2015年12月01日

ミシンと簡単和裁で縫うリネン着物 準備編4−1 寸法(マイサイズ)を調べる

ミシンと基本的な和裁でリネンの単衣着物を縫っていきます。目次はこちら

今回は着物のサイズの話。せっかく縫うなら出来るだけ、体に合ったサイズで仕上げたいものっ
もう自分の寸法分かってます、という方は次回をお待ちくださいませ(汗)
縫います縫いますいう割に全然縫い始めなくてスミマセヌ…しかしまだまだ準備がある(しろめ)

さてさて、着物の寸法です。ざっと全体の流れを追う今回、あと2回に分けてパーツごとの寸法を見て、
仕立てるのに必要な寸法の一覧を作っておきたいなと思いまっす!

数字や聞きなれないパーツの名前がたくさん出てきて難しそうに思うかもしれないけれど…
着物は洋服とは少し違って、平面の布を体に巻き付けて着る衣服。着つけの時に多少サイズ調整が
できちゃうから、洋服よりは着られるサイズの許容範囲?が広いのが特長かと。
ジーンズだとウエストが数センチ違うだけでガバガバになったりキツキツになったりするんだけど、
着物であれば数センチ程度の違いなら着つけで十分調節できる範囲内だったりしちゃう。
なので今回決める寸法も、すこーしくらい違っていても大丈夫なので(多分)、気軽に!気軽に参りませうっ

もちろんバッチリマイサイズの着物ってすごく着やすいし、着崩れしにくいものだと思うんだけど
熱いやる気があっても指定したサイズと寸分たがわず仕上げられる縫製力が備わるとは…限らない…
自分で縫うとサイズ決めてても縫ってるうちに何故かずれちゃうものですよね…?(震え声)
オカン和裁クオリティなら少々の誤差もおおらかに〜


で、自分の寸法の調べ方…こんな方法があるかなーと。

【1】既製のサイズで
既成の着物のサイズから自分の体格に近いものを選ぶ。
ばっちりマイサイズとはいかないかもだけど、お手軽にサイズが決まる
既成サイズといってもお店ごとにいろいろあるみたい。S,M,L,LL,TLといったサイズのほか
1型、2型、3型…といったサイズも見るので興味があればいろんなお店のサイズを見てみるのも楽しいかも?

ちなみに私の勤務先で使っているサイズはS,M,Lサイズの3つ。ここで一覧が見られるよっ

【2】手持ちの着物を測る
手元に着やすい着物があれば着物の実物を測ってサイズを決める

【3】計算で割り出す
誂えで着物を作ったことがあるよ!という方はその時の仕立てのサイズのデータを使っても良いかも!
和裁本などでも寸法の出し方が載っているので、ちょっと手間だけど計算して出してみるのも手。


私の場合は既成の型紙(ほぼ【1】か)で挑戦してみたもののサイズが合わな過ぎて(背が高いの)
【2】方式で手持ちの誂え着物を測って基本のマイサイズを出し、何枚か縫ったり着たりしながら、
【3】の計算も入れながら修正して今のサイズに行きついた感じ。

着ているうちに着つけのくせや好みも出てくるだろうし(いつも締める腰紐の位置によって着物の着たけが
変わったり、袖は手首にかかる方が好きとか、逆に少し短い方が好きとか)最初の一枚でいきなり
ジャストサイズ!になるよりは、ある程度の試行錯誤を経るほうが自然じゃないかな…


着物を縫うのに必要なサイズの一覧はこんな感じ。
着丈  合いづま幅14
ゆきーーおくみ下がり23
肩幅衿幅ーー
袖幅┗肩周り5.5
衿肩あき8.5┗剣先6.5
繰越2┗衿先7.5
腰周りーー衿下
前幅袖つけ22
後幅身八つ口14
┗おくみ15袖丈49

赤字になっているところは自分の体を採寸してサイズを出すところ。
もう数字が入っている欄も多いけれど、これは標準寸法で普通サイズの人なら大体これくらいの数字で
仕立てると良いよ、的な寸法。なので特に大きなこだわりがなければいじらなくても良いかと!

合いづま幅、おくみ下がり…??と、着る時には使わないパーツのサイズも多いので、
次回以降でいったいこれは着物のどこの寸法なのか?まとめてみるよ!

その2はコチラ→ 寸法(マイサイズ)を調べる2


仕立ての寸法表いっぱい載ってるのあるかなあと探したら、これとかいっぱい載ってるみたい。
ちなみにこれ楽天のマイお気に入り商品。いいなーいいなーとお気に入り登録して眺めること早数年…
posted by 湖藤 at 11:00| Comment(4) | オカン和裁で縫うきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
使われてる麻の布いいですね〜!
夏用に私も真似っこさせて頂こうかなって思ってます。
いつもとっても参考になります。
ありがとうございます☆
私も和裁のお稽古で洋服服地の着物作り始めました。
自分でも縫ってみたいので、こちらのブログ楽しみにしています!
この本『ミシンで着物』私も持ってるのですが、型紙を使って作るのが面倒な気がして…
湖藤さんはこの方法でも作られましたか?
やっぱり和裁法がオススメですか?
Posted by 友美 at 2015年12月03日 13:50
>友美さん
ありがとうございます、コメントいただけると励みになります〜♪
洋服地の着物を縫われるのですね、素敵に出来上がると良いですね!

私はお教室に通うことができなかったので、初めて着物を縫おうと思ったときには和裁本を
読んでも理解できず…(汗)最初は型紙を使ってすべてミシンの洋裁方式で縫いました。
今は自分の長着は和裁+ミシンで、子供の着物や襦袢は型紙で縫ったりと色々です。
(全部ミシンで縫う洋裁方式の着物は、「洋裁ミシンで縫う着物」カテゴリにまとめています!)
洋裁で縫うととにかく早いですがステッチが出ちゃったりと少し砕けた雰囲気になりますし、
和裁だと少し手間ですが着物らしい着物(?)になるので、使い分けかなあ…と思ってます!
Posted by 湖藤 at 2015年12月05日 19:22
なーるほど!
ありがとうございます!
ふざけた布のふだん着物と、ちょっときちんとしたよそいき着物両方作りたいなって思ってるので、私も両方試してみると良いかもしれませんね。
がんばろっと。
私は本を見ても(ミシン本の方も)ゼンゼンわからなくて、結局お教室に通うことにしました。
ご自分で、それも子供さんもいらっしゃるのにどんどんちくちく縫って行かれて尊敬!
Posted by 友美 at 2015年12月06日 12:43
>友美さん
私の場合は縫えることは縫えるんですが、縫えば縫うほど自分の縫製能力のお粗末さが
身に染みるので、さらにきちんとしたいよそいき着物はプロの方にお願いしています…ヽ(´∀`;)
使い分け大事ですよね(汗)普段用は楽しんで縫って着れたら、良いかなっと!
Posted by 湖藤 at 2015年12月12日 20:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。