2021年01月03日

ミシンで縫う襦袢作り方 準備編4-1 型紙の書き方〜袖・後身頃

洋裁型紙&ミシンを使って洋服地でお襦袢縫うシリーズです。
縫い方目次はこちらから

かなり間が空いてしまった(汗)お正月お休みを利用してお久しぶりに取り掛かりますっ。
ミシン和裁着物の時みたいな数年がかりにならないようにしたい気持ち(気持ち)
別に作るのが難しいわけじゃなくて縫えば早いのよ、縫えば…!書くのが遅いだけで……!!


P_20200430_132826.jpg
それでは早速本題へ、襦袢の型紙の書き方です。

襦袢の型紙、全部で5パーツ作るよ!
・袖
・前身頃
・後ろ身頃
・衿
・下衿

着物の型紙と共通するところが多いけど、着物に無いのが「下衿」。着物で言うところのおくみですね。
関東仕立ての襦袢だと下衿と前身頃がつながって一つのパーツになるようですが、今回のお襦袢は
前身頃におくみのように下衿パーツをくっつける関西スタイルです。

ではお袖から見ていきましょ。
今回の型紙には縫い代含まれてないので画像の実線=縫い線(?)でよろしくでっす。
あと画像の縮尺はテキトーなので実物の型紙と色々違いますがご容赦を!

katagami-sode-j1.png

1.2.袖丈×袖幅のサイズで袖山(点線)で”わ”になる長方形を書きます
3.袖付けの印付け

着物の袖よりも一回り小さくなるイメージですな!
実際のところ私の場合縫ってるうちにずれてくるから仕上がると逆に着物より大きくなってたり
するわけですけれども…(しろめ)袖付けの長さが長いと着た時脇から謎にはみ出てきます。


P_20210102_213307.jpg
最終的には袖口にあたるところをちょびっと縫い留めるものではないだろうか…(縫わない)

今回の襦袢の袖口はぐるっと一周三つ折り縫いで仕上げちゃうので、大きく開いたまま。
なので着物の袖丸みと袖口の寸法は使わなくてOK。
ミシンで(洋服ほどではないにしても)小さい袖口縫うのって難しいしありがたい!


お次は後ろ身頃。

katagami-umigoro3.png

1.身丈の長さを縦に書く
2.後ろ幅の寸法で裾線を書く(直角になるよう気を付けよう)

katagami-ushiroeri.png

3.肩幅の寸法で肩線を書く&衿周り(縦に繰り越し&横に衿肩開き)のくりぬき書く
4.肩の先から袖付け寸法+身八ツ口寸法を足した長さ分下がり、そこから裾まで後ろ幅と同寸で脇線を書く
肩から残りは斜めに線を引く
5.袖付け、身八ツ口どまりの印付け

身丈だけぐっと短くなるけれど他は着物と同じ寸法を使うところも多く、形もほぼ同じ。
後ろ幅を広げると身幅が広がることになるのでゆったり着たい場合は+しても良さそう。
逆に衿肩開きは着物より少し狭くなってますな。着物の衿の内側に襦袢の衿が来るから、ここの開きが一回り
小さくなることで半衿がきれいに出るなど、襟元が良い感じに決まるんだろうな。

katagami-ushirokata.png
あと私もそうなんだけど裄の長い人など後幅と肩幅の差が大きい(およそ5cm以上?)人の場合、
通常身八ツ口どまりからはじまる肩の斜め線が、身八ツ口よりもっと下からはじまってる場合がありましてな。
この場合、着物の幅出しが身八ツ口の下何センチから始まっているか確認して、襦袢も合わせてあげてね。

これ反物の端を縫いこんじゃう和裁上の都合でそうなってて(急な角度変更が縫いにくい)
型紙洋裁スタイルだと角度問題なく縫えてしまう部分ではあるのだけど、斜め線の角度が合ってないと
肩幅・袖付け等の寸法があっているにも関わらず脇から襦袢がはみ出てきちゃうんですよね…(経験あり)

詳しくはこちらのエントリーもご覧くださいませー
ミシンと簡単和裁で縫うリネン着物 しるし付け編2 後ろ身頃その2

私は身八ツ口どまりから20cm下から1cm幅出し、身八ツ口どまりから肩までで4cm幅出ししてます。

P_20200501_141931.jpg
ちなみに今回のお襦袢では後ろ身頃〜前身頃までこんなふうに一枚断ちしているよ。
後ろ身頃は↑画像の後ろ身頃の型紙を左右対称に並べて裁ち、それぞれの肩山で前身頃とつながります。

これ反物で縫う場合は反物幅の関係があるので前身頃と後ろ身頃は肩山でつながって裁つものの
必然的に左右の身頃は2枚別に裁って背縫いで縫い合わせることになるのだけど、
洋服地は生地幅がたっぷりあるので後ろ身頃を一枚で裁つことも出来るんですな〜
一枚断ちすることで背縫いが無くなるので、縫い目がお尻から裂ける心配がなくなるのだった!

ただこれをやると身頃がとっても大きなパーツになっちゃうので裁つまでが大変&
型紙配置しずらく生地のロス増えるかもなんで後ろ身頃を一枚断ちするかどうかはお好みで。。


次回、前身頃と衿、下衿します!





型紙用のハトロン紙、20mあるらしい!長い着物の型紙でも安心そう…
これに方眼入ってたらな〜〜



直線がめっちゃ多い着物の型紙、方眼入りだと製図が断然楽なのだった。





posted by こ藤 at 13:57| Comment(0) | 洋裁ミシンで縫うきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。