2021年05月04日

ミシンで縫う襦袢作り方 ちくちく編1 生地端処理

洋裁型紙&ミシンを使って洋服地でお襦袢縫うシリーズです。
縫い方目次はこちらから

うわぁ半年ぶりのご無沙汰です。
色々ありまして転職したりしておりましたハイ。コロナもまだまだ大変だけど何とか生きてるよ。


〜前回までのあらすじ〜
ミシンだけで洋服地のお襦袢を縫うべく、型紙作って生地を切ったよ!
P_20200501_125933.jpg

ではここで裁断後のパーツを見てみましょう(足りないものは無いかな)
(あと左右ひっくり返ってないパーツは無いか←時々ある)
P_20200501_133958.jpg
お袖。左右2枚あるよ。

P_20200501_141931.jpg
身頃デカイ…後ろ身頃&左右前身頃一枚裁ちしてます。

ハンガーにかけるとこんな感じ。
P_20200501_142409.jpg
一枚断ちすると大きすぎて手に余る人や生地幅の都合などで一枚裁ちできない場合は
左右の後ろ身頃&前身頃2枚になるハズ。

P_20200501_132636.jpg
左右の下衿(おくみ的なやつ)と衿。あと写ってないけど最初に縫い付けちゃう用半衿も必要。

毎度毎度型紙写しから生地裁断までで一度燃え尽きるので、戦意高揚のため
裁ちたてほやほやの生地をハンガーにかけてテンション上げる儀式(何)します。
P_20200501_145343.jpg
わお、これだけでもう着物の形!着れちゃう!!(まだです)


そしてここで満を持してミシン登場、まずは生地端の処理するよ。
ハサミで裁ちっぱなしの生地はそのままだとほつれてきちゃうので、生地端の処理は必須!
P_20200503_113459.jpg
ロックミシンがあれば一番なんだろうけどそんな上級装備は持ち合わせていないため、
シンプル機能ミシンにもついてるジグザグミシンで端処理します。

これは過去写真。
imgd556e2dazikdzj.jpg
ジグザグミシンはその名の通り縫い目がジグザグになる縫い方で、生地端のちょっと内側にかけたりすることも
あるようなんだけど私は外側の針がギリ生地から落ちる感じで縫ってます。端のギリギリを攻めるスリル感があって好き。
ただ薄い・柔らかい生地だと端がくちゃってなるんで生地端から針を落とさずちょっと内側縫った方がよさそう。

katagami-nuishiro.png
三つ折り処理する場所(画像の色付き部分)は不要だけど、残りはすべてジグザグミシンで処理するよ。
身頃の脇線とか長すぎて気が遠くなるけど頑張って…!!長いけど和裁併用で洋服地着物縫うと
作業時間の8割ぐらいが生地端処理(体感)のため、ここが一瞬で終わるミシン着物つよいなと毎回思うわね。

ジグザグミシンで肩慣らしが済んだら、パーツの組み立てと参りましょうっ





ロックミシンは生地端処理に特化したミシンなので普通に生地を縫い合わせる直線縫いとかは無いのだった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピケ ほつれ止め 33ml KAWAGUCHI 11-240 ほつれ止めピケ
価格:750円(税込、送料無料) (2021/5/4時点)



塗るだけでほつれ止めできるそうだけども、着物にも使えるんやろか…!?


posted by こ藤 at 17:08| Comment(0) | 洋裁ミシンで縫うきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。