自分で結べる名古屋帯!ついに最終回を迎えました…ふふふ…
ここまでの長い道のりは以下に。
準備編
結び始め〜胴に巻く
仮紐で土台作り
お太鼓を背負う
お太鼓の形づくり
お太鼓完成

いや長かった〜。名古屋帯って結構手順が多いよねっ。
半幅帯でかるたとか吉弥みたいな結び方とかだったら、一回完結なのになあ(笑)



imgd0533c11zik7zj.jpg
前回こんな感じでお太鼓の形を作って、仮紐で止めました。


今回は作ったお太鼓の形を固定して、仕上げ!
img655a2ee8zikdzj.jpg
これが結んだ仮紐。
これを右手でなぞりながら、お太鼓の中に手を差し込んでいきます。

img652edc73zik4zj.jpg
こんな感じで。するする〜

imgaaf0df72zik8zj.jpg
向こうに出たら、前で止めていたテ先を、右手に持たせてあげて…

imgb71a2fb2zik2zj.jpg
今なぞってきた仮紐の上に、テ先を通します。
手先がきちんとベストな長さで測れていたら、お太鼓の両端からテが1cmずつくらい?
ぴょこんと出る感じになるはず〜。ただ巻いてるうちにずれちゃったり、お太鼓柄なんかで
柄を優先して巻いた場合には、手先が長すぎたり、短かったりする場合も!
短い時はもうどうしようもないけれど…(汗)長すぎる時は、中でタックを取ったり、
余りを帯の後ろに挟み込んだりすると良いと思いまっす。


で、仮紐をなぞって〜と、何でこんなことするのん?という話なんですが…
imgf1c8e865zik4zj.jpg
お太鼓の構造って、こうなっているのですわん。
帯山からやってきたお太鼓面は、仮紐の位置で折りあがり、さらにタレ先へ。(黄緑の線)
で、この折り上がった部分を仮紐に代わって押さえる役目が、テ先(青い線)というわけ〜

なので仮紐の上にテ先を通せてないと、仮紐を解いた瞬間お太鼓崩壊!なんてことにも(汗)
さらにちゃんと仮紐の位置(つまり、お太鼓の下線)にテ先を通すことで、
上ふっくら、下線ビシッ!の、メリハリのあるお太鼓になるんですな〜♪
このお太鼓の構造と、お太鼓のお直し方法についてはこちらの記事もご参照っ(記事


で、お太鼓を固定する最後の仕上げは、帯締めっ!
img8ba8b431zikfzj.jpg
今通した手先の上に帯締めを当て、結びます。ここしっかり結ばないとお太鼓が崩れたり、
最悪崩壊する危険性もあるので、ばっちりしっかり結んでね!
ちなみに帯揚げは、装飾目的なのであくまでふんわりでOK。帯締め帯揚げの結び方は今回は
割愛するけど…そのうち別シリーズでやっちゃうか…!?


これで仮紐を解いて、帯が落ちなかったら(笑)出来上がり〜!
img51bedfcfzik7zj.jpg
お疲れさまでした♪


さてさてどうでしたでしょうか?初めてさんでも見て分かるように…と思いながら
懇切丁寧に解説していたらこんなに長くなってしまった!
一つ一つの手順、分解してみれば特別な技術が要るものじゃないし、簡単なんだけれど…
一連の動きとして理解するには、多少は練習が必要かなーと思うわん。
最初はみんな、訳分かんないしうまく結べなくってあたりまえ!楽しく何度も着物を
着ているうちに、いつの間にか手が覚えてうまくなっていくさ〜♪

考える前に、着てみるのだっ!れっつきもの♪



2回目の仮紐の位置に通すことで面で帯を支えてくれる便利グッズみたい。
こんなものもあるんだねー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。