2021年05月18日

ミシンで縫う襦袢作り方 ちくちく編5 袖付けと身八ツ口処理

洋裁型紙&ミシンを使って洋服地でお襦袢縫うシリーズです。
縫い方目次はこちらから


身頃が出来て、着るものっぽさが増してきた!
この勢いでお袖を付けちゃいましょう。

nui-sodetuke.png
画像のピンクの部分、前身頃の袖付け〜後ろ身頃の袖付けまでを縫います。
身頃の中にずぼっと袖を入れ込む感じで縫うんだけど、袖と身頃を中表に合わせるのをお忘れなく……
袖縫えた〜〜って引き出してみると裏向けについていた事、何度かあるわ(遠い目)

お袖をつけるとブルーの部分、身八ツ口と袖の振りがぐるっと一周開いた状態になるよ。
そのままでも使えなくはないけれど、縫い代を倒してミシンで押さえて処理すればスッキリ。
P_20210505_210744.jpg
私は縫い代を1cmくらい倒して、端から2〜3mm?位のところをミシンで縫っちゃう。
基本ミシン縫いなので縫い目は丈夫と思われるのだけど、念のため袖〜身頃の角部分は返し縫いして補強してます。
手縫いの場合はかんぬき留めで補強する部分ね。

img18b310a6zik9zj.jpg
今回はしないけど、これですな↑
ちょこっと和裁 かんぬき止め

現代社会には着物の袖をひっかけるトラップ(レバーとか手すりとかドアノブとか、とか)が多数存在するので、
袖口や袖付け、身八ツ口は結構ピリッといきやすいのであった。補強だいじ。

袖が付いた…!!
P_20200503_152431.jpg
もうあとは衿付けを残すだけっ


衿さえ付けば完成や〜!と乏しいやる気を振り絞り、最大の山場、衿付けに臨みますっ





あー縫い間違ったーー
となりがちな適当裁縫の味方、リッパー。縫い目解くのが楽になるよ。
リッパー買ってから縫い間違い時のがっくり感がいくらかまし(当社比)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リッパー ボタニカルハンドル イギリス ピューター製
価格:2310円(税込、送料別) (2021/5/5時点)



英国製ボタニカル柄のリッパー…!縫い間違ってもこれならウキウキ解けそう!?
(うちのは100均です)


posted by こ藤 at 18:00| Comment(0) | 洋裁ミシンで縫うきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。