2013年03月15日

七部袖シャツ、のような着物

今週はカフェでの着方教室でしたん。

DSC_0167.JPG

でも写真撮り忘れた…ので、ちょっと前の、アップし忘れてた黒デニム。ポリの半幅帯は崩れ気味二筋太鼓。
最近着物着ても撮り忘れたり、撮ってもブログに載せ損ねているなあ…まあ、変わり映えしない着物なんだけどっ

お教室は再開後以前にも増して広報できていないので、のんびりまったり感満載なんだけど、
今週ははじめましての方が♪着物を着たいし練習されているのだけど、お外に着てく勇気が出ない…!
とのことで、着たい気持ちはあっても、最初の一歩ってなかなか踏み出せないんだよね。
ああ私もそうだった、そうだったの〜!とお話したり、着方をお伝えしたり。
何かうまい具合に背中を押せてればいいのだけど…適当せんせいなので、ちょっぴり怪しい(汗)

ある程度着て装備も整い経験値も増えて振り返ると、そう言えばあの時は何であんな事を悩んでいたん
だろうな〜?と思うようなことでも、着物の世界に飛び込んだばかり身にはものすごい壁になってたりして…
きっと着物に関してはそうやって色んなところで壁に当たってる人のほうがきっと多くって、個人的には、
このブログとか、今やってるお仕事がそんな”これから着てみたいさん”のお役に立ったら
(もちろん、いっぱい着てるさんにもね!)いいなあと思ってたり。


話がびょーんと飛んじゃう感じだけど(笑)七部袖のシャツってあるじゃない?
長袖でもなく、半袖でもない…手首よりちょっと短い丈のシャツ。
うちの母は七部袖のシャツが苦手で、冬は寒いし夏は暑いし、長袖と半袖の方がイイ!んだって。
でも私は七部袖、真冬や真夏は着なくても春秋と冬・夏の境い目辺りまでながーく着られて、結構好きだったり。

menasap13-7a1.JPG
で、これ新之助上布の、綿麻ちぢみ。(ウェブショップ用の写真、ちょっぴり拝借)
以前は浴衣地として売ってたんだけど、私はこれ、「七部袖シャツみたいな着物」だと思うのよね。
冬物ではないし、かといって麻100%のように、真夏に着物として着るにはちょっと分厚い。
(まあ、暑さの体感は人それぞれだから、夏着物として着ちゃダメってことじゃないんだけどっ)
でも夏着物として暑い時期には浴衣として着ればいいし、冬物から夏物に移る合間の季節には
単の着物として…意外に長い期間役に立ってくれる、素材なんじゃないかなあと思っているんだ〜

半袖や長袖をしっかり楽しんでいる人からすれば、まさに帯に短したすきに長し…な七部袖も、
一枚で守備範囲が広くてとっつきやすい、なんて事もあるんじゃないかなっと。
1枚で長い期間着まわしてみて、それが2枚目3枚目が欲しくなるほど楽しかったら…そのうちに
長袖や半袖だって、ワードローブの中に、増えていくのかもしれないよね。


色んな選択肢で、無くなれ着物の壁〜!




こういう、半端袖でボーダーなバスクシャツ、超好みなのですわッ


posted by こ藤 at 14:29| Comment(0) | きものとお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。