素人和裁で縫い縫いウール単衣、鬼門の衿付け!

今回はばち衿。ばち衿ったら普段着に良くある、形が出来上がってる衿のことだ。
首の後ろにスナップとかが付いてて、着る時に折るのは広衿ね。


しかし今回短い反物だったのでおくみも斜めに裁ったんだけど、
実際測ってみると衿もちょっぴし足りないことが判明…。
衿下を限界まで(腰紐結んだ時に衿が紐にかかるだけ長さが無いと着崩れるのだ)
長くしてはいたんだが、それでも15cmくらい足りない〜


仕様が無いので布を継ぐことに。
img17b93f41zikczj.jpg
掛け衿は通常の長さで裁断して、残りを衿に。足りない分は掛け衿の下で別布にって感じで。
継ぎ布は家にあったウール着物の端切れ。

imgba22d0e6zikezj.jpg
見えないとこだしと、布端の始末は1cmくらい重ねて、2回ぐし縫いしてあるだけ。
こんな感じでいいのかな〜?


ここからは通常通り。
和裁での衿付けは肌じゅばんでもやっているのでそちらもご参考に(記事
imgd8c0def2zik7zj.jpg
まずは衿と本体を中表にあわせて、待ち針ちくちく。
この時カーブの外側に来る衿の方を、緩めにして付けるんだけど
本の言うとおりに緩みが入れられているのかさっぱりわからん…
衿肩開き3cm手前から衿肩開きまでは0,1cm緩めるって言われても、
1mmて!測れないもんな〜

毎回衿つける時は「どうもわからんな〜」と思いつつ適当にやっちゃうんだけど、
またもや同じコースなり。勝利の方程式が見出せませぬなあ(悩)


とりあえず待ち針をうちつつ仕付け糸で仮縫いして、本番。
ぐしぐし縫っていきますが…何か嫌な予感がするなり〜


imgd10657afzik7zj.jpg
縫いあがった!

が、
img317daf1bzikdzj.jpg
衿肩開きのとこだが。
うむむ…アウト?

img4d0c2021zik0zj.jpg
剣先(おくみの先っちょね)はキレイに入ってるかも。
ここたるんでると剣先がもっこりしちゃうのだ。


結局羽織ってみたら肩のとこギャザー(笑)になってたので肩部分だけ縫い直しで。
たんだけどまたもやうまく行かず、ちょっとつれた感じが残ってしまった…
うーむ、洋裁着物のときや肌じゅばんのときはこんなに難しくなかったように思うけどなあ。
生地の違い?慣れかな〜??


次も衿付け、後半ですぞ〜



広衿で探してみたら伊達衿が…広衿の伊達衿?折り目ふっくらってことかしら?

広衿にしようと思うと、衿の裏地が必要なのが面倒ってのもあり。
こういう和裁関連品、近くのお店じゃ全然売ってないよー


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。