2010年12月16日

お着物で、お出かけですかって言われたら

ふだん着物派の皆様におかれましては、こういった経験は一度はおありかと思いますが。

ごくふっつぅの普段着着物でそこら辺をうろうろしていたら、
「あらっ、お着物で、どこかお出かけですか?それとも何かのお稽古?」
そんな日に限って”お”を付けて頂くほどもない、電車にも乗れないわっ(汗)ランクの
日常着なウール着物に半幅矢の字だったりして、思わず答えに窮する…みたいな(笑)

私一度のみならず何度もありまして、というか昨日も言われたのですが。
もう慣れちゃったので「い〜え好きなだけで、意味もなく着ています♪」と返しますがの…


img02520a98zikazj.jpg
ふにゃっと冬の日常着。
日常着じゃあと思って着ると、同じ着物のはずがぐだぐだ着付けになるのは何故…(笑)


こっちは普段着のつもりなのに、何だかすごいお出かけ着を着ているかのような目で見られる事に、
居心地の悪さとか、ふだん着なのになぜ分かってくれないのっ(涙)的な憤り(?)
みたいなものを感じた事もあったんだけれど。

でもね、それも面白いなあって最近思うんだよね、フフフ…


実はもう2年近くも前になっちゃうんだけれど、着物ママ友達Uちゃんとの
初めてのデートで訪れた、近所の生地屋さん。その時初めて入ったお店だったんだけど
ごくフツーの生地屋さんで、もちろん中に居るのも何の変哲もない生地屋のおっちゃんで。
Uちゃんと私と、これまたフツーのウールのふだん着着物だったんだけれど、
「お茶ですか?お花ですか?」って聞かれたのよね…
いやウールやし…っていうか子連れやし!と二人して(もちろん心の中でっ)
おっちゃんに突っ込んでしまったのだが。

実はその後も着物着たままちょこちょこ出没していたら…特段反応が無くなり(笑)
そしてつい最近、たまたま洋服でお店に行ったらおっちゃんが一言、
「あ、今日着物と違うんやね〜」
私もそのまま、「あ、そうでしたねえ、ウフフ」って返したんだけれど…


お店を出てからふつふつ思い返すに、生地屋のおっちゃんの中に
「この人は普段着として意味なく着物を着てくる人のようだ」という認識が生まれた
=”ふだん着物”カテゴリがおっちゃんの中で形成されたのではないか!という事に気づき(笑)
なんか妙に嬉しくなっちゃったりして〜♪

img193f9a4dzik1zj.jpg
ぺなっと夏の日常着。

多分ふだん着の着物に対して「お出かけ/お稽古ですか?」なんて聞いて来る方って、
よそいきやお稽古ごとや、ハレの日の着物にしか触れた事がない人なんだろうなあって思うのね。
でもそんな人でも、日常に着物を着る人を身近に見る機会が多くなれば、
「普段の生活に着物を着る人が居る」っていう認識が生まれるし、実際目にする中で
そういったシーンの着物がハレの日の着物とどんなふうに違うのか、雰囲気で分かるように
なっていくんだろうなあ、と。実際、私もそうだったし…着物着初めの頃なんか、
紬とウールの素材的違いとか、実際手にとっても分かんなかったもんなあ(笑)

2年ほどの間、別に狙って着物で生地屋に通った訳じゃないけれど、いつの間にか
おっちゃんの中になるほどふだん着の着物ってこういう実態(笑)なのか、みたいな認識が
生まれてくれていたとするのなら…それってすんごく面白いなと♪


img9c8cb9efzikbzj.jpg
いつの日か、こういった本気のお出かけ着物で生地屋に立ち寄って…もしおっちゃんが
「今日はえぇお着物着て、お出かけですか?」
って言ったら、私の勝ち!

…みたいなくだらない妄想をしてみたり(笑)


ふだん着物を着て外に出る。着姿を目にする全ての人の心に、知らず知らずのうちに
”ふだん着の着物ってこういうものなのね”っていう認識を与えているのかな〜。
着れば着るほど、着る人にも、見る人にも着物が身近になるのかも!




私だって着物着よう!と思って日本和装通った時も日常着のきものがあるなんて
教えてもらわなかったから(高級ブランド産地着物と洒落袋帯は強烈プッシュされたけど、笑)
ふだん着、というか日常着としての着物を本で読んだ時は、そんな着物がまだ実在するのか!
ってびっくりわくわくしたっけなあ。きくちいまさんが最初のバイブルでしたわ。

>
今年からは復刊したての月間アレコレ(HP)も取ってますの♪
さすがに2年3年がっつりふだん着物やってから読むと、既知だったり経験済み(笑)な
内容があったりはするのだけれど、ふだん着物を楽しむにあたっての比較的ベーシックな
内容の特集&きくちいまさんのエッセイなどの読み物で値段以上のボリュームかと!
本屋さんで売ってないから、基本は↑のHPからの年間定期購読。
リンクの本はあれこれに連載されているきくちいまさんのエッセイをまとめたものだそう!

