜!」と大興奮の姫様、もちろん食べまくり。
本当は寒い冬の時期の方がいちごがじっくり赤くなる分、糖度も高くておいしいのだって〜。
でもこの日のいちごも十分甘くておいしかった♪


で、ここでお出かけ記事に書くということは…
img838e9e4ezik8zj.jpg
もちろん着物でいちご畑なのでした(笑)
洋服でイイかと思ってジーンズまで履いたんだけど、この日冬並みの冷え込みで
あんまり寒いのでウールに着替えなおしたんであったよ…着物暖かいんだもん…


imgdcfedef4zikazj.jpg
せっかくなので帯周りをいちごカラーにしてみたり。
誰にも気づかれない自己満足(笑)


シーン的には全く必要性の無い着物だったが、いちご狩りのオーナーさんに
「普段から着物ですか〜!いいっすね!」とほめられちった。えへへ。
以前は着ていかなくてもいいところに、あえて!みたいな感じの妙な?チャレンジャー精神が
あったような気も…?最近そうそう思わなくなってきたんだけど、まあどっちでもいいなら
何となく着物を選んじゃった…みたいな肩の力が抜けた着物生活がしたいなあと
思ったりする今日この頃なのでした。



あんまり姫様がちごちご言うので、苺柄のものを見ると思わず目が止まっちゃうように…
家にじわじわと苺グッズが増えつつあるのよね〜

苺…一会…!!


posted by 湖藤 at 08:35| Comment(2) | TrackBack(0) | きものとお出かけ・滋賀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする