2016年02月05日

年末着物で一週間、の荷造り

年末の話を書いとこうと思ってたら、もう2月ですって…!?
始まったばかりではあるけれど、うっかりすると気づけば2016年も終わってそうな予感さえする今日この頃(汗)
日々が矢のように過ぎていくよ…おそろしや…

さてさて去年の年末は久しぶりに一週間着物で過ごしたので、その記録をば。
去年は都合によりいつもより長めに実家へ滞在することになったんだけど、滞在中に予定されていた
法事にはぜひ着物を着ていきたく、そうなると着物と洋服と両方持っていく…のは面倒だ…



じゃ、ずっと着物でいいか(緩)
20151226_184359.jpg
というわけで、出発の前日、荷造りしている途中で決まった(適当に決めた?)着物で一週間(大汗)
持っていこうかなーと思っていた洋服類をポイポイしてスーツケースに着物を詰めるの巻っ

ほぼその場のノリで、こんな内容で詰めてみました。

【着物】
ポリエステル袷小紋(ベージュ系)
洋服地木綿単衣先染チェック(茶色系)

着物はお出かけ対応できる小紋(ポリ)と、着心地が良くこ出かけ〜普段着になる木綿の2枚。

【帯】
刺繍洒落袋帯(黒系)
ポリエステルオウム柄半幅小袋帯(ブルー×黒)
献上柄半幅単衣帯(ピンク系)

元旦用に小紋に合わせる洒落袋帯と、木綿とポリ小紋両方に合わせられるリバーシブルの半幅帯、
部屋着用にとにかく軽くて柔らかい楽な単帯の3本。

【襦袢】
ポリエステル長襦袢
自家製洋服地麻長じゅばん

襦袢は洗いがえにと2枚持っていったけど、なぜ一枚を麻にしたのか…寒すぎてポリばっかり着てた(汗)
教訓:そこら辺に転がっているものを安易に詰めてはいけない

【小物類】
帯締め3本(黄土色系丸組、多色使い平組、ピンク系三部紐)
帯留(三部紐にセット済)
帯揚げ(青緑系)

帯締めは洒落袋に合わせる用×1と、半幅に合わせて組み替える用×2で。
帯留めをいくつか追加で持っていけばさらにコーデに変化をつけられたかな。
帯揚げは洒落袋用のみ。半幅には今回使う気なかった(にじみ出るやる気のなさ)

【防寒具】
自家製ネル裾除け(作り方コチラ
アームウォーマー
足首ウォーマー
ベルベットケープ
別珍足袋…に足が入らなくなっていたので(涙)足元は木綿足袋に五本指ストッキングに。
真冬とはいえ今年は暖冬で年末年始も冷え込まない予報だったので、上着は黒無地のベルベットケープのみ。
もっと冷え込んでいたようならポンチョコートを一枚足したかもだけど、これで大丈夫でした〜

その他、下着、肌着類は洋服で使っているものとほぼ同様。パンツ系はヒップハングのもの、
肌着はヒートテック的な保温肌着で首の開きが大きいものを。ブラはスポーツブラと和装ブラ。
着付け小物は腰紐1本、伊達締め2本、コーリンベルト2本、衿芯の(ワタクシ的)着物基本セットに
帯板、お太鼓用の帯枕、半幅アレンジ結び用の三重仮紐。

通常ならワンセットは着ていけばよいのだけど、今回は法事用の着物を着ていったので
これほぼ全部(着つけ小物以外)トランクへ…
20151226_184645.jpg
草履も加えて、何とか入った(汗)

こんな装備で着物、帯、小物の組み合わせを変えながら6日間ほど過ごしました。
腰紐はたすき掛けしたり仮紐に使う分を忘れて一本しか持っていかなかったので、一本実家で拝借。
忘れてしまったと思ったのは和装ハンガーくらいか…普通のハンガーで代用したけども。
あとは実家に置きっぱなしのパジャマを着たくらいかな。装備にそれほど不足はなかった模様。
肌着下着類の洗い替えを確保すれば、あとは組み替え可能な着物と帯数セットでそれなりに長期間の
旅行でも行けそうな気がするね。うんうん。

次回はこの装備を適当に組み合わせたコーデを(汗)記録していきますぞ〜




着物の旅行も洋服の旅行も、同じスワニーのキャリーバッグ使ってます。今のは2代目。
私の持っているものとは少しデザインが違うようだけど、A4がぴったり入るこれくらいの大きさかな。
本畳みした着物を袖のところで二つ折りにするとすっぽり!


自宅で主に使うのは袖が長く伸びて帯掛けも付いている着物ハンガーなんだけど、大きいので
持っていくときはこんな折り畳みの簡易版なのです。洋服ハンガーでも代用できるっちゃできる…
んだけど、あると便利。

posted by 湖藤 at 14:00| Comment(0) | きものと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。