posted by こ藤 at 09:23| Comment(14) | TrackBack(0) | あれこれつれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

手織りでマフラーを手づくり

大西新之助商店に通い始めてもう一年近く…
最初はウェブショップの管理だけだったけれど、最近は商品の検品したりと
織物工場の下働きも兼ねてたりしていますの。

「布を織る」って事には、すごーい!と尊敬や憧れに近いイメージを持ってはいたけれど、
実際織るとこを目の当たりにしたり、色々仕事を手伝ったりしてると、
こりゃ生半可じゃねえな…と思うこともしばしば。
”手仕事”って何か素敵な響きだけど、労働力対効果の割の合わなさとか、
作業の圧倒的地味さとか、そういうのはおしゃれにまとめられた写真や、
本雑誌の記事からは伝わらないのね…(笑)

そんなひえぇな現実を目の前にしつつも、一本の糸が生地になっていくのは単純に面白い!


新之助商店では織りは手伝ってないんだけど、実家でおもちゃの織り機を見つけたので、
私もちょっと織ってみよかな…という気になっちゃった!ウフフ
img8f6b1833zik7zj.jpg
小学生かそこらの時にこれの説明書見て何これわからん!?と思った記憶があるが…
さすがに今読むと良く分かる〜(笑)
まずは経糸をセット!経糸を後ろの管(何ていうの?)にとりつけて、一本づつ真ん中の
そうこう(兼、おさ)に通していきまする。今回毛糸で織るから経糸44本だけど、
それでも一本づつは時間がかかるよ〜〜

ちなみに、新之助上布の麻着尺だと、1000本以上ありますの…気が遠くなるぅ

img019541dazik2zj.jpg
マフラー織るつもりで経糸長くしたので、織る前に巻き取っておきますの。
工房の手織りの機にも紙が巻いてあって、何で巻いてあるのかな〜?と思ってたんだけど
糸同士が落ち込まないように、だったのね。自分でやってみて分かったわ…


しかし織り物って、ここまでがめっちゃ長いんだよね…2時間くらいかかったやも(汗)
img3288afc5zik4zj.jpg
やっとこ経糸の準備ができたので、織り。今回はボーダーで♪

img90e6df3ezik4zj.jpg
家事の合間にちょこちょこ織り。
1mそこそこなので、飽きるころに織り上がりました(笑)
水通しして、横糸つないだとこの糸を切って…


img621ecdeazik0zj.jpg
できだだり〜〜(姫様風)
編み物あんまり得意じゃなくって、手編みのマフラーって作ってやれなかったけれど…
自己的に満足な出来!

しかしこの織り機、経糸を上下にわけるそうこうと、通した横糸をぱったんする
おさが一体化してて、結構そうこうを上下に動かさなきゃいけない感じ。
ふわっとした綿の糸で、マフラーだから織れるけど、がっつりかたいものは織れなさそ…
幅もこの幅で精一杯だし、あと織るとしたらコースターくらいか…?

姫様が織り物が理解できるようになったら、おもちゃで差し上げよう(笑)


imgc38580a7zikbzj.jpg
ちなみに今は工房のミニ手織り機を、壊さんか!?という勢いで遊んで居られます…
これ結構本格的に高機を再現してあって、おもちゃにしてはちとぜいたくすぎる仕様(汗)
姫様も師匠の織ってるとこを観察して、何となく覚えているらしくやりたがるんだけど、
めちゃくちゃなところに杼を通して、ぱったん!ぱったん!やるので糸が絡まる〜〜!

でもこれだと、おもちゃの織り機じゃ比べ物にならないくらい、快適に織れるんだな…(笑)


あ、今度11月14日に、彦根市の滋賀県立大学の学祭で、
新之助上布も出展するんですが、体験用の高機持っていくので手織り体験もできますよ〜
お近くで興味のある方は、ぜひお越しくださいませませ♪


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モコもじオリーナ  タカラトミー 【送料無料】
価格:3599円(税込、送料無料) (2018/10/15時点)

近頃のおもちゃ織り機は女子力高い。。
パンチカードで柄が織れる!そうなんだけどジャガード的何か…??
posted by こ藤 at 11:11| Comment(6) | TrackBack(0) | あれこれつれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

”公式ルール”はそうなんだけど

去年は今頃に浴衣を片づけて単衣モード(とはいえ、木綿単衣)に移行してたみたい。
9月の中頃には「風が涼しくて、すっかり単衣の季節」なんて書いておったよ…
今年はようやっと秋の気配を感じ始めたか!?って感じだもんなあ、暑い夏だった!
今来てる台風が通り過ぎたら涼しくなるって天気予報で言ってたけど、どうかな〜


そんなこんなで、9月!夏物いつまで!?と移行時期が悩ましい単衣の季節っ
とは言いつつ、私の衣替えはとーっても、ファジー!なんですけどもっ
今年で着物着始めて3回目の秋…まあ、初めから木綿の単衣中心だったから、
「ふだんの着物なんだから、衣替えは気温に合わせて良いんだ!」と思ってはいたんだけれど。
頭のどっかではでも9月からは単衣なんだよね〜〜なんて思いもあったような(笑)


imgab2b21eczik8zj.jpg
図書館前にて。いっぱい色々な本を読みたい自分、図書館ラブ。

いやいやしかし、年々着付けだけじゃなく頭の方もゆるーくなっていくような…
今年はまだまだ麻活躍中♪ほんとあと2,3枚欲しかった、麻の着物っ
本麻も綿麻の単衣も襦袢入れないで浴衣モードで着ちゃってますの。
秋になったら綿麻単衣に襦袢入れて単衣モードで着ようと思っているんだけど…
いつになるのやら!?最高気温が30度を下回らないと無理かも〜


imgc1d47587zik8zj.jpg
頂きモノの下駄、履きなれなくって下駄ずれ(?)た!

ちょっこし気合を入れたい時以外は、素足に下駄で。
足袋のお洒落も好きなんだけど、素足に下駄って暖かい季節限定のお楽しみ!
素足でそのまま下駄突っかけて出られるって気楽でいいもんなあ〜
去年も襦袢着て着物は単衣なのに足元は素足、なんてこともありましたわ…
あ、散歩に行く時とか、そんなごく普段モードの時なんだけどっ


さすがに学生時代、学生服の衣替えは何月からって決まってた。
だんなさんも勤め先ではスーツの上着を脱いで良い日とか、決まってるみたい〜
でもふだん着の洋服の時って、何月何日から長袖着る!とか別に決まって無いよね…
洋服にも、衣替えを守るべきシーンと、そうじゃないシーンがある。
着物だからって、全部が全部ルール通りに着なきゃいけないってことも無いもんね。


ふだんの着物は野球の中でも草野球…みたいなものかもね。”公式ルール”は
踏まえるけれど、まあまあ、外すとこは外しても良いんじゃない?って感じで♪
ただね、そんな私でも単衣の時期は夏物でも透け感の少ないアイテムを選ぶとか、
着物が夏物なら帯は単衣の季節用のにしてみるとか、そういう季節のけじめ(?)は
付けるよう心がけているのですわよ、ふふふ…
まあ持ってるアイテム数自体が少ないので、気持ち程度なんですがっ!


夏物も活躍させつつ、心は秋を迎える準備…
そんな残暑厳しい9月の着物ライフなのです〜。早く来い来い、秋の風っ!




図書館で借りたら姫様が大々的に落書きしてしまい、結局買い取りになっちゃった本(涙)
衣替えはカレンダーじゃなくて、二十四節季に合わせましょう〜♪って本。
この本式に行くと、単衣は9/7の「白露」が目安。結構理にかなってるのかもね!


ルールを外すのなら、確信犯が良いから、いちおこういうの読んで、勉強もしまっす。
ありがたや図書館!きもの文化検定も一度受けてみたいなっ


posted by こ藤 at 10:46| Comment(4) | TrackBack(0) | あれこれつれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

昔の着物本を頂いた

昔の着物本を頂いてしまったのでありますわん。
こんなのって興味無い人には、ほんと必要無いものなんだろうけど…
私にはもう、垂涎ものなのですわっ!!ありがたーく頂戴してきた♪


img722d7fe6zikfzj.jpg
私が生まれたころの「美しいキモノ」(こんなころからあったのね…)
あと、ぴかぴか読まれた形跡のあんまりない和裁本!この本男女の単衣、袷から袴、
子供ものに、なんと布団の縫い方まで載ってる〜!まさに一家に一冊、主婦必携!
こんな本欲しかったんだ〜〜と飛び上がって喜んじゃったわん。
まああの、読んでその通り縫えるかどうかはまだ分かりませんがのぅ…(汗)


美しいキモノは見て楽しんでます。
もうずっと昔の本だし写真載せても良いかしら?ちょっと中身をご紹介。
imgf57824d5zikezj.jpg
今の着物本よりもずーっとずっと特集のバリエーションが多いのが面白い!
これはアンサンブル特集。

img4840c4e0zikdzj.jpg
渋いオトコ着物も。あとおばちゃん&おばあちゃんに似合う着物特集ってのもあったー。
もちろんモデルもおばあちゃん!

img134e454bzikezj.jpg
きちんとした礼装やお出かけ着の特集ももちろんあるんだけど、
他にもウールや木綿の特集があったり…何かこういうの見てから今の着物本見ると、
ほんと同じような特集を繰り返している気がするなあ…(汗)
出てくる着物も似たり寄ったりだしなあ。美しいキモノや着物サロンが選ぶ普段着とか、
七緒が選ぶ礼装とか見てみたい気がしてきた〜


にしても驚いたのは着物の着方って、この30年くらい前からほんと変わってないのね…!
img6ce7efe5zikazj.jpg
モデルさんの立ち方に、やや時代を感じる程度。

宇野千代さんの本や中原淳一さんの本で多分50年とか60年とか前の着物かな?を
見た時は、結構洋服ちっくにウエストを強調したり、襟元をシャツみたいにきゅっと立てた
着付けだったりしたのでこれもまた面白いなーと思った記憶があるんだけど。
あれが今の形になって、えらい長いこと経ってるんだね〜。
着物の着方が崩れてて云々みたいな話があるけど、今、着物って過渡期なんじゃないのかしら?


img0f5d1837zik8zj.jpg
そしてまた、着物のTPOが誰かに教えてもらわないと分からない…というのは
30年前からのようで(笑)こうやって本になるくらいだから、もうすでに知らない人が
多かったって事なんだろな〜


うーん、30年以上こうやって変わらずに、ちょっとづつ衰退してきたのか…?キモノッ
数年そこらじゃ変わんないんだろうけど、少しずつ良くなっていくと良いな!
昔あった良い着物、これからも少しでも残って、繋がっていくように祈願!




これ図書館で借りてめっちゃ面白かった!90年分の「主婦の友」から着物特集を
ピックアップして集めてあるの〜。昔着物の生きた様子が見られるよ〜。

posted by こ藤 at 11:38| Comment(12) | TrackBack(0) | あれこれつれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

東京に行ってきますの巻

居敷き当ての付け方ちくちく記事が途中なのですが、ちこっと宣伝させて下さりませ〜
湖畔でのんびり暮らすいなかっぺなワタクシ…大都会TOKYOに参りますっ(笑)

img87a2da30zik9zj.jpg
この春からウェブショップ(こちら)させてもらってます「新之助上布」の展示会で♪


。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°

「夏のよそほひ 近江上布展」

日時   :2010年6月14日(月)〜19日(土) 11:00〜19:00 
       ※最終日は午後5時まで
場所   :有楽町電気ビル ふるさと情報プラザ
      〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル 南館1F
問い合わせ:びわこビジターズビューロー  TEL.03-5220-0231

ふるさと情報プラザHP http://www.chiiki-dukuri-hyakka.or.jp/plaza/


。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°

展示会の内容とか、新之助上布のウリとか、内容のセールストーク的なものは
すでにウェブショップブログ(こっち)で書いちゃったので割愛しときます〜
今まで新之助上布の展示会には行ったことが無かったので、どんな感じなのかな〜と
見に行きたくて…今期はこの展示会が最大&最終になるだろうということだったので、
姫様預けて行ってみることに!平日一泊二日ですが16,17でお店番の予定でっす。


で、湖藤を見に行くぞ!という予告(?)をすでに何件か頂いておるんでありますが…
とりあえず16日の昼〜閉店にかけては居る予定!17日は午前中あたり、六本木の
awaiさんに行ってみたいと思っていたりして…行けるかな?
まともに東京行ったこと無いから、行ってみたいとことか見てみたいお店は
たくさんあるんだけど、行けて六本木くらいかしら?
とにかく今回は師匠曰く「お祭り!」だという展示会楽しむつもりで〜


あっ、そうそう関西の方にはこちらもっ↓

。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°


「色は匂へど」

日時:2010年6月27日(日) 開場 16:30  開始 17:00〜
場所:les trios maisons  [レ・トワ メゾン]
住所:京都市上京区五辻通浄福寺西入ル2筋目上ル姥ケ榎木町848
レ・トワ メゾンHPはこちら→ http://ctn139.com/
チケット:¥1500-(+1ドリンク¥500-)合計¥2000-

。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°

京都西陣の着物サークル、「キダオレ」さんのイベントにも参加しまっす〜。
ちょこっと物販もする予定♪イベント内容など、詳しくは
着物サークル「キダオレ」のHPをどうぞっ→http://kidaore.com/



まああの、ブログ読んだ方から「ブログではとってもアツい感じなのに、話してみると
すんごくのほほんとしている」なんて言われたこともあり…
基本的にゆるーいテンションの人間ですので、ゆるーくお越しくださいませ♪
もちろん展示会、私が居なくてもおもしろトーク炸裂の大西師匠が居ますのでご安心あれ〜


うーん、何着て行こう♪
でわでわ、次回からはまた実用着物ネタでっ(笑)

posted by こ藤 at 11:24| Comment(6) | TrackBack(0) | あれこれつれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする