2020年08月24日

ミシンで縫う襦袢作り方 準備編3 襦袢の寸法と型紙の準備

洋裁型紙&ミシンを使って洋服地でお襦袢縫うシリーズです。
縫い方目次はこちらから


P_20200430_132826.jpg
さて洋裁で縫う着物なので、道具や生地の他に型紙が必要になりますよ。

洋裁ってプラモデルみたいなものでパーツが用意できたらあとはガシャーン!って組み立てれば(雑)
出来上がるんだけど、布からパーツを切り出すために必要なのが型紙でしてね…
今回は家に既に型紙があったんで(遠い昔に自作してた)すぐ縫い始められたんだけど、
型紙の調達は結構な山場かも。着物はあれど襦袢の型紙って…なくないです…?

imgc46f674ezik3zj.jpg

着物着始めのころ襦袢って要するに着物の短い版でいけるんでは?ってなって着古した浴衣や
自作着物の裾をぶった切って襦袢としていたこともあったけど、やっぱりちょっと着づらい(苦笑)
襦袢は半衿を見せるために着物よりも深く前を合わせるから、胸元の寸法が少し違うんだなー。

とはいえ着物と共通する部分も多いので、既存の着物の型紙をお持ちの方はそれをいじれば作れそう。
なければいちから書くしかありませぬが…私自身、書き方うろ覚え(しろめ)

イチから型紙を作るよ!という場合は型紙書くのに使う寸法を割り出さねばならないのですが、
お襦袢の寸法は基本上に着る着物に合わせて作るので、まずは着物のサイズを把握しましょう。
特に袖幅や袖丈とか合わせておかないと、着た時に襦袢が変にチラ見えしたりするのでね…
合わせたい着物が既にあるならその着物の寸法をチェック。これが着物ライフ最初の一枚だぜ!!
という場合は着物サイズの割り出しから始めましょ。


自分の着物マイサイズの探り方は、ミシンと簡単和裁で縫うっ!リネンの着物シリーズでどうぞ。
この辺りのエントリーかな。
準備編3 パーツの名前とサイズの基礎
準備編4―1 寸法(マイサイズ)を調べる
準備編4―2 着物の寸法(パーツごとに)1
準備編4―3 着物の寸法(パーツごとに)2


着物のサイズが分かったら、それをもとにお襦袢で使う寸法の割り出し。
過去記事から引っ張ってきたよ。

着丈身長×0,83衿肩開き長着-0,5
ゆき長着-0,5繰り越し長着と同寸
┗肩幅長着と同寸身八つ口長着と同寸
┗袖幅長着-0,5衿幅長着-0,5
前幅長着+2~4袖つけ長着-0,5
後幅長着と同寸~+1袖丈長着と同寸~-1


着物から少し控える寸法になるパーツが多いけど、前幅だけは襦袢より広めになってるね。

以前にミシン襦袢作った時のエントリー↓から。一応これ読んで型紙書けなくもない…けど
何だか自分でも分かりづらいので次回型紙の書き方再度まとめてみます。

ミシンで洋裁長襦袢 寸法計算 http://www.tikutikukimono.com/article/199383425.html
ミシンで洋裁長襦袢 型紙作り方編 http://www.tikutikukimono.com/article/199383424.html


うーん、過去記事と和裁本読み返して勉強しなおさなくては(汗)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

製図・型紙 『方眼製図用紙』
価格:217円(税込、送料別) (2020/8/17時点)



型紙つくるためのハトロン紙?は手芸屋さんで買えるけど、着物・襦袢の型紙を書くなら
方眼入りが!絶対に!お勧め!!長い直線や直角が取りやすいよ。


こちらを読み返します。マイ教科書。


posted by 湖藤 at 19:00| Comment(0) | 洋裁ミシンで縫うきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする